だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
トン・ウーとはち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

トン・ウーとはち

作: 小風 さち
絵: 小野 かおる
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「トン・ウーとはち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年05月
ISBN: 9784061323995

よみきかせ 3歳ごろから
ひとりよみ 小学校低学年から
ワイド判・32ページ

出版社からの紹介

ある日、いたずら坊主のトン・ウーは、お寺に住みつく蜂の巣を棒でたたきました。
怒った蜂がトン・ウーのところへやってきて……!?
迫力ある絵と楽しいお話、絵本の魅力がつまった1冊。

「緑の地に鈴なりの紅いリンゴを背景に、巨大なハチに追いかけられるトン・ウーという表紙に
ひきこまれてページを繰れば、これはまた、まじめくさって座禅するハチ、踊るハチ、色っぽい
までに豊かなハスの花も、化け物魚の造形も、イノチ溢れて、民話風な物語と響き合うたのしさ。見ているこちらの表情も、フウム、フムフムと、トン・ウーからハチへ、穴から顔だす龍へと変わりそうな……といううちに、すとんと完結。これぞまさしく絵本の醍醐味でありましょう。
文・絵作者絶妙なコンビによる絵本に乾杯!です。」――児童文学作家 神沢利子

ベストレビュー

なんてずる賢い!けど・・・

1年生の息子に読み聞かせしました。

トン・ウーのずる賢いこと!
でも嘘ついて蜂に退屈だから何かやってよって
あまり大した見返りじゃないのが子供らしくっていいですよね〜
なんだか憎めないというか。。

さて、息子ですがなんで嘘ついたんだろう・・・とのこと。
分かったのか分からなかったのか・・・ちょっと反応薄でした。。
(ホワイトチョコさん 30代・ママ 男の子6歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小風 さちさんのその他の作品

ピクルスとふたごのいもうと / わにわにのかるた / おおきな3びき ゆうえんちへいく / こぶたのピクルス / ちいさなきしゃと おおきなおきゃくさん / くるま はこびます

小野 かおるさんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 ねずみのおよめさん / こんや、妖怪がやってくるー中国のむかしばなしー / たぬきのばけたおつきさま / くまさん くまさん おはいんなさい / みぎあしくんと ひだりあしくん / 西のくま東のくま



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

トン・ウーとはち

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット