たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
おばあちゃんは木になった
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばあちゃんは木になった

  • 児童書
作・写真: 大西 暢夫
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年05月
ISBN: 9784591072417

小学校中学年〜
26.5cm x 22cm 42ページ
★2003年度日本絵本賞
★全国学校図書館協議会第26回選定「よい絵本」

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ダムに沈んだ村には、「パラダイス」があった! 美しい自然とユーモアあふれるじじばばたちの写真絵本。

ベストレビュー

記録絵本ですが、重々しくはありません。

とても味わいがある写真絵本でした。
この絵本の舞台は岐阜県揖斐郡徳山村。日本最大のダムを建設することになった予定地で、ぎりぎりまで住んでいた村のお年寄りたちのところへ、写真家大西さんが何度も訪ね、友情をはぐくみながら丹念に撮っていった記録絵本です。

記録絵本ですが、重々しくはありません。子どもたちがじゅうぶん読める内容です。

「ダムのために村をなくす」とかいう意味が分からない年代には、まだ、早いかもしれません。
そうですね。小学校の高学年以上、中学生や高校生のお子さんたちにぜひ、こういった絵本を手に取ってもらいたいなと、思います。

村に最後まで残っていたお年寄りたちは、
自然に与えられたものを大切にして、けして便利ではなかったけれど(電気やガスがない場所)、
自給自足の生活をし、自然に感謝しながら生活していました。

この絵本を読み終わって、人間として、心の洗濯をしてもらったような、いい気分になりました。
きっと、たぶん、人間って、こんな風にして生きるのが、一番素敵なのかな…。
今、横で中学生の娘が気にしているので、読ませてみようと思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

大西 暢夫さんのその他の作品

ここで土になる / 農家になろう(2) ミツバチとともに / ちしきのぽけっと(13) 糸に染まる季節 / ぶたにく / 徳山村に生きる / 花はどこから 花・花びん・水をめぐる3つのものがたり



たたかえ!じんるいのために!

おばあちゃんは木になった

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 1
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5



全ページためしよみ
年齢別絵本セット