ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

よういどん」 みんなの声

よういどん 作:わたなべ しげお
絵:大友 康夫
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1986年09月
ISBN:9784834000542
評価スコア 4.24
評価ランキング 15,294
みんなの声 総数 44
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • がんばれ!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    表紙から裏表紙まで含めてお話になっていますね。
    がんばるくまくん。
    …それにしても失敗ばかりだなーと思いつつ読みました。
    失敗してもあきらめずに最後まで走りきるくまくんはえらいですね!
    がんばれ!と応援したくなります。

    掲載日:2015/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 運動会前にオススメ

    • ☆だ〜なさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    運動会前ではなかったのですが、雨が降って室内で運動遊びをやる時に読みました。
    運動会の競技に繋がりそうなので、運動会前に読むと楽しさが倍増するかもしれません。

    お話では、くまくんが平均台・鉄棒・跳び箱やトンネルなどに頑張って挑戦しています。
    子ども達も挑戦したことのあるものだったので、くまくんが失敗してしまうところでは『あ〜!』などの声が飛び出しました。

    『がんばれ!』と一緒に応援していました!

    掲載日:2014/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 障害物競走

    • サマさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、女の子4歳

    年中さんの娘が幼稚園で借りてきました。運動会の後だったので気になったのだと思います。
    表紙には動物さんたちがスタートラインに並んでいます。
    表紙をめくると、「よういどん!」と障害物競争がスタートします。でもスタート直後にみんな早く走っていってしまい、残るはくまさんだけ。
    平均台も、跳び箱もトンネルも・・・すべての障害物で「どしん!」そのたびに笑っていました。

    ゴールもひとり。そして僕一等賞。
    みんなは???と娘が気づきました。
    裏表紙を見ると、ねずみさんが1等賞、うさぎさんが2等賞・・・6等賞にくまさん。
    解ったかな?

    でも終始楽しそうに聞いていました。娘も運動会で障害物競走があったので、想像ができたようです。

    自分でも読めそうです。

    掲載日:2014/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 障害物競争

    スタートラインで並んでいる動物たちですが、

    お話の中ではくまくんしか描かれていません。

    なので追い越されたとか、追い抜いたとか

    そういう背景がないのが少し残念でした。

    ただ、障害物競争なので、いろんなものが

    次々と出てくるのは、おもしろいと思います。

    掲載日:2014/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1歳のときに

    くまくんシリーズです。
    このシリーズ、もっと早くに読んであげればよかったと毎回思います。
    1歳くらいのときに読んであげれば夢中になっただろうなぁと。
    今回はくまくんが走っていくお話。ただ単に走るのではなくて、トンネルのようなところを通ったりします。
    1歳半の頃、トンネルくぐりに夢中になっていた時期があったので、あのときに読んであげたら喜んだだろうなと思いました。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • くまくん、がんばれ。

    『どろんこどろんこ!』を読んで、大好きになったくまくんシリーズ。くまくんの行動ひとつひとつが、息子を見ているようで、癒されます。
    今回はくまくんがみんなと一緒に障害物競走に挑戦。もう表紙からお話がはじまっていました。
    どの障害物でも、「あれあれ。」のくまくん。息子も気に入って「あれあれ。」と繰り返します。でも夢中になって頑張るくまくんをみていると「がんばれ。がんばれ」と応援したくなります。
    背表紙までお話が続いていて、そのくまくんの姿に、思わず笑みがこぼれてしまいました。楽しくて、かわいらしくて、心が温かくなる絵本です。

    掲載日:2013/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい

    娘の大好きなくまくんシリーズの本です。
    おっちょこちょいのくまくん、ここでも失敗ばかり。でもそれがユニークで面白いです。平均台も、どすん。てつぼうも、どすん。娘には大ウケでした。でも最後まで完走するところがいいですね。頑張ったから皆に一等賞で正解だと思いました。

    掲載日:2012/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1歳

    1歳の息子と一緒に読みました。くまくんの障害物競走のお話です。平均台も、鉄棒も、「どすん!」と言って落ちてしまいます。ここで息子は大笑い。やっぱりこういうおかしな話、子供は好きですね。最後まで頑張って走ってビリなのに「ぼくいっとうしょう」というくまくんが可愛いです。 

    掲載日:2012/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばれ

    「ようい どん」と始まった障害物競走。
    くまくんは、ゆっくりと、でも一生懸命にゴールを目指しています。

    跳び箱が飛べなかったり、ネットに絡まったりと「あれれ」なくまくんですが、ニコニコと走っている姿は、かわいらしくて癒されます。

    競争心をあおる一等賞が良いというお話もありますが、こんな風にのんびりとしたゴールもいいものだと思います。

    掲載日:2011/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心からがんばれと応援したくなります

    「よういどん」で我が家の障害物競争が始まります。
    机をくぐったり、タオルをかぶったり、滑り台にぶらさがったりしては、「あれあれ」と言いながら、一緒に尻もちをついています。

    うちの子が感じた絵本の景色を見せてもらった気分になります。

    こぐまちゃんになりきっている本人も楽しそうですし、その姿もかわいいので、見ている私もにっこりしてしまう、お気に入りの一冊です。

    掲載日:2011/09/16

    参考になりました
    感謝
    0

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(44人)

絵本の評価(4.24)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット