話題
いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

いっしょにあそぼ しましまぐるぐる(学研)

クリスマスにピッタリ♪100万部突破記念キャンペーン実施中!公式サイトオープン!

  • かわいい
  • ギフト
ロングセラー
どんなにきみがすきだかあててごらん

どんなにきみがすきだかあててごらん(評論社)

世界中で愛されている絵本!まもなくかわいい続編が刊行されます!

  • かわいい
  • ギフト

◇ラブラドール◇さんの公開ページ

◇ラブラドール◇さんのプロフィール

ママ・30代・群馬県、男6歳

◇ラブラドール◇さんの声

137件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 素敵なお話!  投稿日:2010/01/29
ホーマーとサーカスれっしゃ
ホーマーとサーカスれっしゃ 作・絵: ハーディー・グラマトキー
訳: 渡辺 茂男

出版社: 学研
息子が幼稚園から借りてきた本です!

いつも絵本ばかり読んでいるので、この手の本は初めてでした。
幼年童話だけあって、やっぱり4歳児には長かったですね。苦笑

でも最後まで飽きることなく、話に聞き入ってました!!

お話の内容は、とっても心温まる素敵なお話です。

ホーマーという車掌専用車が最初はドジをしてみんなに笑われるけれど、
サーカスの一団と出会ったのをきっかけに、
段々と自信をつけ、立派な車掌専用車になっていくお話です。

息子は全体を把握したかは微妙なところですが、
お話の内容はとっても気に入ってくれたみたいです!!

もう少し大きくなったら、また読んであげたいなー!
と思ったお話でした。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 絵がキレイ  投稿日:2010/01/29
水あそび
水あそび 原作: 天野 喜孝
出版社: PHP研究所
NHKのやさいのようせいの番組が大好きな息子は、
書店でこの絵本を見つけるなり、どうしても欲しいと・・・。

息子の年齢にはちょっと幼すぎる内容だなぁと思ってみたものの、
どうしても欲しい!という事で購入しました。

内容は、まずまずといった感じだと思います。

でも絵がとってもキレイで、子どもはこの絵本を見ると水遊びがしたくなるようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 働く車が大活躍!  投稿日:2010/01/29
しょうぼうじどうしゃじぷた
しょうぼうじどうしゃじぷた 作: 渡辺 茂男
絵: 山本 忠敬

出版社: 福音館書店
息子は働く車が大好き!!

そんな息子なので、この絵本は大好きです!
大好きなはしご車やポンプ車が出てくるので、最初から大喜び♪
最初は隅っこにいる、じぷたには興味を示さなかったけれど、
読んでいくうちに、じぷたにとても興味を示すようになりました!!

最後には、じぷたすごいね!と言っていました。

きっとこの絵本は、息子が小学生になっても大好きな絵本になるんだろうなー!
という気がします。

特に男の子には、ぜひ読んでもらいたい1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しい!  投稿日:2010/01/28
ニャーンといったのはだーれ
ニャーンといったのはだーれ 作・絵: ステーエフ
訳: 西郷 竹彦

出版社: 偕成社
ある時犬が「にゃーん」という鳴き声を聞きました!
一体この声の主は誰?と思い、色々な動物達に聞いて回ります!

その聞いている姿を見て息子が、
「あっ、ここにネコがいるのにー!どうして気が付かないの?」
と、大笑い!!

犬が聞いて回る度に、息子は犬に「ここにいるよ!」と一生懸命教えてあげていました!


この絵本を通じて子どもに、
何か見つからない時に、目先だけを見るのではなくて、
あちこちを見回してみるといいよ!と教えてあげました。

というのも、息子は何かなくすとすぐに「ないよー!」
と言って、目の前だけを見ているので・・・。

楽しくて、なおかつ勉強にもなった絵本でした!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 心が温まる1冊  投稿日:2010/01/28
しろいうさぎとくろいうさぎ
しろいうさぎとくろいうさぎ 文・絵: ガース・ウィリアムズ
訳: 松岡 享子

出版社: 福音館書店
子どもの頃読んだことはあったけれど、
あまり内容を覚えていなかった絵本なんです(苦笑)。
でもこの表紙はよく覚えていて・・・。

ふと本屋さんで立ち読みをしてみたら、とっても温かい気持ちになりました!!

くろいうさぎは一体何をずっと考え込んでいるんだろう?
と思いながら読んでいくと・・・。

なんと結婚を申し込むではありませんか!!

私はその場面でジーンとしてしまいました・・・。

そして2匹がとても幸せそうな姿を見て、また感動・・・。

この絵本は子どもの頃に読むのもいいけれど、
大人になって改めて読み直してみるといいかもしれないですね!!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 楽しそう!  投稿日:2010/01/28
なにしてる なにしてる
なにしてる なにしてる 作・絵: 多田 ヒロシ
出版社: こぐま社
確か子どもが2歳後半の頃、読んであげました!

単純だけど、2歳の息子は大喜びしていましたよ!
「何をしているんだろう?」と問いかけてあげると、
「○○しているのかなぁ・・・」と、ワクワクした声で答えてくれたのを覚えています。

2歳から3歳にかけてくらいのお子さんに、ちょうどいい絵本だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う カエル好きの子にはぜひ!  投稿日:2010/01/28
ゆかいなかえる
ゆかいなかえる 作・絵: ジュリエット・キープス
訳: 石井 桃子

出版社: 福音館書店
カエルに興味津々だった息子には、大ヒットでした!
正直、最初はあまり面白くなさそうだなぁ・・・と私は思ったのですが、
私の思いとは裏腹に、子どもはとても楽しそうに見ていました!

読んでいるうちに、私も段々と楽しくなったのを覚えています。
カエルの表情がまたいいんですよー!!

カエルが葉の下に隠れる場面があるのですが、その場面になるときまって
「○○ちゃんも真似してもぐって隠れてみたーい!」と言っていたのを思い出します。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とても楽しい絵本  投稿日:2010/01/28
くつくつあるけ
くつくつあるけ 作・絵: 林 明子
出版社: 福音館書店
息子がまだ赤ちゃんだった頃に、読んであげた絵本です。

「ぴょんぴょん」や「ぱたぱた」と言った言葉にすごく反応したのを覚えています!!

3歳になった頃、幼稚園から借りてきた事があったのですが、
年少さんになったばかりの頃でも、この絵本はとても楽しいようでした!!

私はこの靴の絵がなんとも可愛らしくて、大好きな絵本です!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 愉快  投稿日:2010/01/28
うんちしたのはだれよ!
うんちしたのはだれよ! 作: ヴェルナー・ホルツヴァルト
絵: ヴォルフ・エールブルッフ
訳: 関口 裕昭

出版社: 偕成社
子どもって、うんちやおしっこって大好きですよね(苦笑)。

当時3歳だった息子は、うんちが沢山出てくるので喜んで見てました!

ただうんちが出てくるだけでなく、動物によってうんちの大きさが違う事を発見した息子!!

この絵本を通じて、色々な動物のうんちの大きさが分かったようです!!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 単純さがいいみたい!  投稿日:2010/01/28
とまとが ごろごろ
とまとが ごろごろ 作: 得田 之久
絵: 吉野 晃希男

出版社: 福音館書店
絵もとてもキレイで、子どもが知っている野菜が沢山出てくるので、
とても楽しそうに見ていたのを覚えています!!

ごろごろ・・・という言葉がとっても面白かったらしく、
当時「ごろごろ」と読むと、キャッキャッ言っていたのを思い出します。

子どもって単純な音の響きって好きですもんね!

まだ野菜の名前が分からないお子さんに読んであげても、
勉強になると思いますよ!
参考になりました。 0人

137件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ

『はれときどきぶた』40周年おめでとう!<br>作者・矢玉四郎さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット