アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

マンゴーとバナナ まめじかカンチルのおはなし」 みんなの声

マンゴーとバナナ まめじかカンチルのおはなし 作:ネイサン・クマール・スコット
絵:T.バラジ
訳:なかがわ ちひろ
出版社:アートン
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年04月
ISBN:9784861930324
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,109
みんなの声 総数 7
「マンゴーとバナナ まめじかカンチルのおはなし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「カラムカリ」という技法で描かれた絵本

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    「アジア・アフリカの絵本シリーズ」というシリーズの1冊です。
    インドネシアに伝わる民話の“豆じか・カンチル”のおはなしが、とっても素敵な本になっていました。
    この作品はインドの画家T.バラジが、インドの伝統的な染色「カラムカリ」という技法で描かれています。
    (何と、この染色技法には牛の糞が使われていました!)
    絵本の最後のページにはこの技法で絵描く工程などが写真付きで説明してあって、おはなしの内容とは別に面白いです。

    また、訳者の後書きのページには本物の『まめじか』の写真が載っていて、想像していた『まめじか』とは雰囲気が全く違うことに驚きました。
    顔だけ見ると、鹿よりもねずみ系の動物に似ています。

    口のうまい“カンチル”は今回も頭を使って、自分に有利に事を運びます。“カンチル”のおはなしはこんな展開ばかりですが、
    ジャングルで生きていくには、こういう知恵が必要不可欠なのかもしれませんね。

    掲載日:2015/08/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 染物のの絵

    インドとインドネシアの絵本です。
    こういった作品に出会うと、世界には面白いお話がたくさんあるのだなーと、嬉しくなります。
    まめじかカルチン、体は小さくてもかなりの賢さですね。
    布に描かれたという絵は、伝統的な絵柄で美しいと思いました。

    掲載日:2013/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵も構図も独特

    インドネシアの民話だそうです。絵も構図も独特、更紗に描かれているというのも文化を感じます。

    おさるが抜け目なくちょっとずるいところがあるというのが印象に残りました。確かに自分だけが木登りができたら、果物を独占したくなるのもわからないわけではないと思いました。

    後半の展開がおもしろかったです。

    インドネシアの民話を読んだのは初めてだと思いました。他の作品もあれば読んでみたいです。

    掲載日:2010/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 染物

    とにかく表紙から輝きを放っていたのでこの絵本を選びました。とても繊細な染物にうっとりしました。最後にどのようにこの絵本を製作したのかを紹介してあるのに配慮を感じました。素晴らしい伝統がこうして絵本という形になり子供にも触れられる機会を作った作者たちの功績は大きいと思いました。得に茶色の色のバリエーションの多さには目を見張りました。更紗の世界に魅せられました。自然の物を使って色出す所に魅力を感じました。

    掲載日:2009/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 採りたてのマンゴー

    高級果物のマンゴーをうちの家族はまだ食べたことがありません。どんな味がするのかな、と想像しながらページをめくりました。

    布に染色で描かれているので、色合いがとても味わいがあります。深い自然の色に歴史を感じました。バナナやマンゴーなども本来の鮮やかな色ではないのですが、とてもおいしそうに描かれています。

    日本では、採りたてのバナナやマンゴーを食べることはなかなかできません。モニェのように、木の上でむしゃむしゃ食べてみたいです。でも、カルチンにうらまれたくないので、2,3本ぐらいですね。マンゴーを手に入れた、カルチンはさすがです。やっぱり、マンゴーはおいしいものなんだなと、ますます食べてみたくなりました。
    このようなお話は、世界中にあるんだなと思い、おもしろかったです。

    掲載日:2007/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいのに、したたか

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    まめじかの話は、他にも知っています。
    とっても悪知恵の働くまめじか。
    その写真が載っているので、びっくりしました。
    想像していたのよりも、ずっと華奢でかわいらしいのです。

    おはなしの内容も引き込まれるおもしろさがあって、
    絵はなんとインドの伝統的な染色、カラムカリで作られているのです。
    色合いがなんともいえない深さがあって、本物を手にとって観たいと思います。
    あとにこの染色の手順が写真つきで説明されています。
    インドの文化に触れられる絵本です。

    掲載日:2007/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 更紗に描かれたインドネシア民話

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    インドの民族衣装をそのまま絵本にした、そんな印象を受けた美しい作品です。

    まめじかのカンチルとさるのモニュはそれぞれマンゴーとバナナの実を植えました。やがて実ったはいいけどカンチルは木に登れないことに気付きモニュに取ってもらうことに。次第にマンゴーの美味しさにひかれるモニュ。このままじゃ全部食べられちゃう。そこで思い立ったカンチルは・・・?

    この絵本は古来よりインドに伝わる<カラムカリ>という染色方法によって作られたと後書きにありました。その様子が写真入りで丁寧に解説されています。鉄さびや牛糞まで自然の原料だけでこれほどまでに美しく染色できるとは驚きです。

    私はまめじかを知りませんでした。このお話のようにマンゴーが好物なのかな。かな表記です。親御さんと共に古来の染色芸術を楽しみながら読んでみられてはいかがでしょうか。

    掲載日:2007/03/01

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • としょかんねずみ
    としょかんねずみの試し読みができます!
    としょかんねずみ
    作・絵:ダニエル・カーク 訳:わたなべ てつた 出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ぼくは本が大好き!サムはとしょかんねずみ
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


「現実の大図鑑」シリーズ 編集者 小島卓さん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット