よるのわがしやさん よるのわがしやさん よるのわがしやさんの試し読みができます!
文: 穂高 順也 絵: 青山 友美  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
和菓子屋の5人(個?)の和菓子たちが、洋菓子屋をていさつに!?
しいら☆さん 50代・その他の方

和菓子と洋菓子の素敵な出逢い!
青野さんの絵だ! 全ページためしよみ…

ゆきだるまさんの公開ページ

ゆきだるまさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、男の子9歳

ゆきだるまさんの声

19件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 冬を楽しく過ごす工夫が詰まっています  掲載日:2013/2/15
14ひきのさむいふゆ
14ひきのさむいふゆ 作・絵: いわむら かずお
出版社: 童心社
外は雪が降りつづく寒い日に、
家の中で家族のみんなと過ごす時間が
とてもあたたかそうに描かれています。
そして、雪がやんだら外で思いっきり雪遊びをする様子も
なんと楽しそうなこと!
自然への興味をも掻き立ててくれます。
今回のもそうですが、14ひきシリーズを読んでいると、
子どもたちが家族とのつながりを感じながら、
安心して暮らせる毎日は
何より大事なことなんだなと改めて気付かされます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 電車の行きと帰り  掲載日:2013/2/11
でんしゃでいこう でんしゃでかえろう
でんしゃでいこう でんしゃでかえろう 作・絵: 間瀬 なおかた
出版社: ひさかたチャイルド
前からでも後ろからでも、
二通りで読めるところが面白いです。

走る場所によって電車の音が変わったり、
ページごとで乗客の様子が違ったり 、
暗いトンネルをくぐり抜ける度にがらりと景色が変わるので、
読んでいて飽きません。
電車での旅行気分が味わえます。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う わくわくする気持ちに共感できます  掲載日:2013/2/11
ふゆのあさ
ふゆのあさ 作・絵: 村上 康成
出版社: ひかりのくに
雪が降った朝はいつもと違ってとっても静か。もしかしたら雪かもと期待に胸を膨らませるしずちゃんに共感できます。
また、あたたかい家の中ではいつもと変わらず家族が賑やかにしてる様子が描かれているので、より雪の静けさと寒さが引き立っているような気がしました。
子どもにとったら雪が降るとワクワクするし、嬉しいものですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子どもの成長を感じます  掲載日:2013/2/6
はじめてのおつかい
はじめてのおつかい 作: 筒井 頼子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
みいちゃんが一人ではじめて体験するおつかい。
大きい声を出そうとしても小さな声しか出ない場面、緊張の糸が解れて涙がこぼれる場面など、私も子どもの頃そんなことがよくあったなと思い出しました。
子ども目線で描かれているので、息子も共感しているようでした。
表紙のみいちゃんの嬉しそうな笑顔を見てみると、勇気が沸いてきます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う こんなお昼寝がしたくなります  掲載日:2013/2/3
どこで おひるね しようかな
どこで おひるね しようかな 作: きしだ えりこ
絵: やまわき ゆりこ

出版社: 福音館書店
最初のページを開いた瞬間、「きょうのおべんとうなんだろな」のメンバーが登場しているのに気付き、続きがあったんだと嬉しくなりました。
みんなそれぞれがお気に入りの場所を探し、自然を肌で感じながらお昼寝する様子は、とても気持ちがよさそうです。
心が穏やかになる素敵な絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 雪遊びの楽しさ  掲載日:2013/2/3
このゆきだるまだーれ?
このゆきだるまだーれ? 作: 岸田 衿子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
そりに乗った動物たちが順々に転がり落ちていく時のリズミカルな音がそれぞれ違って楽しいです。そして、動物たちが雪だるまになった姿を当てっこする楽しさもあります。
雪が降ったら嬉しいな、雪遊びは楽しいなという子ども心が伝わってくる絵本だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 雪だるまを作ってみたくなる  掲載日:2013/2/3
ゆきだるまのあたま
ゆきだるまのあたま 作: 黒田かおる
絵: せな けいこ

出版社: 金の星社
この間、関東で大雪が降った時に雪だるまを作って以来、息子は雪だるまが大好きに。ちょうどよく図書館でこの絵本を見つけ、借りてきました。息子はすっかりお気に入りです。
お話の中では、ゆきだるまくんの気持ちが描かれているところが面白いと思いました。それと、絵が切り絵なので温かみを感じます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵が細かく丁寧に描かれている  掲載日:2013/2/3
あめのひのえんそく
あめのひのえんそく 作・絵: 間瀬 なおかた
出版社: ひさかたチャイルド
雨の中、遠足でバスに乗ってぶどう狩りに行きます。
ぶどう山に着くまでの間、いくつものトンネルを通り抜けますが、そのたびに景色が変わるので、ウキウキした遠足気分が味わえます。そして、最後の場面では、ぶどう山の美しい景色とあっと驚く仕掛けが待っています。読み終えた後は、気持ちも晴れ晴れするいい絵本だと思います。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 親父ギャグ満載の絵本  掲載日:2013/2/3
うそつきのつき
うそつきのつき 作: 内田 麟太郎
絵: 荒井 良二

出版社: 文溪堂
息子にはまだダジャレの意味が分からないようでした。
でも、「このおじさんは わらいません」の繰り返しや無表情のおじさんは面白いようでケラケラ笑っていました。迫力がある絵も笑いを誘いよいと思います。
もっと言葉遊びが楽しめるようになった頃、また再チャレンジしたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しいお弁当の時間  掲載日:2013/2/3
きょうのおべんとう なんだろな
きょうのおべんとう なんだろな 作: 岸田 衿子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
みんながお弁当の中身は何だろうとわくわくする気持ちがよく伝わってきて、楽しい気分にさせてくれます。
それぞれのお弁当にはちゃんと好きなものが入ってて、それを作ったと思われるお母さんの愛情が感じられます。
山脇さんの絵が可愛らしくて、ほのぼのします。
参考になりました。 0人

19件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

トビラの先に広がる奇妙な世界『ヒミツのトビラ』長田真作さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット