大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

天人女房」 みんなの声

天人女房 絵:太田 大八
再話:稲田 和子
出版社:童話館出版
本体価格:\1,500+税
発行日:2007年07月
ISBN:9784887500679
評価スコア 4
評価ランキング 18,555
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 天人の品格

    羽衣伝説、七夕物語は日本各地に昔話として存在することや世界的にも存在すること、中国の伝承に由来することなど、この絵本の解説で知りました。
    それにしても、このお話を鹿児島の方言で語られると、なんとも不思議な感じになりました。
    土着性がある織姫と牛飼い…。
    内容については、天に登る方法、天の国で父神から受ける試練と解決策、様々な展開があることを知りました。
    太田大八さんの描く天人は私の天人イメージからは遠いのですが、鹿児島弁で話さないところに 天人の品格を感じました。


    掲載日:2013/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • はたして二人は幸せになれるのか?

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子13歳

    天人女房・・・いわゆるたなばた物語です。

    羽衣をなくした天女は、牛飼いの男のお嫁さんになり、
    幸せにくらしていましたが、ある日、なくしたと思っていた羽衣を、
    見つけてしまいます。
    ふたりの子どもに恵まれましたが、ふたりの子どもを連れて、
    天の国に帰ってしまいます。

    天上界に住む天人と、地上に住む普通の男との結婚は、
    はたして幸せになれるものなんでしょうか。

    妻の後を追って天上界に行った牛飼いの男に待っていたのは、
    父神の無理難題な命令でした。
    しかし、父神ではなく、妻の言うことに従うと、
    その問題を乗り越えていけたのです。
    しかし・・・

    天女と牛飼いの男の夫婦愛というものを、とても強く感じました。

    一方、父神も、娘(天女)に対しての愛情からでしょう。
    地上の男に娘はやるまいと必死に、無理難題を言い続け、
    そして、ふたりは、とうとう天の川をへだてて、
    別れ別れになってしまうのです。

    元はといえば、男が羽衣を隠したことから始まった夫婦生活。
    ふたりは本当に幸せになれたのでしょうか。
    悲しい愛のものがたりですが、
    織姫星と彦星になった彼らの幸せを願わずにはいられません。

    奄美諸島を中心に伝承された原話に基づいて書かれています。
    牛の命をもらって天に上る方法ををとっています。

    九州地方に伝わっている昔話ならではの方言をしっかり使い、
    昔話の絵はこの人!・・・の太田大八さんの素晴らしい絵。

    子どものみならず、大人でも十分たのしめる内容になっています。

    掲載日:2013/07/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ずっしりたお話です

    七夕物語のお話です。
    鹿児島(奄美諸島)に伝わる七夕伝説が元になっているようです。
    私の頭の中には、七夕物語=余呉湖に伝わるお話なので、
    七夕物語は各地で少しずつニュアンスが違うんだあ〜と
    新たな発見がありました。
    息子には、何度か余呉湖のお話はしているのもあり、
    結構分量のあるずっしりしたお話にも関わらず、
    最後まで聞き入っていました。
    息子がこのお話で一番気になったのは、子供たちの行方だったようです。
    織姫&彦星の子どもたちもお話に登場しているのが良かったです。

    掲載日:2008/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 現代に通じる昔話

    娘にはまだ難しいので、私が読みました。
    おもしろいと思ったのは、羽衣を見つけた妻が、子ども2人を連れてさっさと天に帰ってしまったところです。
    しかも夫宛ての置き手紙には「私と子どもが恋しくば、天にのぼってきてくだされ」と書いてありましたが、妻は夫が本当に天に来るとは思っていなかったようです。

    天にのぼってくるほどの夫の愛情に気づいた妻は、天では夫の手助けをします。しかし、最後は妻の言うことを聞かなかったばかりに水に流されてしまいます。

    この最後の場面で、妻は夫に月に一度は会ってほしいと言いますが、夫は聞き間違えて年に一度会うことになったそうです。まったく男っていうのは、昔から女の言うことをきいていないんだなぁ、女の気持ちがわかってないなぁ、と思いました。

    現代の夫婦関係にも通じるものがあっておもしろかったです。

    掲載日:2008/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み応えがあります

    七夕のお話です。方言の混じった格調高い文、素晴らしい絵。大人が読んでも充分満足できます。牛飼いの男と天人という組み合わせが、最後にどんな結末となるか…この結末は幸せなのか?少し大きくなってからのお子さんなら、また色々と考えたり、気づいたりできそうです。作者からの解説も巻末にあり、私もじっくり読みました。

    掲載日:2007/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 七夕ものがたり:鹿児島昔話

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子11歳

    太田大八さんが描く重厚な七夕物語です。
    奄美諸島近辺に伝承されたお話の再話となっています。
    天女の水浴びを見かけた牛飼いは一目ぼれをして羽衣を隠してしまいます。
    困った天女は牛飼いの妻となり、子どもにも恵まれます。
    ところがある日、ひょんなことで羽衣のありかを知った天女は
    子ども達と一緒に天へ・・・。
    天への上り方、天上での不思議な出来事、
    伝承で練られたおはなしの力強さが伝わってきます。
    もちろん、親子・夫婦の愛もしっかりと語られます。
    最近レシピを覚えたばかりの冬瓜も出てきて、
    親近感を覚えました。
    このような昔話は今作品のようにしっかりとした絵本で
    伝えたいものです。

    掲載日:2007/10/26

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / かみさまからのおくりもの / もこ もこもこ / ノンタンぶらんこのせて / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(6人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット