ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

たすけて!クマとうさん」 みんなの声

たすけて!クマとうさん 作・絵:デビ・グリオリ
訳:山口 文生
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年12月
ISBN:9784566007994
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,336
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お父さんって大変!

    3歳5歳の娘たちに読みました。

    クマのお父さんが他の家族のために雨の中がんばるお話です。このお話を読んで「お父さんって大変だねー」と長女は言っていました。私も同じく(笑)頑張ったクマのお父さんとお母さんの関係性も最後に素敵だなあと思いました。力仕事ってお父さんの仕事になってしまうものだものね。これを読んで、疲れて帰ってくるパパがほっとできるお家を作らないとなと感じました。きっと世のお母さん方も、この絵本を読むとそう感じるんではないでしょうか?

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぜひお父さんと一緒に読んでもらいたい

    大風の中みんなを助けに行くとうさん。

    とても頼もしいです。

    あわやと思う場面もあって、ハラハラもしました。

    力仕事は得意でも、細かいことは苦手で「こういうことはクマかあさんがとくいなんだ」というのがおもしろくて、息子と笑いました。

    自分の不得手なことは正直に言ってお母さんを頼りにする姿が謙虚でいいなあと思いました。

    とうさんが心地よさそうに椅子の上で眠っている姿がかわいらしかったです。

    ぜひお父さんと一緒に読んでもらいたいです。

    掲載日:2009/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキしました

    クマとうさんが、うさぎをたすけるとき、木からおちそうになったから、ドキドキしました。

    おちたら、たいへんとおもいました。

    ハチもたすけたから、さされないかなあっておもいました。

    さされると、いたいからです。

    クマとうさんが、すをなおすとき「こういうことはクマかあさんがとくいなんだ」っていったから、おもしろかったです。

    できないこともあるんだなあっておもいました。

    掲載日:2009/06/01

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット