あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

あかいじどうしゃ よんまるさん」 みんなの声

あかいじどうしゃ よんまるさん 作:堀川 真
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2012年01月
ISBN:9784834026924
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,656
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 別れと新たな日々。

    古い赤い自動車「よんまるさn」が,工場で解体され新しくトラックに生まれ変わるまでが描かれたお話です。
    赤い自動車とねずみとの別れのシーンにキュンとします。
    別れと新たな日々の始まりのお話なので,人間にも当てはまるところはありますね!
    車が好きな小さな男の子にもおすすめの絵本に思いました。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • のねずみの友情

    あかいじどうしゃ、よんまるさんのお話ですが、じどうしゃとのねずみの友情のお話でもあります。
    よんまるさんがうすぐらいガレージに入っていく、のねずみと別れるシーンではとても悲しくなってしまいます。

    よ〜く見るとそこかしこにのねずみのシルエットがあって・・・。
    ついついそればかり探してしまうのでした。

    掲載日:2016/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • かっこいい赤い自動車

    この絵本は、赤い自動車の「よんまるくん」という車でした。ある家族に大切にされていたのですが、その家族に赤ちゃんができて手放されることに。でも、その新しくもらわれた先で改良されてとってもカッコいいトラックに!!この赤い車はいつまでたってもかっこいいですね。

    掲載日:2014/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 乗り物好きな息子にずっと気になっていた絵本ではあったのですが、
    少し難しいかなと思っていました。
    が、3歳1ヶ月になってどこかで見つけ、「読みたい!」とのことで、満を持して図書館で借りました。

    若い夫婦が古い赤いジープのよんまるさんを持っていますが、赤ちゃんが生まれ…というストーリー。

    ストーリー展開もちゃんとあり、そして「物を大切にする」気持ちも大切にしています。
    そして、絵がかわいい。
    イマドキの描き方ですが、ずいぶん上手に細かい絵をシンプルに二次元化しているという感じ。私は好きです。
    車の分解シーン、エンジンのアップ、トラクターやトラックも登場する…など、車好きのつぼも心得ています。

    車大好きの息子はとっても喜んで、食い入るように絵を見ながら集中して聞いていました。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 捨てずに残すということ

    ボロボロになった赤の自動車。

    捨てられてしまうお話だと思いました。

    すぐ捨てずに物置として使われていましたが、

    それもちょっと寂しい気がしました。

    でもポイ捨てするよりはいいのかな?

    作り直して、トラックに変身。

    でももとの夫婦のところには戻れませんでした。

    このお話は捨てないことで使い続けることがテーマなのか、

    リサイクルすることがテーマなのか。

    どちらにしても、大事なことだと思います。

    掲載日:2014/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入り

    車体はボロボロでも、立派なエンジンででこぼこ道も進んでいくよんまるさん。
    三歳の息子が何度も読んでと持ってきた絵本の一つです。
    知らない男の人に連れて行かれるよんまるさんを心配したり、よんまるさんを見送るネズミを気にかけたりしていました。

    掲載日:2013/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生まれ変わるよんまるさん

    • ぴいママさん
    • 20代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子2歳、女の子0歳

    2歳半の自動車大好きな次男は途中で聞かなくなりましたが、4歳半の長男は最後まで聞いていました。
    古いけど力強いエンジンを持った赤い自動車が、エンジンはそのままでトラックに生まれ変わるお話。
    とってもいいお話で、話が聞けるようになったら是非次男にもよんであげたい絵本です。

    掲載日:2012/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子が大好きな絵本です。文章もけっこうあるので、息子にはまだ早いかな?とも思いましたが、大好きな車が主人公なせいか、最後まで集中して聞いていました。
    古い車のよんまるさんは持ち主にとても愛されていましたが、赤ちゃんを車に乗せるために新車がやってきて、よんまるさんは畑の隅に置かれることになります。
    息子も途中、「よんまるさん、もう走れない?」とかなり心配していました。おじさんがやってきたときは、「よんまるさん、どうなっちゃうの!?」とドキドキしましたが、素敵な結末でホッとしました。大好きなものを大事に長く使うことって素敵ですね。
    ちなみに、よんまるさんとのねずみが出会ってから、のねずみはいつもよんまるさんと一緒にいるので、のねずみがどこにいるのか息子と捜したりするのも楽しいです。
    車が好きな子は気に入る絵本じゃないかと思います。

    掲載日:2012/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 車の復活がいい 大切に大切に

    よんまるさん 赤い車は古くなって ガタガタ
    でも若い夫婦は仕事にはなくてはならない車なんです 
    ところが 赤ちゃんができ新しい 車を買って、 よんまるさんは はたけのすみに・・・

    ある日 おじさんに、よんまるさんをゆずっておじさんは直したのです
    エンジンは強いからおじさんが直してくれてトラックにへんしん
    おじさんは 本当に大事に愛情込めて直してあげたのです
    こういうおじさんがいると嬉しいですね!

    エンジニアの方に頭が下がります(機械に愛情を持っているのですね)

    なんでも 壊れたら捨ててしまう事が多いのですが こうして大切に使うことは 大事な事ですね!
    子供たちにもこうした気持ちを伝えたいですね

    よんまるさんも生まれかわって 嬉しそう!

    掲載日:2012/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 使えるものは大事に

     わかい夫婦のお気に入りが、ふるい車のよんまるさん。赤ちゃんが生まれたことで、新車に換えることに。よんまるさんは、かわいそうだけど、あかちゃんのためには仕方ないですね。

     よんまるさんが改造されて、トラックになりました。赤いトラックが、なんともチャーミングです。車体が古くなっても、エンジンは使えるのがすごいです。でこぼこ道でもぐいぐい行けます。
     使えるものは、大事にとことん利用する。こんなことがあたりまえ、な感じになるといいなと思いました。

     あかるくかわいい絵でも、部品などはリアルで、おもしろかったです。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット