しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
へっぷりむすこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

へっぷりむすこ

作: ふじかおる
絵: 梶山 俊夫
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「へっぷりむすこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年
ISBN: 9784494003563

3歳〜小学校1・2年生

出版社からの紹介

へっぷりじまんのむすことおっかあが、鬼の宝をうばってにげた。おおらかでゆかいな民話絵本。

ベストレビュー

リズミカルな文章に大爆笑

ブログのお友達が紹介されていて、日本昔話&民話大好きな私として、読んで見たいなあと思ってた作品。

お話は、おなら自慢の息子とそのお母さんが鬼につかまり、そこから宝を奪って逃げてきたというような屁を題材にしたお話。千葉県の民話だそうです。

おならを題材にしているというだけでも子供うけしそうなのに、すごくリズミカルな文章が魅力的な絵本です

めくそ はなくそ けつのくそ
おんどり いっぱつ ときのこえ!
プップ ピッピ ボーン

とこんな楽しいクダリでお話は進んでいきます。

だからか息子は大爆笑。読んでいる私も楽しい。

そしてでてくる鬼の顔もいかにも怖そうで、迫力満点。

おならを武器にして、鬼を追い払って、宝を手に入れる。
そんな展開に息子も私も大満足でした。

民話や日本昔話の絵本を読むときって、すごく読み方が難しいと感じるのですが、この絵本はそんなことなくすんなりと読めました。
民話だということで敬遠せずにこのおならワールドを楽しんでいただけれいいなあと思いました。
(Sayaka♪さん 20代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


梶山 俊夫さんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / さるとびっき / きつねとかわうそ / こどものとも 日本の昔話 天のかみさま金んつなください / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(11) 古田足日子どもの本 / かぜのおまつり



2016年に発売された絵本で好きな絵本は?

へっぷりむすこ

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット