おおきくなったらきみはなんになる? おおきくなったらきみはなんになる?
文: 藤本 ともひこ 絵: 村上 康成  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ぼうけんでんしゃ ぐるる〜ん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼうけんでんしゃ ぐるる〜ん

  • 絵本
作・絵: さのてつじ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼうけんでんしゃ ぐるる〜ん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年09月
ISBN: 9784033314501

3・4歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

見た目もスピードも、一見したところ何の変哲もないごく普通の電車。しかし、ふと気づくと……。え?電車が線路をのぼってるぞ!?

ベストレビュー

そろそろ飽きるころに・・・

3〜5歳児に読みました。
通常だと線路を走ってその景色や電車の中での様子を楽しむ電車の絵本を想定しますが、この絵本は違います。
その意外性が子どもの心をぐっと引き寄せる内容に読んでいても楽しいお話です。

そろそろ飽きるころかなぁ〜と言う時に、それは始まります。
ジェットコースターのような足組みの鉄骨が見えてくると、子どもは「なんで?」という表情でただひたすら、次はどうなるのかと真剣なまなざし・・・・
なるほど・・・「ぼうけんでんしゃ」なんですね。
読み聞かせには楽しい絵本でお勧めです。
(風の秋桜さん 40代・その他の方 男の子、男の子)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はるがきた
    はるがきた
    作・絵:ロイス・レンスキー 訳:さくま ゆみこ 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    おひさま ぽかぽかかぜは さわやか

さのてつじさんのその他の作品

しんごう ピカピカ! / ふみきり カンカン! / わらう死に神 / 学校のざしきわらし / 歌うがいこつ / こっくりさんはきつね



あざやかな色彩と造形!赤ちゃん絵本の王道いないいないばあ

ぼうけんでんしゃ ぐるる〜ん

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット