十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
あるきだした小さな木
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あるきだした小さな木

  • 児童書
作: テルマ・ボルクマン
絵: シルビー・セリグ
訳: はなわ かんじ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1969年12月
ISBN: 9784034041406

対象年齢:小学初級から

出版社からの紹介

人間の世界に興味を持った木が、美しい愛情やみにくい欲望を見て心の成長をとげる。

ベストレビュー

今まで試しに歩こうとした木がなかったけど

なぜ、今まで出会わなかったんでしょう!
表紙絵には覚えがありますが、子どもの頃は読まなかったです。(残念)
日本での初版は1969年、かなり古いですね!やっぱり図書館選定図書になってます。

児童書というより、絵の多い童話に近いので、本の好きなお子さんなら4,5歳からでも十分読めると思います。
(やや長めのお話なので、大人が読んであげてもいいと思います)

「小さな木」が、今までの木は歩こうとしなかっただけで、木だって歩けるんじゃないかと、こっそり「根」を動かす練習を重ねて、歩き出すまでの過程が、個人的には一番面白かったです。

とても《深い》いい作品なので、たくさんの子どもたちに(ブック・トークなどで)紹介していきたいと思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!



魔法のぐっすり絵本『おやすみ、ロジャー』第2弾!

あるきだした小さな木

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット