もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
おばあちゃんは木になった
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばあちゃんは木になった

  • 児童書
作・写真: 大西 暢夫
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おばあちゃんは木になった」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年05月
ISBN: 9784591072417

小学校中学年〜
26.5cm x 22cm 42ページ
★2003年度日本絵本賞
★全国学校図書館協議会第26回選定「よい絵本」

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ダムに沈んだ村には、「パラダイス」があった! 美しい自然とユーモアあふれるじじばばたちの写真絵本。

ベストレビュー

記録絵本ですが、重々しくはありません。

とても味わいがある写真絵本でした。
この絵本の舞台は岐阜県揖斐郡徳山村。日本最大のダムを建設することになった予定地で、ぎりぎりまで住んでいた村のお年寄りたちのところへ、写真家大西さんが何度も訪ね、友情をはぐくみながら丹念に撮っていった記録絵本です。

記録絵本ですが、重々しくはありません。子どもたちがじゅうぶん読める内容です。

「ダムのために村をなくす」とかいう意味が分からない年代には、まだ、早いかもしれません。
そうですね。小学校の高学年以上、中学生や高校生のお子さんたちにぜひ、こういった絵本を手に取ってもらいたいなと、思います。

村に最後まで残っていたお年寄りたちは、
自然に与えられたものを大切にして、けして便利ではなかったけれど(電気やガスがない場所)、
自給自足の生活をし、自然に感謝しながら生活していました。

この絵本を読み終わって、人間として、心の洗濯をしてもらったような、いい気分になりました。
きっと、たぶん、人間って、こんな風にして生きるのが、一番素敵なのかな…。
今、横で中学生の娘が気にしているので、読ませてみようと思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • つばめこうくう
    つばめこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    つばめの飛行機で、南の島へひとっとび! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。

大西 暢夫さんのその他の作品

ここで土になる / 農家になろう(2) ミツバチとともに / ちしきのぽけっと(13) 糸に染まる季節 / ぶたにく / 徳山村に生きる / 花はどこから 花・花びん・水をめぐる3つのものがたり



世界じゅうで翻訳され、読み継がれているロングセラー

おばあちゃんは木になった

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 1
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5



全ページためしよみ
年齢別絵本セット