宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
このにおい なんのにおい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

このにおい なんのにおい

作: 柳原 良平
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1993年
ISBN: 9784772101165

4歳から

出版社からの紹介

もしも、「におい」が見えたとしたら…朝のにおいは?春のにおいは?いったいどんな色かしら?リズミカルな言葉とシンプルな貼り絵で、見えないにおいを見せてくれるのが、この絵本です。

ベストレビュー

匂いに、色がついていたら

 目に見えない「におい」を、形にあらわしているのが楽しいなと思いました。匂いに色がついていたら、にぎやかですね。すーっと鼻にはいってくるようです。
 ページをめくるたびに、いろいろな匂いがでてくるのがおもしろかったです。

 食べ物や自然のにおいなど、ちゃんとかぎ分けれることが大事だなとあらためて思いました。
 今は、無臭とか人工的な香りがあふれていますが、本物のにおいをもっと大切にしなければ、と思いました
(どくだみ茶さん 40代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


柳原 良平さんのその他の作品

ばいかる丸 / 貨物船のはなし / ミニえほん やさいだいすき / ミニえほん かお かお どんなかお / あのほしなんのほし / 十二支のしんねんかい



老舗のパン工場、バケバケベーカリーの工場見学にきませんか?

このにおい なんのにおい

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.41

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット