とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこの試し読みができます!
作: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
日本絵本賞読者賞にノミネート! 投票してくださいね
【ノラネコぐんだんグッズがいっぱい!】kodomoe shop in EhonNaviがオープン♪
ブライディさんのシャベル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ブライディさんのシャベル

作: レスリー・コナー
絵: メアリー・アゼアリアン
訳: 千葉 茂樹
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「ブライディさんのシャベル」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年08月
ISBN: 9784776401360


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

1800年代半ば、ブライディさんは納屋から一本のシャベルをとりだし、アメリカにわたる船に乗りこみました。アメリカについてからは、仕事を探すときも、あそびに行くときも、いつもシャベルがいっしょ。結婚し、あかちゃんがうまれるときや子育てにもシャベルが大活躍してくれます。たった一本のシャベルで人生を豊かに切りひらいていくブライディさんの姿を、コールデコット賞作家のメアリー・アゼアリアンが鮮やかに描きだしています。豊かな時代だからこそ読んで欲しい、新鮮な感動を覚える一冊です。

ベストレビュー

お守り

納屋から取り出したたった1本のシャベルと共に人生を送ります。

シャベルを見て自分の両親に感謝しながら、シャベルをお守りとしてい

つも一緒に手元に置いていたのだと思います。勇気のあるブライディさ

んでも一人で大海原を渡る船に乗り込むのは、心の中ではきっと不安で

いっぱいだったと思います。働いて働いて本当に働きづめの人生だった

かもしれませんが、孫たちと一緒に傍にシャベルが置いてあるのが、落

ち着くのでしょう・・・・ 火事で柄の焼け落ちたシャベルを見つけ、

林檎の枝でシャベルの柄をつけたブライディさんに強い女性、逞しい女

性を思いました。どん底から這い上がる勇気をもらいました!
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


メアリー・アゼアリアンさんのその他の作品

ダーウィン / ヘレンのクリスマス / 夜明けまえから暗くなるまで / 雪原の勇者 / ジェリコの夏 / 雪の写真家 ベントレー

千葉 茂樹さんのその他の作品

カランポーのオオカミ王 / 甲虫のはなし / こうえん / どれがいちばんすき? / ジャック・ロンドン ショートセレクション世界が若かったころ / スピニー通りの秘密の絵



『藤城清治 影絵の絵本 グリム』<br>藤城清治さんインタビュー

ブライディさんのシャベル

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット