もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ミロとまほうのいし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ミロとまほうのいし

  • 絵本
作: マーカス・フィスター
訳: 谷川 俊太郎
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ミロとまほうのいし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年
ISBN: 9784062619813

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

フィスターが描く、輝く絵本!
まほうの石がほしい。ミロとなかまたちの運命は?
この本は、しあわせなおわりとかなしいおわりのふたつのお話があります。

ベストレビュー

きれいな石と凝ったしかけが好き

海のまん中にある島にミロと仲間のねずみ達がすんでいました。
みんなは島を愛し、そこで仲良く暮らしていました。
ある日、ミロが岩の裂け目で不思議な光る石をみつけます。
仲間たちはみんな自分の石を欲しがり
ミロが石を見つけたその場所に行きたがるようになります。

この後、お話は2つのパターンに分かれて進んでいきます。
1ページがまん中で半分に分かれていて、
上半分がしあわせな終わり。下半分がかなしい終わり。となっています。
どちらを読むか、両方読むならどちらを先に読むか、考えることろですね。
ただ、同じ前提条件でもその後の行動でこんなにも最後が変わってしまうんだ・・と感じる事でしょう。

光る石を石油・石炭・宝石などに置き換えてみると
人間への警告にも読み取れる絵本でした。

【にじいろのさかな】の作者の作品で、
この絵本は光る石が金色のきれいな光を放っています。
美しく、奥の深い絵本でした。
(まりん♪さん 30代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マーカス・フィスターさんのその他の作品

まけるのもだいじだよ にじいろのさかな / ねぼすけ ふくろうちゃん / ペンギンピート ひみつの ぼうけん / いろとりどり / にじいろの さかな きらきら シールえほん / にじいろのさかなきらきらおふろえほん

谷川 俊太郎さんのその他の作品

英語でもよめる じぶんだけのいろ / ビークル 〜ゆめのこどものおはなし〜 / ねむたいひとたち / いえすみねずみ / えじえじえじじえ / 生きる



「あかちゃんがよろこぶしかけえほん」シリーズ インタビュー!

ミロとまほうのいし

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.75

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット