だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
はるかぜさんといっしょに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はるかぜさんといっしょに

  • 絵本
作: 西巻 茅子
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1975年
ISBN: 9784772100397

3歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ぽかぽかしてきたな。暖かい風になったな。そんな春の陽気には、ふぁーとあくびもでてきますね。そういう春ののどかな気分が味わえる一冊です。ある春の日、こんちゃんが桜の木の下で絵本を読んでいると、はるかぜさんがさーっとふいてきて花びらをとばしました。「どこまでとばすの?」こんちゃんも、犬のシロも、ヘビも、みんなして花びらのあとをついていくと…。

ベストレビュー

春一番!

ある日、こんちゃんが庭のさくらの木の下で、絵本を読んでいると、はるかぜさんがやってきて、さくらのはなびらをとばしました。
こんちゃんは、さくらのはなびらの飛んでいくほうへついて行きます。
地面から顔を出したへびも、パンやさんのおじさんも花やのおばさんも、次から次へと春の陽気に誘われて、みんなこんちゃんの後についていきます。
着いたところは、丘の上。みんなでお昼ね、気持ちよさそう。おひさまも、ニコニコ笑っています。

暖かい日があると、外に出て散歩をしたくなる季節ですね。
みんなも春が待ちどうしい。
そんな時にぴったりな絵本です。
大きな原っぱで、思い切り寝転がって昼寝が出来たらいいな。
娘と私は、最後のページでおとうさん、おかあさん(私)、娘がどれか探しっこしました。
私は、娘は絶対下を向いて寝てる子だと言ったけど、ちがうって言われた。(苦笑)

個人的に、はるかぜさんはもう少し可愛かったらよかったのになって思いました。
(多夢さん 40代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


西巻 茅子さんのその他の作品

全集 古田足日子どもの本 限定復刻(3) 古田足日子どもの本 / ケンカオニ / ペンギン ペペコさん だいかつやく / おてて つなごう / 北風ふいてもさむくない / みてよ ぴかぴかランドセル



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

はるかぜさんといっしょに

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット