たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

がんばれ、ペペ」 みんなの声

がんばれ、ペペ 作・絵:ヒサクニヒコ
出版社:そうえん社
本体価格:\1,200+税
発行日:2007年02月
ISBN:9784882642558
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,834
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大地震

    5歳の息子の好きなペペシリーズ。
    これは当時の噴火や大地震のことがよくわかる本でした。
    弱肉強食のことも感じることができるし。
    巻末にある、ヒサクニヒコさんの解説や化石のひみつについての見開きが
    とても良かったと思いました。
    息子はとても興味をもって、当時の恐竜のことを考えていたようでした。

    掲載日:2016/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズ通して

    恐竜好きの息子がセレクト。
    もはや好きすきで恐竜ならなんでもよくなっている節あり。
    でもやはり好みがあるようで、他のシリーズのほうが
    ハマっています。
    爬虫類のうろこがひとつひとつ丁寧に描かれていてすごいなと思いました。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後のお話

    息子は最後までワクワクドキドキ冒険を楽しめたと思います。
    私は、単純なドキドキではなく、シリーズを通してとても色々なことを考えさせてもらえたと思っています。この時代の厳しい環境であったり、生きるということ、命について。
    深いテーマが込められているように感じました。
    明るい未来を想像させてくれる素敵な終わり方でしたし、とても良かったです。

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時代を生き抜く力

    4歳4ヶ月の息子に読んでやりました。どんな時代も生きていくのは大変なこと。それは恐竜だって同じ。老いや自然災害などにも勝てないかもしれない。でも、それを生き抜く力がこの本のテーマですね。ぺぺも様々な出会いや別れを通していろいろなことを学び、身につけ、生きる力に換えていきます。そういう姿をこのシリーズで見ることができました。息子には単なるわくわくどきどきなお話に映ったかもしれませんが、きっとそういう作者の思いは届いていると信じたいと思います。恐竜という珍しい題材でこんなにも息子を夢中にさせ、メッセージが沢山な絵本は珍しく、とても貴重な本だと思いました。また、シリーズで読んでやろうと思います。

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • かっこいい!

    恐竜ペペシリーズの最終巻。
    でも我が家は、この絵本がシリーズ初の出会いでした。
    なので先にこれを読んでから、
    そのあとに第1巻から再度図書館で借りて読みました。
    連続して読んでみると、
    ペペがどんどんかっこよくなってきています。
    強く、かしこく、たくましく、優しく成長してきたペペ。
    数々の試練を乗り越えたことによってこんなふうになってんだなあ…
    と子供でも思えるストーリー展開です。
    今回もシリーズ最後にふさわしいドキドキ感もあり、
    ペペたちがどうやって乗り切れるのか、みものでした。
    弱肉強食の世界がすごく丁寧に表現されていて、
    こうすることでしか生きていけない…
    ということを学べるお話でもあり、
    親としてもとっても読み聞かせ甲斐のある絵本でした♪

    掲載日:2008/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいです!

    • ゆうまんさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、男の子4歳

    この恐竜ペペシリーズはよかったです!
    絵本なんですが、ちゃんと弱いものが強いものにやられてしまう事も掲載されており、その中で辛いながらもがんばって生き抜く草食恐竜のぺぺの姿がよかったです(⌒ー⌒)
    6冊にわたるシリーズ物で、始めは何気に読み始めたのですが子供も私もその次はどうなるのか・・・とても気になるシリーズでした。

    がんばる事を教えてくれる本ですね(^-^ )

    掲載日:2008/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくましいペペの姿に感動

    恐竜好きな息子が見つけたシリーズ絵本です。
    これは「きょうりゅうぺぺのぼうけん」シリーズの6作目、最終巻になります。
    版画チックな絵がすごく独特で、お気に入りのシリーズです。

    数々の試練を乗り越えてグループのリーダーにふさわしくなったぺぺ。
    ペペが生まれた時からの成長を感じられるのが、シリーズの良いところですよね。

    ある日、年老いたイグアノドンを肉食恐竜から助けたペペたちでしたが、
    その年老いたイグアノドンから昔の話を聞く事が出来たことで、
    後々、ペペたちは命を救われることになります。

    大地震、火山の噴火、山火事と、今までで一番厳しい状況がたて続きに起こり、
    息子もとても興味深そうに見入っていました。
    最後まで生き延びたペペたち。ラストにふさわしい、たくましいペペの姿が見られて、
    大満足なシリーズ絵本となりました。

    巻末に、化石のひみつの解説がわかりやすく漫画で描かれています。
    その漫画も以前に読んだことのある同じ作者の恐竜漫画から抜粋されたものだったので、
    息子は大喜びしていました。

    恐竜が好きになりたての子が読めば、きっと恐竜が大好きになるシリーズだと思います。

    掲載日:2008/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『コウノトリのコウちゃん』かこさんインタビュー&コウノトリの里、越前市レポート

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット