庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

14ひきのとんぼいけ」 みんなの声

14ひきのとんぼいけ 作:いわむら かずお
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年06月
ISBN:9784494008988
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,082
みんなの声 総数 85
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

85件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 絵をたっぷり楽しめます

    私も息子も大好きな「14ひき」シリーズの1冊です。
    文字が少ないので、息子がほんとに小さな頃から読み聞かせてきたこのシリーズ。
    6歳になった今でも、ときどき開いて楽しんでいます。

    「とんぼいけ」は、きらきらした夏の日差しを感じられるお話です。
    いつものみんなが、とんぼ池で遊んだ一日を描いています。
    さすがとんぼ池というだけあって、すごくたくさんの種類のトンボ達が登場します。

    このシリーズは、ほんとうに素敵な挿絵なんですよね。
    文章は短く、一番下の小さなスペースに1行ずつ書かれているだけなので、全面に描かれた絵をじっくりじっくり楽しむことができます。
    舞台が夏なので、基本的にはいろんなトーンの緑が溢れているページが多いのですが、最後の方にでてくる夕暮れのシーンの色がはっと目をひくくらい綺麗です。

    小さいお子さんから楽しめる、素敵な絵本です。

    掲載日:2010/09/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • いろいろなとんぼがでてきます

    3歳1ヶ月の息子に読んでやりました。もう夏も終わりかけでよく外でとんぼを見かけます。そんなとんぼをもう少し身近にとおもい読んでやりました。

    いやー、色々なトンボがでてきます。あまり詳しくないですが、きっとこまかく書き分けていらっしゃるのだろうと思います。図鑑で調べてみようかと思いました。ねずみからみたら、とんぼはこんな風に映っているんだろうなと思わせるようないわむらさんの世界観がたっぷり。心温まります。とんぼと仲良く遊んだりする姿がちょっとうらやましいです。

    自然に触れさせてあげられるような本といえば、この本もそのひとつかもしれません。是非オススメです。

    掲載日:2010/09/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • とんぼとんぼとんぼ。

    大好きな14ひきシリーズ。
    ただ作者の方がとんぼが描きたかっただけ?と思ってしまいました。
    次から次へと出てくるいろんなとんぼ。

    たしかにいつもどおりの美しい情景ではありますが・・・
    せっかくの14ひきがあまり活きていなかったせいでしょうか。
    とんぼにそこまで執着しなくても、と思ってしまいました。
    内容も薄めだったので残念です。

    掲載日:2010/07/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子どもたちの川遊び

    トンボ池は現実にモデルがあるのですね。
    作者さんが池を観察していると、元気なねずみの兄弟の飛びまわる様子が見えてくるのだろうな、、と思いながら読みました。
    みんなが進むたびに水面にできる、まあるい波紋。
    水草が映し出す影が水面にゆらゆらして、笑い声や水の音が聞こえてきそうです。
    お日様や草や吹き渡る風の匂いが感じられそうな絵でした。

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • とんぼいっぱい

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    4歳の息子が初めて読んだ14ひきシリーズの絵本です。息子も大好きな池の生き物たちがたくさん出てくるので、興味を持って読んでいました。
    絵が小さいねずみさんたちの視点で描かれていて、池って、カエルやとんぼって、こんなふうに見えるんだな〜と新鮮な気持ちでした。
    息子はどの子がどのねずみさんだか多すぎてちょっと混乱していましたが、そのうち覚えようとし始め頑張っていました。
    夏が始まるのが楽しみになる、今の時期にぴったりのお話でした。

    掲載日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色々なとんぼが!

    幼稚園年少さんの4歳の娘と読みました。
    たくさんの種類のとんぼが描かれているので,とんぼ図鑑のようで(笑)楽しかったです。
    たっぷり自然の中で外遊びをして夕暮れとともに家路へ帰る。家には美味しいお夕飯が用意されていて家族で食卓を囲む。
    何て健全で素晴らしい生活なのでしょう!
    子供に大切なことってこういうことですね。そんなことを改めて思いました。
    自然から学ぶもの,子供らしく元気に遊ぶこと,外遊びの大切さを学んだ気がしました☆

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一口にトンボと言っても、かなりの種類のトンボが

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    いるんですね!私は虫が苦手なので全く知りませんでしたがこの本でとんぼの違いを知りました。そしてネズミの兄弟たちについてはいまだに見分けがつきません。ネズミ目線で美しい自然が申し分なく描かれています。文が見開きの下一行だけなので、絵の美しさを存分に楽しめます。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんなとんぼ

    14ひきシリーズ大好きなので
    図書館で借りてきました。

    今回はたくさんのトンボが出てきます。
    実際はなかなか見ることがないトンボもいるのかな?
    トンボは詳しくないので息子と勉強になりました。

    兄弟仲良く、お互いをおもいやりながら遊び、
    過ごす様子に毎回感心しています。

    おじいちゃんとおばあちゃんの存在がまた
    安心できます。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくさんの生き物たち

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    タイトルにもあるようにたくさんのとんぼが登場します。
    とんぼのほかにもたくさんの生き物たちが出るのですが、丁寧に生き物が描かれているなと感心しました。
    他のシリーズも植物等しっかり描かれていますが、今回は特に種類が多く描かれていると思いました。
    生き物が好きな子には+αで喜ばれるかも。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちいさな目線で見る おおきな世界

    14ひきシリーズで、一番好きなのは構図です。
    ちいさなちいさな ねずみ達から見た、おおきなおおきな世界。
    草むらも、昆虫も、とても大きく見えて、感動的!

    もうひとつ素敵なところは、ここに登場するのは、自然のものばかりということ!
    大自然の中に居るようで、とっても清々しい余韻が残るのです。

    時は夏。
    ちいさなちいさな世界に、こんなに素敵な風景が広がっているなんて!

    現実にはなかなか見ることのできない世界に、ねずみ達が連れて行ってくれる、本当に素敵なシリーズです!!

    掲載日:2014/02/18

    参考になりました
    感謝
    0

85件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


お気に入りのくだものはどれ?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット