ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

どこへいくの?ToSeeMyFriend」 みんなの声

どこへいくの?ToSeeMyFriend 作:エリック・カール いわむら かずお
絵:エリック・カール いわむら かずお
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:2001年11月
ISBN:9784494005000
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,648
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 感動!!

    • きのぴいさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    学校図書館で、子供たちに英語の本を・・・と思っているときにこの絵本に出会いました。

    最高です。

    1冊で、日本語訳も英語も楽しめるのですから。
    そして、同じ内容なのに、絵を描く人によってこんなにも印象が変わるのかと驚きました。

    なかなか洋書は高くて手が出ないのですが、このコラボレーションのおかげで、1冊で2度おいしい思いをすることができました。

    使われている単語も簡単なものが多いし、1文が短いので、比較的受け入れやすいと思います。
    真中で2つの絵が出会うところに大感激!!
    折り込まれているページが大きく開くのがとても迫力があっていいです。

    掲載日:2010/10/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素敵なコラボ!

    いわむらかずおさんと
    エリック・カールさんのコラボ作品です。

    右の表紙から開くといわむらさん。
    左の表紙から開くとエリック・カールさん。

    二つの話が真ん中で出会います。

    いわむらさんの描くたくさんの動物と、
    かわいらしい日本人(?)の女の子。
    エリック・カールさんの描く動物に
    外国人の男の子。

    日本と外国人が一緒の絵本に描かれていることと、
    最後みんなで楽しく踊って歌う場面がとても気に入り
    海外に留学するお友達に送りました。

    とても素敵な一冊です。

    掲載日:2010/04/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 多様な楽しみ方♪

    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子7歳、女の子5歳、女の子3歳

    右から日本語で読んでみたり、
    左から英語で読んでみたり。
    (ゴミをぽいぽい、の絵本みたいですね!)

    もちろん家で子供達と楽しんでもいいですし、
    英会話のレッスンでも活躍してくれそうです。
    いろいろな楽しみ方が出来そうでワクワクする絵本です!

    ネコが道で犬に出会って質問します。
    「どこへ いくの?」
    犬は答えます。
    「友達に会いに!」
    犬が“一緒に行こう!”とネコを誘う時のセリフが最高です♪
    「僕の友達は君の友達さ!」

    そうやって歩いているうちに仲間がどんどん増えていき
    皆で楽しく歌って踊る、というお話です。
    (ちゃんと楽譜もついています)

    右側から日本語のお話が、左側からページをめくると
    全く同じ内容の英語版のお話が書かれていて、
    真ん中のページで出会います。
    真ん中のページは、集まったお友達が
    みんなで楽しく歌ったり踊ったりする内容です。

    最初、図書館で この絵本を手にとった時、
    いわむらかずおさんとエリック=カールさんとが
    結びつきませんでした。

    この絵本の出来るきっかけとなったのは、2000年1月。
    いわむらかずお絵本の丘美術館で
    いわむらさんとエリック=カールさんが一緒にトークショーをしたことにあるそうです。
    意気投合した2人は一緒に絵本を作ることに。

    2人を結びつけたのは、いわむらさんのご友人であり
    絵本コーディネーターでもある、青木久子さんだそうです。
    絵本誕生の裏にも「友達から友達に広がる輪」という、
    この絵本のテーマがあったなんて、本当に素敵ですねっ♪

    掲載日:2006/02/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 楽しい日米共同作品

    いわむらかずおさんとエリック・カールさんの楽しい共同作品です。
    犬、猫、にわとり、ヤギ、ウサギが順番に集まって、友達に会いに歩いていきます。
    単純な流れの中に、動物たちの鳴き声が加わります。
    エリック・カールさんの描く部分は洋書になりますが、内容がいわむらかずおさんと同じなので、身構える必要は有りません。
    動物たちの鳴き声の違いが、とても楽しく感じられました。

    掲載日:2016/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢のような一冊!

    いわむらさんの本を探していて見つけた一冊。

    なんと?エリック・カールとのコラボ!?
    すごい!!
    この組合わせというだけで、胸はドキドキです(笑)

    中は、それぞれ前と後ろから始まります。
    日本語と英語、同じ意味の文章。英語の勉強にもなりますね♪

    そして、真ん中で合流!
    おふたりの異なる画風で、ひとつのシーンが完成!!!
    あぁ、夢のよう…。

    娘は、さりげなく描かれた「あおむし」も見逃していませんでした♪

    掲載日:2015/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色々な楽しみ方が

    • けいご!さん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子15歳、男の子12歳

    同じお話が日本語と英語で書かれています。小さな子でも英語がわからない人でも、最初に日本語で読めば、英語のニュアンスがわかるようになっているので、だいじょうぶ!っておすすめできます。
    私は、最初に日本語で読んで、ページの中ほどにきたところで、今度は英語サイドを読み始めます。そして、日本語とぶつかるところで、日本語・英語と順に読むと、お話とお話の出あいと言語の出あいがあって、読む楽しみがぐーんとアップします。

    いわむらさんとエリックカールさんとのコラボというのもすてきです。
    国境をこえた絵本を手にして、このようなあたたかさが絵本から世界へ広がってほしいなあと思ってしまいました。

    掲載日:2015/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なコラボです!

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子12歳、男の子10歳

    英語を習い始めた中1の長男が自分で読める絵本がないかと思って探してきました。
    左から英文、右から日本語で進み、真ん中で2人が出会うようにできています!
    素敵な仕掛けにちょっと感動しました。

    いわむらさんと、エリックさんの絵だけあって動物たちも子供も
    とても生き生きと描かれていて、子供たちの対象年齢の本ではありませんが、楽しく読みました。

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 両面から

    一冊で、二度美味しい?そんな印象を持ちました。
    表からも裏からも読めて、しかも、作者さんが違うのですから。
    エリック・カールさんといわむらかずおさんなんて、豪華な組み合わせじゃないですか!!
    カールさんバージョンでは、英語がある程度できないと読めないかな〜。

    掲載日:2013/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきなコラボ!

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    こんなすてきな出会いが実現できるなんて…
    一冊の絵本の中で、右開き、左開きでお話が進んでいき、真ん中で出会うのです。なかなか、面白い発想だと思いました。
    いわむらかずおさんの絵の世界、そしてエリックカールさんの絵の世界、全く違うのに、違和感なく融合!
    絵本の世界の、奥の深さを改めて知りました。
    女の子と、たくさんの動物たちが、歌が大好き、ダンスも上手で、見ている誰もが、心から楽しむことができます。

    掲載日:2009/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1冊で2度おいしい

    「はらぺこあおむし」のエリック・カールと「14ひき」シリーズのいわむらかずおの作品が1冊の絵本の中で見られるという、1冊で2度おいしい(?)絵本です。

    英語と日本語という違う言語とはいえ、
    ストーリー展開・セリフはまったく同じなのに、作者によって
    こうも違った絵本になるんだ、とある種のショックを覚えました。

    片側から英語、片側から日本語のお話が進み、本の真ん中のページで
    両方が出会う・・・このラストシーンはちょっと感動ものです。

    2歳半の娘にも、英語に親しんでほしいなと思って読み聞かせましたが、娘は日本語の方が好んで聞いていました。

    掲載日:2009/02/23

    参考になりました
    感謝
    0

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


好評につき第2弾!23人の絵本作家からの手紙

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.68)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット