もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
見てください、この可愛さ…。「こぐまちゃん」と「卯三郎こけし」の奇跡のコラボです!
なんでしょ なんでしょ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なんでしょ なんでしょ

作・絵: 高畠 純
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「なんでしょ なんでしょ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年07月
ISBN: 9784752002796

3、4歳から

出版社からの紹介

ペンギンが砂浜に絵を描くと、それは大きなタコになり、タコが絵を描くと大きなゾウに・・・次々と動物たちが登場。さあ、お次は何かな? のびのびとした絵が描きたくなる絵本。

ベストレビュー

シンプル イズ ベストな作品です。

シンプル イズ ベスト。この絵本はまさにそんな感じでした。
まず、ペンギンが砂浜でお絵描きをしていると、その絵(タコ)が浮き上がって実物となり、そのタコがゾウの絵を描いていると、またそれが実物となり…。
メビウスの輪のように、巡り巡って、また元の状態に戻っていくお話です。(最後に描かれたペンギンの絵がペンギンになって、そのペンギンが「何を描こうかな」と、お絵書きをしようとするところで終わっています。)
高畠さんは、こういう絵本を描かれるとピカイチですね。
動物達の淡々と絵を描く姿や、その後の展開の奇想天外さがなんともいえず面白かったです。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


高畠 純さんのその他の作品

ノボルくんとフラミンゴのつえ / モンスター・ホテルでそっくりさん / アリス館のよみきかせ大型絵本 どうぶつしんちょうそくてい / イソップ物語 / おおどろぼうヌスート / かばのさら・ばらのかさ



『海を飛ぶたね』<br> 暁ーAkatsuki―さんインタビュー

なんでしょ なんでしょ

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.5

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット