しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

るなるなちゃんさんの公開ページ

るなるなちゃんさんのプロフィール

せんせい・40代・埼玉県、男12歳 男7歳

自己紹介
結婚前に、幼稚園の先生。そして、下の子が幼稚園に入園してから、子育て支援拠点で保育士として働き始め3年近くなります。

以前から絵本は大好きで、上の子には赤ちゃんの頃から読み聞かせをしていました。気持ちを込め、毎日読んでいました。そのかいあってか、読書好きな子に育ってくれました。小学校1年のときには、ハリーポッターを読んでいましたね。ちょっと難しかったみたいですが・・・
本の読み方もとても上手です。弟に読んでいるのを聞いていると、私の読み方とそっくり!と思うときが多々あります。
読解力もばっちり!これは、ママのおかげ!?なんて自己満足に浸ってみたり・・・
反対に下の子のときは、忙しさにかまけて、ちょっとさぼりぎみ・・・
4歳くらいから読み聞かせ復活! でも、さぼった分が今、表れているかも。後悔してます・・・

るなるなちゃんさんの声

15件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 『おにいちゃん』て・・・  投稿日:2009/12/15
おにいちゃんにははちみつケーキ
おにいちゃんにははちみつケーキ 作: ジル・ロベール
絵: セバスチャン・ブラウン
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 主婦の友社
おにいちゃんになったマメタ。
ちょっと寂しい気持ちかな・・・

おにいちゃん、おねえちゃんになった子は、マメタみたいに一度は思ったことがあるのかも・・・と感じさせてくれる絵本です。

小学校のお話ボランティアで、一年生に読みました。
マメタが歌ったうたでは大爆笑!でした。
参考になりました。 1人

ふつうだと思う え!  投稿日:2009/12/15
まじょのケーキ
まじょのケーキ 作・絵: たむら しげる
出版社: あかね書房
ちょっと不思議なお話。

え〜そうだったの!といった感じでした。

なぜ魔女のママはポルカちゃんをはてなのもりへ行かせたの?

みんなに会わせるため・・・?

子供は特に気にしていませんでしたが(^^)
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 流れ星すご〜い  投稿日:2009/12/15
ながれ星のよる
ながれ星のよる 作・絵: たむら しげる
出版社: 復刊ドットコム
ながれ星のページを開いたとき、思わず「わ〜!」と声がでました。

とても素敵な絵です。

ロボットとりんごの木が楽しそうで、ほのぼのとできる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいい〜  投稿日:2009/10/06
ハムスターのハモ
ハムスターのハモ 作・絵: たかお ゆうこ
出版社: 福音館書店
ハムスターのハモの大冒険!
そこでハモが見つけたものは・・・

我が家にもちーずというハムスターがいるので、ちーずも夜中、冒険しているのかもよ?!なんて子供と話をしながら読みました。

ハモがとてもかわいい!
作者の方は、今まで何匹もハムスターを飼っていたそうで、それが良くわかる絵です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う そうだったね〜  投稿日:2009/10/04
あなたが生まれるまで
あなたが生まれるまで 作: ジェニファー・デイビス
絵: ローラ・コーネル
訳: 槇 朝子

出版社: 小学館
そういえば、きみがおなかにいるときも、ママはこんな感じだったね。
この頃のきみは、おなかの中で、こんなことをしていたんだ!

しかけをめくるとおなかの中のあかちゃんの様子がわかるようになっています。

絵がかわいくて、ちょっぴりいたずらっこみたいなあかちゃんがまたかわいい!

懐かしいな〜! 楽しみだな〜!
それぞれが、それぞれの立場で読むと、また感想も違うのかも。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ゆったりな時間  投稿日:2009/10/03
旅の絵本1 中部ヨーロッパ編
旅の絵本1 中部ヨーロッパ編 作・絵: 安野 光雅
出版社: 福音館書店
私が大好きなシリーズです!

多分、幼稚園に勤めていたときからのファンだと思います。ということは、もう20年近く・・・?

忙しく、慌ただしい毎日のなかで、この絵本を見るとゆったりと時間が流れていくのです。そんな時間も必要ですよね!

字は一切ありません。そこがまたいいのかも。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 良かった・・・  投稿日:2009/10/03
たまごねえちゃん
たまごねえちゃん 作・絵: あきやま ただし
出版社: 鈴木出版
お父さんにわがままを言うたまごねえちゃん。

でも、お父さんのことが大好きなんだよね。

お父さんのために、大切なからをやぶります。

良かった、良かった。

なんとなく安心した私です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 怖いようで怖くない?  投稿日:2009/10/03
うさたろうのばけもの日記
うさたろうのばけもの日記 作・絵: せな けいこ
出版社: 童心社
小1の息子の夏休み、ほぼ毎日絵日記を書きました。

最初書くとき、「絵日記てなあに?」から始まり、「うわ〜絵日記の説明から始めるの〜」と思っていたとき、ばけもの日記を以前読んだのを思い出し、「うさたろうのばけもの日記みたいに書くことだよ!」と話すと、すぐに理解してくれました。

これから、お子さんに絵日記を書かせようと思っている方は、是非読んでみてください。

我が子は、怖がることはありませんでした。でも、おばけが苦手な子はどうなんだろう・・・?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おふろは深い?  投稿日:2009/10/03
おふろだいすき
おふろだいすき 作: 松岡 享子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
おふろの中から、次々と海の生き物が登場!実はおふろは海につながっているの?

こんなおふろがあったら、子供たちは大喜びだろうな〜
ずっと入っていて、なかなか出てこないだろうな〜

絵がとても綺麗で、子供たちは大喜び!
でも、海の生き物がちょっと苦手な私は、入れないな・・・
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 素敵なだんち  投稿日:2009/10/02
くすのきだんちは10かいだて
くすのきだんちは10かいだて 作: 武鹿 悦子
絵: 末崎 茂樹

出版社: ひかりのくに
我が子がお気に入りの絵本です。
どこが好き?と聞いたら、いっぱいあって〜!との答え。
でも、必ず言うのが、りすさんが急いでお水をかけるところ!て。

ほんわかした絵。ほのぼのとしたお話です。
こんなだんちがあったら、ちょっと住んでみたいかも。
参考になりました。 0人

15件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット