雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

びくびくビリー」 みんなの声

びくびくビリー 作・絵:アンソニー・ブラウン
訳:灰島 かり
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年09月
ISBN:9784566008465
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,146
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • ウォーリードールの実物を見せて、読み聞かせたいなぁ。

    • ちいニャさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子10歳、男の子5歳

     うちの子供達には何度も読み聞かせている絵本。上の子はウォーリードールを作ってみたい!と言います。

     小学校5年生への読み聞かせに利用してみることにしました。

     明日は持久走大会、天気もあやしく今夜から冷え込み、雪がふるかも、という予報もあり、みんな何かしら心配ごとがあるだろうと考えました。

     絵本は大きくて絵も見やすく、文字は多くもないので読みやすいです。

     ビリーの心配妄想の場面では、クスクスと笑い声もありました。

     4分ちょっとで読みました。

     心配引き受け人形(ウォーリードール)について、グアテマラでは本当に信じられているおまじないだということの解説があったので、その部分も読みましたが、実物を見せてあげたかったなぁと思いました。

     3歳くらいからおすすめの絵本です。

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 似たいような人形なら見たことあります。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    うちは下の子がすっごい怖がりです。
    でも、この絵本は上の子に読みました。(たまたま近くにいたので)
    読み終えると「こんな感じの人形、どっかで見たよ。包帯ぐるぐるのやつ」
    ちょっと形は違いますが、この「しんぱいひきうけにんぎょう」なる人形はもともとグアテマラ(中南米)が起源だとか、
    今、日本にもあるむすめのいってた人形は、確かメキシコの願いがかなうという人形だったような…。

    似たようなルーツがあるのかもしれませんね。
    怖がりのお子さんにはすごく元気の出る絵本ではないでしょうか?
    幼稚園くらいから、小学校高学年くらいまで、お薦めです。

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • アンソニー・ブラウンさん

    ”うちのパパってかっこいい”というアンソニーブラウンさんの作品を読んで以来大好きなのでこの絵本を選びました。優しい主人公の心が伝わってくれ本でした。そして、グアテマラの素晴らしい習慣も知る事が出来とても満足できました。主人公の為に御婆ちゃんが教えてくれた事は素晴らしい知恵だと思いました。主人公が自ら率先して手作りしている場面が圧巻でした。もし将来娘が主人公と同じ悩みを抱えたらこの絵本の御婆ちゃんの知恵を借りたいと思いました。御婆ちゃんが孫を大切に思う気持ちもひしひしと伝わってくる絵本でした。

    掲載日:2008/11/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 優しいビリー

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    とってもしんぱいやのビリー。心配の内容がええっこんなこと?!とびっくりするようなものでしたが、ビリーにとってはすごく心配の種なんですよね。私も小さい頃ビリーのようにしんぱいやで、今思えばたいしたことないのに、あれこれいろんなことに悩んでいたことを思い出しました。
    そんなビリーにおばあちゃんがくれた、しんぱいひきうけにんぎょう。そういえば私もこんな人形の存在をどこかで聞いたことがありました。この人形のおかげでぐっすり眠れるようになったビリー。しかし、また心配事がビリーにやってきます。ビリーの心のやさしさに思わず笑っちゃいました。しんぱいひきうけにんぎょうの心配までしてくれるなんて。
    ビリーの悩み事が片付いて、私も一安心で読み終えました。

    掲載日:2016/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心配性でとっても優しい

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子3歳

    パパが慰めても、ママが慰めても、ビリーは心配で眠れない子でした。
    おばあちゃんのところに泊まりに行っても、当然眠れるわけがありません。
    おばあちゃんに相談すると、「心配引き受け人形」を持ってきてくれました。
    人形に心配事を打ち明けて寝ると、人形が代わりに心配してくれるから、ぐっすりと眠れるんですって!ビリーもぐっすりと眠れたのですが、数日後、今度は「心配引き受け人形」のことが心配で眠れなくなります。
    わかるわぁその気持ち・・・
    そこでビリーは「心配引き受け人形」のための「心配引き受け人形」を作ったのでした。

    「心配引き受け人形」が次々に必要になるんじゃないかと思うのは、きっと私がビリーにも増して心配性だからでしょうか?

    掲載日:2016/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心配ひきうけ人形

    繊細なビリーの繊細な心を救うのは…、
    心配ひきうけ人形の存在は初めて知ったのですが、なるほど効き目がありそうですね。
    ビリーのような強迫観念の強い子に安心感をもたらす人形…。
    私も欲しいと思いました。
    アンソニー・ブラウンにしてはひかえめな作品にも思えますが、じーんとしました。

    掲載日:2014/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖がりやのお子さんに

    怖がりやの男の子ビリーのお話です。ビリーはおばあちゃんのお家に泊まりに行った時にも怖くて眠れず、おばあちゃんに言うと、おばあちゃんが「しんぱいひきうけ人形」をくれます。

    うちの長女も何でも心配性です。こんなお人形があれば心配性も治るかな。

    ビリーは「しんぱいひきうけ人形」の心配をして「ひきうけ人形」の「しんぱいひきうけ人形」を作ってあげます。なんて優しい。とっても素敵なお話です。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの息子の話?!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子1歳、

    いつもとってもいろんなことを心配しているビリー。
    始めの数ページ読んだときは、
    うちの息子の話じゃないかと思いました。

    プールバック保育園に忘れたんじゃないかとか、
    明日保育園でおにぎりつくるのは何の会だったかとか、
    考えても仕方のないことをずーっと一人で心配しています。

    そんなビリーに、おばあちゃんが、
    「しんぱいひきうけにんぎょう」を渡します。

    ビリーを思いやるおばあちゃんの気持ちが、
    とっても理解できます。

    うちもこれで息子の心配性が直るかな?
    一度ためしてみようと思いました。

    でも結局ビリーみたいに、
    「しんぱいひきうけにんぎょう」の「しんぱいひきうけにんぎょう」が
    いる羽目になるかも・・・。

    ちなみにこの「しんぱいひきうけにんぎょう」、
    昔、外国からのお土産で、
    私も持っていた気がします。
    グアテマラじゃなかった気がするけど、
    きっと似たような文化が世界のどっかにもあるのかもですね。

    掲載日:2012/08/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぜひ実物と…

    • あみむさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子12歳

    おまじないとか信じていた中学生の頃、こういうお人形があることを知りました。
    指の第一関節にも満たないくらいのちいさなお人形。
    デザインも全く同じ雰囲気でしたが、しんぱいごとひきうけ人形ではなく、
    お願い事がかなうお人形として、5人セットで売られているのを雑誌で知り、
    ほしくてほしくてたまらなかったことを思い出しました。

    大好きな家族がいくら心配いらないよ、と言っても、
    心配事、不安なことって、ちいさなことから大きなことまで
    たくさんあるんですよね…。

    最近トラブルドールとして、エスニックショップで売っているのをみかけました。
    おばあちゃんが差し出すシーンで、ぱっと実物を見せながら、
    読み聞かせしてみたいなぁ、と思います。
    読み終わった後、お子さんと一緒に作っても楽しそうですね♪

    掲載日:2012/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心配を引き受けてくれたおばあちゃんとウォリー・ドール

    • ランタナさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    1年生のクラスでこの絵本を読み聞かせした方がいらして、
    息子と一緒に読み聞かせてもらいました。

    読み手の方が初めに「みんなは心配で眠れないことある?」と質問。
    驚いたのは、かなりの数の手が挙がったこと。
    まだ1年生なのに?と思ったけれど、
    読み聞かせてもらっているうちに
    空想ばかりしていた子どもの頃、
    夜になると、ほんの些細な心配が大きく膨み、
    母のいる明るい部屋へ起き出したことを思い出しました。

    夜、ビリーの想像場面の絵は2色で描かれ、暗く、独特の雰囲気。
    ビリーの顔は悲壮感いっぱいです。

    ビリーの両親が優しく慰めてくれても、ビリーの心は晴れません。
    「しんぱいしすぎ」「こわいことなんかおこらない」
    そんなことはビリーだって頭では分かっていて、
    それでも心配だから困っているんですものね。
    だから自分を「よわむし」だって思って、普段から自信をなくしている。

    その点、おばあちゃんはすごい。
    「よわむしなんかじゃないさ。おばあちゃんもこどものころは、しんぱいばっかりしていたもんだよ。」と、ビリーの心配に共感して受け止めた上で、
    「しんぱいひきうけにんぎょう」という
    気持ちを切り替えるきっかけをくれたからです。

    これで解決かと思いきや、数日後、ビリーに新たな心配が。
    心配を引き受けた「しんぱいひきうけにんぎょう」が心配ですって!

    でも、今度はビリーが自分で考えた「ある方法」で解決しました。
    繊細さは決して心配性という欠点だけにつながる訳ではなくて、
    優しさって長点にもなるんですよね。
    最後のビリーの笑顔、嬉しい暖かな読後感でした。

    巻末に「しんぱいひきうけにんぎょう」こと
    グアテマラのウォリー・ドールの解説もあり、楽しめます。

    年長さん位から小学校中学年位のお子さんや
    そのお父さん、お母さんにおすすめです!

    掲載日:2011/10/05

    参考になりました
    感謝
    0

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / パパ、お月さまとって!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット