しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
色彩に心奪われる、レオ・レオニの「絵本とマグカップ」のセット。贈り物にどうぞ。
3びきのこぶた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

3びきのこぶた

  • 絵本
作: 森毅
絵: 安野 光雅
出版社: 童話屋

本体価格: ¥1,450 +税

「3びきのこぶた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1985年
ISBN: 9784924684270

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

 おおかみのソクラテスは、哲学者です。
  哲学者というのは、なんでもゆっくり
  とことんまで考える人のことです。
  ソクラテスの奥さんのクサンチッペは
  ゆっくり考えるのがきらいです。
  そして せっかちのくせに太っています。

ベストレビュー

子どものときに出会いたかった

安野光雅さんが大好きです。
尊敬しています。
中でも、この絵本はすごいです。
3匹のコブタの話をもとに説く
順列組み合わせのお話。
難しいように思いますが
きちんと絵が描かれていて
森さんの噛み砕いた言葉で語られるので
子どもにもとっつきやすいと思います。
来年1年生になる娘に
読んであげようと思っています。
自分も小さいころにこんな絵本を読んでもらっていたら、
数学っていうものがもっと楽しかったかもしれないなあと
思いました。
もう、ちいさーく描かれている子豚の絵が
胸キュンですよ!
あくまでも、数学の順列組み合わせを学ぶ絵本ではなくて、
考え方をお話で読んで面白がるっていう絵本です。
(はっしゅぱぴーさん 30代・ママ 女の子5歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


森毅さんのその他の作品

新装版 すうがく博物誌

安野 光雅さんのその他の作品

森のプレゼント / 大きな森の小さな家 / マッチの気もち / 6月31日6時30分 / 空想工房の絵本 / Eraser けしゴム



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

3びきのこぶた

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット