だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

いろ」 みんなの声

いろ 作・絵:五味 太郎
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1981年
ISBN:9784871100090
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,544
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • いろいろないろの動物たち

    • おうさまさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳、

    五味太郎さんの絵の色と形のセンスが好きです。
    かわいい動物たちが、いろんな色で登場。
    なぜか、なぜかの連続。
    話もわかりやすいので、小さいこでも説明しなくても大丈夫。
    かわいさ、わかりやすさ、おもしろさ。子どもが好きになる一冊になると思います。

    掲載日:2012/05/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • タイトルからは想像しなかった展開。

    「なぜか こわれた おっこちたー!」
    のページでは、いつもなぜか、大爆笑。

    よくわからない展開だけど、
    なぜか「もう一回!」読みたくなるんだよね〜〜!


    さすが五味さん、にしか出せないストーリーと色使いです。
    みんなニヤニヤ笑顔になる絵本。

    掲載日:2013/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 豊かな発想

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    4歳と2歳の子供達に読みました。
    さすが五味太郎さん、発想が豊かです!
    読んだ時の驚きが半減すると思うので内容は書きませんが、リズム良く読めるので楽しいです。
    2歳の娘も暗記して一人で読んでいます。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図書館で借りて、手放さず、結局買った本

    うちの子は、この本の影響でゾウのことを「あおいぞう!」と呼びます。
    本文中では「赤いゾウ」なんですけどね。ごっちゃになってしまったみたい。


    この本の影響は偉大です。以下列挙します。
    ・赤、青、黒などの区別が完璧になった。
    ・片足立ちできるようになった。
    ・お風呂で「ドボン」遊びが好きになった。
    ・図書館で借りたのに、手放さず、結局購入する羽目になった。
    ・毎日毎日何度も何度も読む(読まされる)。
    ・ゾウを「青いゾウ」、ヒョウとか虎とかを「青いヒョウ」と呼ぶようになった。


    …なんか、あんまり好ましくないのもあるような気がしますが、この偉大な絵本にうちの息子ちゃんはかなり影響されているのは間違いありませんね。

    掲載日:2010/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 五味さん

    五味太郎さんの作品だったのでこの絵本を選びました。色の持つ不思議さと魅力を感じられる絵本でした。既成の色も素敵だけれど時には気分を変えて衣替えする事もとても価値ある事だと感じられる絵本でした。自分の思うようにメイクアップした時に見せる満足げな顔がとても良かったです。色って素晴らしいな!と思える絵本でした。

    掲載日:2009/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 変身

    「なぜか とつぜん 


        あかい ぞう!」


    でも抵抗感がなかったから不思議です。

    つづいて なぜか あおい 豹

    その時に「ええっ」って気が付いた私です。

    ワニさんの緑も違和感ないのに、黒いフラミンゴにまた「ええっ」の

    私です。変身するってお洒落しているみたいで、楽しいんだろうと

    思いました。自分を変えるのもいいかなって思いました。

    「気分を変えてもう一度。」

    そう、そう、自分探しをして楽しみたいと絵本に教えられました。

    掲載日:2009/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜか

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子12歳

    題名のとおり、色を体感できる作品です。
    「なぜか」で始まり、登場する動物達が、不思議な色なのです。
    赤いゾウや、緑のワニ・・・。
    さあ、その秘密は・・・?
    シンプルな絵に、リズミカルでいて的確な文章。
    絵本の醍醐味だなあ、としみじみ思います。
    ちゃあんとオチもあって、子ども達の表情が目に浮かびます。
    ラストのワニは何てお茶目!
    でも、この自由さがうらやましいですね。
    何となく、この感性、大人にもお薦めしたいです。

    掲載日:2008/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 着替えたかったのかな

    「なぜか」のくりかえしがおもしろいです。なんだか違う色の動物たちですが「なぜか」だから、納得できます。
    橋がこわれて、みんなが川に落ちた音がそれぞれちがうのが楽しいです。

    私が「どうして色をぬったんだろう」と子どもに聞いたら「動物たちは、いろんな服を着たかったんだよ」と言っていました。最後のページの水玉のワニ、こんなワニがいたら楽しいでしょうね。
    おもしろい発想が刺激になります。

    掲載日:2008/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供が毎日持ってきます

    どのページも鮮明なカラーでうちの子は赤のページ・青のページ・黄色のページが特に好きなようです。ただここまでの絵本なら他にもあると思いますがところどころ窓のようになっていてめくるとそこにはめくる前のものに関連したものが描かれていてそういうしかけがあるところも子供が楽しめる理由の一つだと思います。しかも親からみてもこれから言葉の意味がわかるようになり、字がよめるようになってから、英語がよめるようになってからも子供が見られる本だと思います。色を学ぶにもいい本だと思うし 長くつきあえるずっとたいせつにしたい絵本だと思います。

    掲載日:2004/07/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜかとつぜん、あかいぞう!

    なぜかとつぜん、あかいぞう!と始まります。何百回読んだか分かりません。五味太郎さんの作品は、その良質な日本語に定評がありますが、中でもこれは本当に、リズミカルで読みやすく、こどものお気に入りのひとつです。赤い象、青いひょう、緑のわに、黒いフラミンゴ、と、こどもの喜ぶ美しい色調で展開し、突然!橋がこわれて川に落ち・・・ああ、おもしろすぎて私ごときが書いてしまってはもったいない。続きが知りたい方は実物をご覧ください。百聞は一見にしかず。

    掲載日:2003/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット