新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
みんなのいえ

みんなのいえ(文溪堂)

たしろちさとさんデビュー作が待望の単行本化!

ねっけつ! 怪談部
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

ねっけつ! 怪談部

  • 絵本
作: 林家 彦いち
絵: 加藤 休ミ
編: ばば けんいち
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2015年04月10日
ISBN: 9784251095015

出版社のおすすめ年齢:低学年〜
A4変型判/30×22cm/32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

続きを読む
ねっけつ! 怪談部

出版社からの紹介

落語と絵本、ふたつの文化のコラボレーションを、たっぷりと楽しんでもらえるシリーズです。1作目は、熱血落語家・林家彦いちの新作落語から。絵は、異能のクレヨン画家・加藤休ミが描きます。ある小学校に熱い先生が現れました。なんと怪談話をする部活の、新しい顧問なのだといいます。だらしない部員がつぎつぎとしごかれていくうちに、驚きの結末が…! おもしろくて、ちょっぴりゾッとする、新感覚の怪談噺絵本です。

ベストレビュー

粋な絵本

怪談部に新しく顧問になった先生がやってきました。
この流石という名の先生はとても熱心です。
熱心すぎて、幽霊を自分の生徒と勘違いして、熱血指導をするのです。

日常の一コマのように始まった絵本が、読み進めていくうちにおどろおどろしくなっていきます。
そして最後には、ぞぞっとするような結末が……。

その結末を文章ではなく絵で表現しているのが、粋ですね。
次回作が楽しみです。
(めむたんさん 40代・ママ 男の子21歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,650円
1,650円
1,650円
1,980円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,530円
1,980円
880円
1,980円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

ねっけつ! 怪談部

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら