うみ ざざざ うみ ざざざ うみ ざざざの試し読みができます!
作: ひがし なおこ 絵: きうち たつろう  出版社: くもん出版
ざざーん ざざざざざ ざっぱーん。海とあそぶ、暑い一日。今すぐ海に行きたくなる絵本!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
わたしの足は車いす
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしの足は車いす

  • 絵本
作: ファイニク
絵: バルハウス
訳: ささき たづこ
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「わたしの足は車いす」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年10月
ISBN: 9784251009395

小学校低学年以上向き

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

車いすで生活しているアンナは、初めて一人でお使いに行くが、出会うのは同情と好奇心の眼差しと無視ばかり。障害者理解が一層深まる絵本。今年度オーストリア児童文学賞受賞作。

ベストレビュー

バリアフリーって?!

パパが読んでくれました。(夫は職業柄、意図的に選んだようです。)

両足がマヒしていて、車いすに乗っているアンナは、お母さんに頼まれて、初めてひとりで、スーパーにおつかいに行きます。
行く途中、色んな人にアンナは出会います。
お話したそうに、立ち止まる小さな女の子。
その子の手をひっぱって、どんどん行ってしまうお母さん。
男の子たちに、「やーい、でぶっちょ。」とからかわれている男の子。
にっこり笑って頷いてくれる人(少数)。
黙ってアンナをじろじろ見る人(大多数)。

さっきの女の子が、車いすを指差して「それ、なあに?」と聞きます。でも、お母さんは・・・???
横断歩道では、段差があり、アンナひとりでは上がれません。そこへあらわれたのは・・・???

アンナが望んでいるのは、同情や見せかけの優しさ(おせっかい)ではありません!
車いすに乗っていたって、足がマヒしていて動かなくたって、私はふつうの女の子よ!ちゃんと、ひとりで買い物だってできるのよ!!

そんな、アンナに素敵な友達ができます。

私たちに、本当のバリアフリーってどんなことか?!を問いかけ、教えてくれると同時に、アンナ自身も、今までかたくなに「私はふつうよ!」とがんばってきたけれど、「ちょっとだけふつうとはちがうけれど、ちがっていてもいい。」「助けが必要なときは、助けてもらったっていい。」、心が強くたくましく成長できたというストーリーが、染み込む素敵な絵本です。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子11歳、女の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ファイニクさんのその他の作品

わたしたち手で話します / 見えなくてもだいじょうぶ?

ささき たづこさんのその他の作品

おばあちゃんがいなくなっても… / はっぱをつかまえて! / イギリス民話 3びきのくま 新装版 / キッカーズ!(6) めざせ、優勝だ! / キッカーズ!(5) 練習場が見つからない / キッカーズ!(4) 仲間われの危機



くまのパンやでパピプペポ♪おいしいパンをめぐって起こるお話

わたしの足は車いす

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット