ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
かいけつゾロリ(32) かいけつゾロリのじごくりょこう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かいけつゾロリ(32) かいけつゾロリのじごくりょこう

  • 児童書

「かいけつゾロリ」シリーズ

子どもレビュー募集中

作・絵: 原 ゆたか
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「かいけつゾロリ(32) かいけつゾロリのじごくりょこう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年12月
ISBN: 9784591074466

小学校低学年〜
サイズ:22x15.5cm
ページ数:95ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

じごくにつれてこられたゾロリは、生きかえるために7つのじごくをクリアーしなければなりません。
ぜったいぜつめいの大ピンチ!

ベストレビュー

おならだけではありません。

ゾロリシリーズ、5歳の息子が気に入って、
毎日2冊くらいのペースで一人読みしています。
毎度毎度のおならネタで5歳児は大うけ。
どうやらマジメな大人には毛嫌いされているようですが、
子どもが読書の楽しさを知り、
読書の習慣も身に付き、
私個人としては、たいへん結構なことだと思います。

今回は、「てんごくとじごく」に続くストーリー。
地獄に落ち、閻魔大王の前に連れてこられたゾロリとイシシとノシシ。
生きて帰りたければ、7つの地獄を無事にクリアしなければなりません。
得意のおならで乗り切るも、最後に残った「なんでもアリじごく」で絶体絶命のピンチ。そこへなんと天国のママが助けに来てくれました。
ゾロリが自力で乗り切れない展開は珍しいです。

最後の最後に、
閻魔大王が食べていたゴマせんべいのゴマが二粒落ちて、
本当は「ソロリさん」という人が地獄に来る予定が、
間違ってゾロリたちが連れてこられていたというオチも楽しい。
おならネタだけでなく、
これでもかこれでもかと、子どもを驚かし笑わせてくれる物語です。
(Tamiさん 40代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


原 ゆたかさんのその他の作品

かいけつゾロリの王子さまになるほうほう / かいけつゾロリのおいしい金メダル / ぼくはおばけのかていきょうし きょうふのじゅぎょうさんかん / ぼくはおばけのかていきょうし なぞのあかりどろぼう / どっきん!がいっぱい (3) なぞのじどうはんばいき / かいけつゾロリ きえた!?かいけつゾロリ



好評につき第2弾!もしあなたが桃太郎だったら?!

かいけつゾロリ(32) かいけつゾロリのじごくりょこう

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット