だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

うさぎの ぴこぴこ」 みんなの声

うさぎの ぴこぴこ 作:山崎 陽子
絵:いもと ようこ
出版社:至光社 至光社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1993
ISBN:9784783402206
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 外の世界

    引越しのトラックから落ちてしまったぬいぐるみのぴこぴこ。
    本物のうさぎ一家に助けられ、最後は持ち主の女の子のところに
    戻るお話。
    いもとようこさんのやさしい絵がなんともマッチの温かくて、
    ちょっぴり切ないストーリー。

    掲載日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な出会い

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子3歳

    ぬいぐるみのぴこぴこが、本物のうさぎの親子と過ごすちょっと不思議なお話でした。
    人間の世界にいたぴこぴこにとっては、自然のうさぎの暮らしは不自由?と思いきや、段々と居心地の良さに気付くぴこぴこ。
    自然とのふれ合いがどんなに大切か教えてくれているような感じがしました。
    娘は、ぴこぴこと同じ花飾りやどんぐりの首飾りを着けてみたいと言っていました。秋になったら、どんぐりを拾いに行ってみるのもいいですね。

    掲載日:2008/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 束の間のひと時

    息子といもとようこ作品を読破中です。図書館で見つけたのがこの本です。

    森の中でバスケットに入ったぬいぐるみのうさぎを見つけたうさぎの親子。お腹が空いているぬいぐるみのぴこぴこはショート・ケーキが食べたいと言います。最初はとてもわがままな子なのかな?と思いました。

    野性のうさぎと人工のうさぎ、この組み合わせは「まちのねずみといかなのねずみ」を彷彿とさせます。違っているのは、ぴこぴこは野性の良さも受け入れていくところです。と言っても私たちもとても人工的な生活を送っていますから、いきなり野性の中に放り出されたらこんな感じかもっとひどいかもしれません。

    迎えに来て「かえりたいけど…かえりたくない」と泣くぴこぴこがいじらしかったです。

    かあさんうさぎが聞き耳をピンと立てて、ぴこぴこの鳴き声をキャッチするあたりもうまく描かれていると思いました。りすがどんぐりのくびかざりを持って走ってくる姿もとてもかわいらしかったです。

    野性と人工のうさぎの束の間のひと時が、楽しく描き出されていると思いました。

    掲載日:2008/04/26

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット