なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ひなそらとうやさん 30代・ママ

子どもが大好きな世界
なぞなぞも、オオカミも、子どもが大好き…

すぅたん★さんの公開ページ

すぅたん★さんのプロフィール

その他の方・10代以下・愛知県

すぅたん★さんの声

12件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい いろんな天気  投稿日:2012/03/27
やまださんちのてんきよほう
やまださんちのてんきよほう 作: 長谷川 義史
出版社: 絵本館
家によって天気が変わってきて
面白いなあと思いました。
例えば、
お母さんが怒ると天気もかみなりになったり、
隣の家のおばあさんは
髪の毛がうずまきのようになっているので、
天気もたつまきになったりして、
いろんな天気になって面白かったです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい おいしいおもち  投稿日:2011/04/04
おもちのきもち
おもちのきもち 作: かがくい ひろし
出版社: 講談社
人間にお餅が食べられそうだったので、
そのおもちは逃げ出しました。
そしたらお餅はお腹がすいてしまったので、
自分のことを食べる事にしました。
自分を食べてみたら、おいしかったみたいです。
お餅は、人間に食べられるのを
いやがっていたのに、自分で食べてしまった所が
おもしろかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ふしぎなぼうし  投稿日:2011/04/04
タンタンのぼうし
タンタンのぼうし 作・絵: いわむら かずお
出版社: 偕成社
タンタンが、ぼうしを高く投げて
上から落ちてくるぼうしを
タンタンがかぶると、帽子の中に
鳥や栗、いろんな物が
出てきてすごかったです。
皆も、ぜひ読んでみてください。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夏には氷  投稿日:2010/07/27
ばばばあちゃんのアイスパーティー
ばばばあちゃんのアイスパーティー 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
ばばばあちゃんが、
「今日は暑いから涼しくなる方法はないかね。」
と言いました。だから、みんなで氷のおかしを
作ることにしました。ばばばあちゃんは、
「何でも持っておいで。」と言ったので、
みんないろんなお菓子を持ってきました。
ばばばあちゃんは、紅茶を持ってきて
こおらせました。
ミニカーやお人形を持ってきて、
こおらせている子もいました。
ばばばあちゃんは、花を持ってきて
こおらせていたのが、きれいでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う むずむずするおしり  投稿日:2010/02/04
ルラルさんのえほん(2) ルラルさんのバイオリン
ルラルさんのえほん(2) ルラルさんのバイオリン 作: いとう ひろし
出版社: ポプラ社
ルラルさんが、久しぶりにバイオリンをひいたら、
ギコギコキーキーとなった時に、                
おしりがむずむずしてきたので、
ルラルさんはバイオリンをひくのをやめました。
でも、ねこたちがもっとひいてと言ったので、
ルラルさんがもう一回ひいてと言ったので、
もう一回バイオリンをひいたら、
またギコギコキーキーと音が鳴って、
動物たちもおしりがむずむずしたけど、
もっとひいてといったところが面白かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい はなびらひらけ  投稿日:2010/02/03
あかちゃん ひまわに
あかちゃん ひまわに 作・絵: あきやま ただし
出版社: PHP研究所
ひまわには花びらをひらかなかったので、
お父さんがたびにつれていったけど、
ひまわには、やっぱりだしませんでした。

次の日の夜に、お父さんたちがねてるあいだに、
ひまわにはお父さんやお母さんの顔が
みたくなったみたいで、はなびらをやっとひらきました。
だけど、どうしてお父さんがたびに、
つれて行ってくれたときに
花びらを開かなかったのかなあと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大事なつの  投稿日:2009/08/24
つのはなんにもならないか
つのはなんにもならないか 作・絵: きたやまようこ
出版社: 偕成社
なわとびやボールであそんでいるときは、
つのなんかいやだったけどぼうけんにいった時に、
ライオンやゾウに食べられそうになった時は
つのが引っかかってライオンやゾウが、
口から出してきたからやっぱりつのがあって、
よかったなと思った。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほんとに「ゆめ」?  投稿日:2009/08/05
ぼく、ブタになっちゃった!
ぼく、ブタになっちゃった! 作・絵: ラルフ・ブチュコウ
訳: ひらのきょうこ

出版社: 岩崎書店
タブくんのお父さんとお母さんは、とてもきれい好きなのに
どうしてタブくんだけ、どろんこで家の中に入ってきたり、
ごはんをこぼしてよごしたり、よごしたがるのかなぁと思いました。
タブくんがブタになったのは本当に「ゆめ」だったのかな?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いろんなおなら  投稿日:2009/08/05
おならうた
おならうた 原詩: 谷川 俊太郎
絵: 飯野 和好

出版社: 絵本館
いろんなおならがあって、おもしろいなぁと思いました。
たとえば、ぶ・び・ぼ・へ・ぴゅ・ぽ・ぴ・す・ぱ・ぷ・ぴょと、
いろんなおならがあっておもしろかったです。
おこった時や、食べた時などにするおならは、
音が、ちがうんだなぁと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 巨大なカステラ  投稿日:2009/08/05
ぐりとぐら
ぐりとぐら 作: 中川 李枝子
絵: 大村 百合子

出版社: 福音館書店
ぐりとぐらは、どんぐりをひろって帰ろうとしていたら、
道のまん中に大きなたまごがあって、
カステラにしようとして、たまごをはこぼうとしました。
だけどはこべなかったので、ここでかすてらを作ろうと
ぐりがいったのでおなべなどなどを持ってきて、
ここの場所で作ることにしました。
いろんな動物たちに
たくさん分けていて、えらいなぁと思いました。
参考になりました。 0人

12件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

>絵本エイド ―こころにひかりを―

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット