貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぐりとぐらのうたうた12つき」 みんなの声

ぐりとぐらのうたうた12つき 作:なかがわ りえこ
絵:やまわき ゆりこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2003年10月
ISBN:9784834019407
評価スコア 4.4
評価ランキング 9,141
みんなの声 総数 47
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

47件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 特に575な訳でも、韻を踏んでいる訳でもないが

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    何となくリズミカルに読めるのは、ぐりとぐらの安定したキャラクターのお陰と思われます。この本をこのままカレンダーにしてしまえるくらいの安定した可愛さです。ぐりとぐらを囲む動物達もまた安定した可愛さです。つまりこの本は安定感だらけ。

    掲載日:2017/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズムにあわせて

    ぐりとぐら、久々に読みました。

    この話は、リズムにあわせてよむと楽しいです。

    その月にあわせて、絵も内容も変わります。

    それを見ながら読みました。

    12つき読み終わった最後のページの

    文面が一番気に入っています。

    掲載日:2016/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本の季節感を感じられる

    こちらは物語の絵本ではありません。
    テンポのよい詩?うた?が1月から12月の分まで載っています。まさに「これぞ日本の1年間」という感じで移り変わる季節感を楽しむ事ができます。

    北欧生まれ、北欧育ちの子供達にも少しでも感じてもらいたかったので、絵本を通じて伝えられるのがうれしいです。

    とにかく平和、ほのぼのと読めます。挿絵もとてもかわいいです。

    掲載日:2015/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 季節の楽しみ方を教わる

    • みそぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳

    ぐりとぐらの1年の過ごし方がとても素敵です。
    子供に1年間がどう過ぎていくのかを楽しく説明することができる
    楽しい1冊になっています。
    大人たちが楽しむ1年間のイベントが出てくるのではなく、
    月々を楽しく過ごしていくヒントがいっぱいの本です。
    うちの子はゆきだるまを作っている1月と、編み物をしている3月が
    お気に入りです。
    わたしは10月の過ごし方が1番好きかな。

    掲載日:2014/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    「ぐりとぐら」が好きなので手に取ってみました。
    ぐりとぐらの1年間の生活がつづられています。
    動物たちとも仲良しですが、やっぱりぐりとぐらはいつもいっしょなんですね。
    かわいい絵がたくさん見れて満足です。
    ほかのぐりとぐらシリーズも徐々に読んでいきたいです。

    掲載日:2014/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 季節ごとの楽しさ

    季節ごとにこんな楽しいことがあるんだよということを、教えてくれるような内容です。それと季節の移ろいを感じることができ、自然に目を向けるきっかけにもなりそうです。
    リズミカルな文で楽しい気分にさせてくれます。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 四季を感じる

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子11歳、女の子7歳

    言わずと知れた名作「ぐりとぐら」ですが、この本はあまり有名ではないかも・・・しかしながら、この本は、リズミカルな文章とおなじみの温かいイラストから、一年の四季を感じることができる素敵な絵本です。軽快なリズムにのって、四季めぐりしてみましょう!

    掲載日:2013/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 飾って、毎日楽しみたい絵本

    一番最初に感じたのが、部屋にカレンダーのように飾って、毎日楽しむというのが、ぴったりの絵本だと思いました。

    ストーリーがないので、普通に読み聞かせると飽きてしまうようです。リズム感のある文章なので、娘(5歳)は自分で歌いながら読んで、楽しんでいました。

    一方的に読むよりも、絵を見て一緒に「おあじみしてみよう!」とか、「海に行ったことある〜!」など会話をしながら読むと、楽しいです。

    ぐりとぐらのシリーズは大好きで、他の絵本もたくさん持っているので、ぐりとぐらが過ごす12つきをいろいろ想像しながら読むことができました。

    この絵本を見ながら、「私が生まれたときは、雪があったの?」とか「1年って365日なの?!」とか、月日に対しても興味を持つきっかけになってくれたので、良かったと思います。

    掲載日:2012/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 季節を感じる・・

    大好きな「ぐりとぐら」シリーズの中の1冊。
    1月〜12月まで、季節感を感じながら読めるのが、好きです。

    しかし、「ぐりとぐらの1ねんかん」にとってもよく似ている絵本なので、同じようなものをなぜ2冊も作ったのかな〜?「うたうた」とはどういう意味なのか・・・?と疑問に思いました。

    でも、リズミカルな文章が読みやすく、自分が生まれた月がくると、とっても嬉しそうに聞いていました。1年生の音読にもピッタリな絵本です。「〜1ねんかん」と見比べても面白いですよ!!

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵も素敵です☆

    • あこあこままさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子7歳、女の子5歳、女の子2歳

    娘が、クリスマス会で、プレゼントしていただいた本です。
    ぐりとぐらのシリーズは、絵が素敵で、好きですが、
    この本は、とても季節の違いの楽しさを感じさせられます。
    娘は、年中でしたが、気に入って、何度も自分で読んで、母の私にも読み聞かせてくれました。

    お兄ちゃんが、小学校に通い、音読の大切さがわかりました。
    この本は、娘にとって、自分で、本を読む楽しさを覚えた本だと思います。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0

47件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



クリスマス準備をお手伝い☆光るページつきの絵本!

みんなの声(47人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット