だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

さかさま」 みんなの声

さかさま 作・絵:安野 光雅
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1981年
ISBN:9784834008388
評価スコア 4.1
評価ランキング 17,806
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どちらが さかさま?

    何気なく見てたのですが、トランプは上下が対称なんですよね。
    どちらが上?下?
    どっちも正解なんですよね。

    トランプという小さな身近な物から、丸い地球にまで同じテーマで話が広がるのですから、その視点が本当に面白かったです。

    掲載日:2013/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • トランプのさかさま世界

    トランプは確かにさかさまな世界が一体になっているけれど、この絵本に描かれた絵には無理があるようなないような。
    さかさまの側の方が現実感があったりするのですが、トリックをちょっと逸脱した感があって、安野さんの絵としてはちょっと雑な感じがしました。

    掲載日:2013/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵を見ているだけでも楽しめます

    図書館で娘が見つけ、夢中になって見ていました。絵本を上下にくるくるまわして「ママ、こっちから見てみて〜不思議なんだよ!!」と嬉しそうに教えてくれました。全体的に不思議な感じの本です。最後の問いかけに娘は「う〜〜〜〜ん」と考え込んでいました。

    文章を読まなくても絵だけでも十分楽しめます。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何分もかかりました

    • さわこさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子5歳、女の子0歳

    安野さんの絵本が好きという方から、5歳の娘にも楽しめると進めてもらった絵本です。
    確かに、楽しめました。

    1回読むのに、何分かかったでしょうか?
    1ページごとに、縦にしたり横にしたり、何度も回転させたり…
    2回目に読むと、また新しい発見が!!
    とにかく、娘と一緒に何度も何度も回転させながら、「どっち??どっち??」と言いながら読みました(見ました)

    ただ、絵本を読むというよりも、親子で会話しながら、一緒に読んでいるという感じがしてよかったです。

    掲載日:2009/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何度も回転させました

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    安野さんのシリーズに私がはまっているので、読んでました。

    安野さんお得意のさかさまの絵です。
    細かく描きこんであるので一ページ一ページ見ごたえがあります。
    何度も何度も本を回転させながら読みました。
    どっちがどうなっているのか、子供達も興味深々・・
    私もどちらが上かわからなくなって、字で上下を確かめたりしました。

    いつもながら、不思議な世界を堪能しました。
    「ふしぎなえ」に似てますが、ストーリーが付いてるので子供も一緒に楽しみやすかったです。

    掲載日:2009/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • そういうことね。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    トランプのジョーカーが案内人になって、どちらがさかさまか、何百年も戦っているトランプの国の様子を教えてくれます。
    お話とともに絵を追っていくと、下りていたはずの階段が、いつのまにか上りになっていたり、上下が逆転しているけど、あり得る風景に見えたりと、頭がこんがらがってしまいそうになります。
    細かく描かれた絵は、まるで頭の体操。どちらも譲らずに、大変なことになってしまいますが、要はトランプだということをお忘れなく。
    ちょっと不思議な世界への、冒険旅行を楽しむことができます。

    掲載日:2009/04/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地球はさかさま?

    どのページも、本を一回転させてみました。迷路のような建物は、細かいところまでていねいに描かれているので見ごたえがあります。
    トランプのへいたいたちの服が、みんなちがっていておもしろいです。へいたいたちの動きがいきいきしていて、声がきこえてきそうです。

    地球って、どこがさかさまなのでしょうか。最後のページで、たくさんのへいたいが、けんかをやめて地球をまわっている絵がいいです。

    掲載日:2008/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家のトランプもよくみてごらん

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    安野光雅さんの不思議ワールドの中の1冊・・これはトランプの国の不思議なお話し。

    トランプのジョーカーが物語りを語ってくれるので読み聞かせにも使えるけど・・ページをめくるタイミングが難しいですね。

    トランプって上下あるけど、どっちが上でどっちが下なんでしょうか??
    この絵本もどっちが上でどっちが下なの?

    絵本を真ん中に挟んで上と下から一緒に見てもどっちもおもしろく楽しめる不思議な絵本です。

    どっちが上でもいいよ・・といいつつやっぱり『こっちが上かな』ってどこかに決めてはないものか・・じっくり見るんですが・・未だに分かりません。

    あなたは分かりましたか?

    掲載日:2007/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • じっくり考えちゃうかも

    こういうのを教育絵本というのかもしれません。トランプの上下さかさま同じ絵柄をテーマに上下うまく見て取れるような絵を楽しく紹介してくれます。階段を上っていくとあれ?また下から続いてくる・・という感じに発見の多い本です。小さいお子様でもたのしめますが大人の方にでも、なぞかけのようで楽しんでいただける本では?と思います。

    掲載日:2002/12/31

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.1)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット