ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ザザのちいさいおとうと」 みんなの声

ザザのちいさいおとうと 作・絵:ルーシー・カズンズ
訳:五味 太郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,553+税
発行日:1996年04月
ISBN:9784032014006
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,050
みんなの声 総数 24
「ザザのちいさいおとうと」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • お兄ちゃん、お姉ちゃんになるときに

    • ムースさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子8歳、女の子3歳

     赤ちゃんが生まれて、ザザはお兄ちゃんになります。ママもパパも赤ちゃんのお世話に忙しくて、以前のようにザザと遊んでくれません。親戚の人も、みな赤ちゃんのことばかり話します…。家族が増えて、ちょっぴり寂しい思いを体験するザザの子供心が、色鮮やかなイラストと共に明るく描かれています。
     実はこの作品、娘が生まれる前に偶然本屋さんで出会うことができた一冊。(ラッキーでした…)。息子にはこの絵本と子犬を与え、妹が誕生したという嫉妬の嵐を乗り切ってもらいました。
     主人公がシマウマ一家というのも楽しい設定です。街中の信号のマークもシマウマ! 生まれたばかりの赤ちゃんがとっても小さくて可愛いです。息子もこの赤ちゃんが大好きで、おむつを変える場面、食べる場面、遊ぶ場面、それぞれのページに登場する小さな赤ちゃんのしぐさに笑いをもらしています。これも実生活で妹の存在があったからこそ、きっとリアルに感じられるのでしょうね。二人の子供の母親になったわたしにとっても、思い出の一冊となっています。
     作者はメイシーちゃんシリーズでお馴染みのルーシー・カズンズです。

    掲載日:2002/11/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵と文字が魅力的です。

    私はどちらかというと、日本の作家さんの絵本を選びがちです。
    海外の作家さんの名前と作品が覚えにくいからなのですが。。
    こちらは、メイシーちゃんの作家さんと
    五味太郎さんの訳という絵本でした。
    色、文字の形態、しまうまの家族が
    他にはない印象で読んでみて良かったと思います。
    小さいお子さんが下に弟妹ができる時を
    描いた絵本はいろいろありますし、
    おにいちゃん、おねえちゃんになる甘えられない気持ち、
    寂しい気持ちを表現している絵本も多いですね。
    それが今までに主人公になることが少ない
    しまうまなので、リアルすぎず、
    絵を見ながらストーリーを受け止められそうな気がします。
    私はもう「おばあちゃん」の立場なので
    1場面だけに登場したしまうまのおばあちゃんが
    印象に残りました。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 弟がうまれました

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    赤ちゃんがママのおなかの中にいるところからスタートします。
    ザザの生活は弟の誕生により以前と変わります。我が家でもそうだったなーと思いながら読みました。どこの家でもそうなりますよね。
    それでもすねたりやきもちをやくこともなく、聞き分けもよく、弟をかわいがるザザはできた子だなーと思いました。もう少しわがまま言ってもいいのでは?親は助かるでしょうけど。特段がまんしている様子もないようでしたが。
    弟が本当に小さくてかわいくてぬいぐるみのようだなーと思いました。

    掲載日:2014/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一人っ子でも楽しめる

    海外の絵本らしく、大きなサイズです。また色合いも鮮やかでとてもはっきりした絵です。
    パパ、ママ、ザザの暮らしに、新しく弟が加わって、毎日が変化しているストーリーです。とはいえ、ザザの様子はとても前向きに描かれています。ザザが弟と楽しそうに遊ぶシーン、そして弟が寝た後でパパとママに絵本を読んでもらうシーンなど、穏やかな気持ちで読めました。
    我が家は一人っ子ですが、娘はこの絵本が好きで何度も読んでいます。

    掲載日:2014/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 兄弟ができるということ

    まだ二人目の予定はありませんが
    なかなか面白い内容だったので借りてきました。

    弟が生まれたとき
    おばあちゃんと一緒に過ごす。

    パパと一緒に赤ちゃんを見に行き
    そしてママとパパのお手伝い

    甘えたいけれど、弟の世話で忙しい。

    そしてママのちょっときつい一言

    でもそれでおにいちゃんとして目覚めていく。

    成長していく姿が描かれていて素晴らしい絵本です。

    掲載日:2014/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • まだまだ甘えたい

     ザザに弟ができました。ザザはおにいちゃんになってしまいました。
     まだまだだっこしてほしいのに 大人たちはみんな、あかちゃんにかかりきりです。
     ザザがおにいちゃんに成長していく姿が、しみじみしました。
     最後のページ、パパとママが、ザザに本を読んでやる場面がよかったです。ザザだってまだまだ甘えたいんですよね。
     
     ザザに気持ちがそのままあらわれているような、手書きの文章がいいなと思いました。はっきりした元気のいい色で描かれた絵が、楽しかったです。

    掲載日:2014/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 妹ができた息子にぴったりなこの絵本。
    とぼけた表情のシマウマがいい味をだしているのと、赤ちゃんがとっても小さくて本当にお人形みたいにカワイイです。
    妹を抱っこして、いっぱい遊んであげるザザの姿は本当に愛らしい。
    最後にお母さんに抱っこされて本当に良かったね、と思います。
    まだうちの子にはピンをきていないようですが、なんとなく雰囲気を感じ取っているのか、じーっと聞きいっておりました。

    掲載日:2013/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • もうすぐお兄ちゃんお姉ちゃんになる子に

    3歳次女に読みました。4歳長女が借りた絵本です。

    これは今まさにお腹に赤ちゃんがいるお母さんがお子さんに読んであげるのに最適な絵本ではないかなと思います。お兄ちゃんお姉ちゃんになる準備ができそうだなと。我が家は2歳前にお姉ちゃんになったので、もっと先に読んであげるべきだったなと思います。そうしたら、私も下の娘に構ってばかりの自分を反省できたかなと思います。

    掲載日:2013/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママやパパに読んで欲しい絵本の一つですね。

    この間妊婦教室のよみきかせしたのですが この絵本も いいな〜と思いました

    ママが赤ちゃんを産まれると お兄ちゃんは いろんな意味で我慢しているのですね!(分かっているけれども 忘れがち・・・)

    この絵本では しまうまの家族の絵本ですが 
    赤ちゃんが生まれる喜びは、人間と 一緒です。 
    シマウマパパは協力的です! 人間の場合は パパはお仕事に行くのでおばあちゃんおじいちゃんの出番ですが・・・

    シマウマさんのパパは、育児休暇でも取っているのですね。

    絵が色鮮やかで 読みやすい絵本でした

    忘れられてはいないよ お兄ちゃん パパもママも子供のことは 愛しているんだよ!
    子育て中の忙しいママ パパに こんな 心を忘れずにいてほしいと思いました

    掲載日:2010/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんが生まれる前に

    しまうまのザザに弟が出来ます。
    おかあさん、おとうさんは、赤ちゃんのお世話で忙しく、なかなかザザの相手が出来ず、一人で遊んだりして少し寂しい思いをしてしまいます。
    でも、弟を抱っこしたり、一緒に遊んだり♪と、弟を可愛く思ったり、楽しいと感じたり、ザザの気持ちがとてもよく表現できている本だと思います。

    私の娘にも弟か妹が出来ます。その前に読んで見たいと思っていた絵本です。
    娘は、少しこの絵本でわかることがあるのか、「抱っこダメ」や「赤ちゃん可愛い」とか口ずさみながら聞いています。

    この絵本を通じて、赤ちゃんに対するイメージをもってくれたらうれしいです。

    掲載日:2010/06/19

    参考になりました
    感謝
    0

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット