庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ぼたんの花とわかもの」 みんなの声

ぼたんの花とわかもの 作:川崎 大治
絵:村上 豊
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\880+税
発行日:1982年04月
ISBN:9784494016068
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
「ぼたんの花とわかもの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 余韻は満ちあふれているけれど、妖しくも不思議な物語です。
    若者を引寄せたぼたんの花の精は、いったい何をしたかったのでしょうか。
    命懸けで探し求めた香りの基にたどり着いた若者は、現れた花の精に、自分を折れと頼まれます。
    家に戻った若者と、花として側にいるためだったのでしょうか。
    感想もぼやけてしまいました。

    掲載日:2016/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議なお話でした

    川崎大治民話絵本とありました
    きれいな絵に惹かれて読んでみました

    花の好きな若者が山で良い香りに惹かれて どんどん山の中に入っていくのです
    その情景がきれいな絵と共に みごとに描かれています
    九死に一生のおもいで登った山の上には みごとな美しい花があったのです

    ぼたんの花 今ちょうどぼたんの季節です
    ぼたんの花はおおきくて存在感のある花です

    お話しの中にきれいな娘があらわれますが
    若い男は山で倒れているところを老人に助けられるのです
    家の前にぼたんの花が咲くようになったという 不思議なお話でした

    村上豊さんの絵がきれいで 不思議な世界に連れて行ってくれるようでした

    民話の世界にはいりました

    我が家のぼたんの花は毎年咲いてくれていたのですが今年は蕾がつかず残念な思いでした・・・
    このお話のぼたんを楽しませてもらえました

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット