しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
ぼくんちのペット
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくんちのペット

  • 絵本
作・絵: いもと ようこ
出版社: 至光社 至光社の特集ページがあります!

在庫あり

物流センター移転に伴う配達遅延のお知らせ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ペットがほしかった男の子。ある日家に現れたのは、一匹のねずみ。
日がたつにつれて・・・あれあれ!?
これって、ペット?笑いの中に生命の貴さが感じられます。

ぼくんちのペット

ベストレビュー

可愛い絵日記

小学校で読み聞かせしてきました。対象は一年生です。


前半は主人公の男の子が、お友達が飼っているペットを
絵日記風に紹介しています。

この作品、絵日記風になっている特徴をいかして、
字体もまるで本当に、小学一年生くらいの子供が書いているように
つくられているんですよ。
凝ってますよね〜、いもとさんのこだわりを感じます。

だいちゃんちの九官鳥には笑えました。
「いらっしゃいませ」って言葉を教えたのに、九官鳥が覚えたのは「ませ」だけなんて。

後半は、男の子自身の家にいるペット?のこと。
いえ、普通に考えたらとてもペットとは呼べない野良ねずみ・・・。
でもお母さん、チーズをあげたりお芋をあげたり、お世話してるもんなあ。

男の子は、
これって? これって? ぼくんちのペット?
って、?を三つもつけた気持ち、よくわかります。

このねずみのその後が気になりました。
(チチンプイのプイ♪さん 30代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いもと ようこさんのその他の作品

いもとようこあいうえおかるた / がちょうのたんじょうび / しあわせ / くろっぺの おはなばたけ / どんぐりと山猫 / たんぽぽのおかあさん



『キッズペディア 世界の国ぐに』 <br>編集者・高成浩さんインタビュー

ぼくんちのペット

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット