もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
おばけとこどものおうさま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばけとこどものおうさま

  • 絵本
作・絵: にしかわ おさむ
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おばけとこどものおうさま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年06月
ISBN: 9784569685571

みどころ

 始まりはちょっとびっくりするような展開。小さなお城にすんでいた男の子の両親が亡くなって、ひとりぼっちになった王子のもとへ城を乗っ取ろうろと敵が攻め込んできて。
可愛い絵の表紙だけにリアルな戦争の話への展開に驚いていると、とつぜん「おばけ」が出てきます。苦し紛れに王子がひいた大砲の中から150年もねむりこんでいたおばけが出てきて・・・。
このアンバランスさがこの絵本の魅力なのかもしれません。いくら本気で攻め込んでこようが、一斉に弓矢を討とうが、150年もののおばけにはかなわない!?敵の王様をべろりとひとなめです。
こんなに活躍した強いおばけですが、見た目はつるーんとしたいわゆる「おばけ」。これも笑っちゃいます。そしてちっちゃくて可愛い「こどものおうさま」誕生です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

昔、小さなお城に小さなこどものおうさまが住んでいました。ある日、となりの国の兵隊が攻めてきて、こどものおうさまは絶体絶命!

ベストレビュー

子供はおばけが大好き

娘が初めて自分で選んだ絵本。こどもはおばけが大好き。
おばけは子供にとってなんだかわからないものであったり
かわいい友だちであったり想像が膨らみます。
このお話では、こどもの両親(王様)が病気で死んでしまうところからはじまる。こどものおうさまはお城を敵にせめられてビンチ。最後の手段で大砲をドカンとやるとおばけがでてきた。
テンポのよい展開に引き込まれてしまうお話。ここにでてくるおばけはもちろんかわいいほうのおばけなのである。
(ぱぱきちさん 30代・パパ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


にしかわ おさむさんのその他の作品

ランドセル名作 3つのぼうけん/いっすんぼうし・ジャックとまめの木・シンドバッドのぼうけん / ツトムとでんしゃのカミサマ / こねこのレイコは一年生 / こわがりやのしょうぼうしゃううくん / アイウエ動物園 7 マリアさんのトントントトンタ / おとうちゃんとぼく



「てざわりえほん」シリーズ <br>編集者・清水剛さんインタビュー

おばけとこどものおうさま

みんなの声(11人)

絵本の評価(3.83

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット