だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

メイシーちゃんのゆうえんち」 みんなの声

メイシーちゃんのゆうえんち 作・絵:ルーシー・カズンズ
訳:なぎ・ともこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784033214801
評価スコア 4.48
評価ランキング 7,099
みんなの声 総数 20
「メイシーちゃんのゆうえんち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • タルーラはどこへ?

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    タルーラといっしょに遊園地へ行くメイシー。
    楽しく遊んでいたのですが、途中でタルーラの姿が見えなくなってしまいます。
    ともだちのぞうのエディにも会ったり。
    遊園地はうちの子たちも大好きでよくリクエストされます。
    今のところはぐれたことはありませんが、好きなものを見つけると一人で行きかねないので注意が必要だなと思いました。
    タルーラも一言声かけてくれるといいのにね。

    掲載日:2016/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しさいっぱい!

    色彩鮮やかなイラストに可愛いメイシーちゃん。
    特に今回のこちらは「ゆうえんち」なので楽しさ倍増な気が!
    ストーリーもあったので幼稚園児でも楽しめそう!
    英語も書かれているメイシーちゃんの絵本は,長い期間読むことができとても重宝しますね!

    掲載日:2015/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • メイシーちゃんはおねえさん

    メイシーちゃんの方が、タルーラよりおねえさんなのでしょうか。
    娘がそう言うのです。「だからタルーラはちゃんとメイシーちゃんに
    着いていかなきゃいけないんだよ」と。確かに、メイシーちゃんの
    方が大きいし、しっかりしてそうな雰囲気はありますが。

    メイシーちゃんシリーズ、いつも思いますが、日本語と英語が
    同じページに書かれているので、「ああ、こんな言い方をするのか」
    とか「この訳者さんはこんな風に表現するのか」と、お勉強に
    なります。かんらんしゃはbig wheelって言うのですねえ。
    タイヤと同じですね。ぐるぐるまわるものはみんなそうなのかな?
    外国の遊園地に行って確かめてみたくなります。

    掲載日:2012/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 遊園地の楽しさがいっぱい

    何でもできちゃうメイシーは、娘が2歳の頃、アイドル的な存在でした。口を開けばメイシーの話が出てくるほど、メイシーの世界にどっぷりつかっていました。

    個人的には、仕掛け本よりシンプルなお話の本の方が好きで、仕掛けなしのお話の本はほとんど持っています。色使いがはっきりしていてかわいいです。

    この「ゆうえんち」では、長い滑り台にメリーゴーランドなど、子供たちの大好きな遊び物がたくさん出てきて、それだけでも楽しくなります。

    友達のタルーラとはぐれてしまうハプニングもありますが、観覧車に乗っているのを発見!最後は、大きなゾウのエディまで一緒に観覧車に乗ります。何でもありのメイシーの世界は本当に楽しいです。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 行きたい行きたい遊園地

    メイシーちゃんとタルーラが滑り台でWheeeeeeee!ってなったり、ぼんぼんとびのおしろでBoingBoing!ってなったり、メリーゴーランドでYippeeeeeeee!ってなったりしているところの英語の表現がとっても気に入ってます。英語独特な感じで面白いのかな!?

    掲載日:2011/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • たのしいゆうえんち♪

    メイシーちゃんシリーズは,
    色がはっきりしていて,とってもきれいですよね!!
    この絵本も,ゆうえんちのかわいいのりものが
    でてきたり,
    メイシーちゃん以外のキャラクターの
    なんとなく無表情な感じも,なんだか
    たまらないんですよ♪

    日本語と英語が両方楽しめるのも
    おすすめです♪

    掲載日:2011/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼぉん ぼぉん!

    うちの子が小さい頃、とても大好きだった1冊です。

    メイシーちゃんとタルーラが一緒に遊園地へ行き、
    いろんな遊具で楽しみます。

    ぐるぐるぐるぐるぅ〜!

    ぼぉん ぼぉん!

    といった、繰り返しの擬態語が使われているので、
    小さいお子さんでも、絵を見ながらその遊具の楽しさを
    イメージしやすいと思います。

    読み聞かせの時には、擬態語の部分を強調して読むと、
    すごく喜んでいました。

    ストーリー的には、タルーラが行方不明に!?
    ということもあったりして、少しだけドキドキさせられます。

    絵や色合いもかわいいですし、親子でお気に入りのシリーズです。

    掲載日:2011/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり迷子に?

    『メイシーちゃんのおいしゃさん』がすっかり気に入った息子と一緒に読みました。

    遊園地にやってきたメイシーちゃん、勢いよく遊び始めるので、これは迷子になるぞ〜と思っていたら、やっぱりタルーラちゃんがいなくなりました。

    でも、泣いてなんかいません。一人で観覧車に乗っていたのです。というわけで、皆で観覧車にのって楽しみました。こんな生活いいなあ。息子もただただ楽しいという様子で聞いていました。

    掲載日:2010/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 英語学習の初級編にもってこい

    3歳に入って、英語付き絵本は拒否してしまうようになってしまったのですが
    メイシーちゃんだけは読ませてくれるので選んでみました。
    タルーラがゆうえんちでいなくなってしまうお話。
    観覧車にいるのを見つけ、メイシーもあとから遅れて乗るので
    タルーラはもうすぐ下に着きそうなのに
    メイシーちゃんは頂上付近にいるんだよと説明してあげたら
    そのページがとても気に入ってしまいました。
    観覧車はまだ一度も乗ったことないから不思議なのかもしれません。
    (ママが好きではないので。)
    今度観覧車を見たらメイシーちゃんをおもいだすかもしれませんね。

    掲載日:2010/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • メイシー

    もう孫にとってはお馴染みなメイシーちゃんですから、絵本の表紙を

    見て「メイシー!」と言ってくれます。

    メイシーちゃんは、英語版、日本語版と併記されているので、英語版は

    パパの出番です。いつも英語版だから、日本語版はどうかな?って思い

    ましたが、「メイシー メイシー」って喜んでくれました。

    内容を理解よりか、コミニケーションが大切だから孫にとって戸惑うか

    もしれませんが、両方読んでいきたいと思っています。

    小さい子には勿論、英語版もあるので小学校高学年まで楽しめそうです

    色彩も鮮やかでとても絵に惹かれます。

    太い線に伝えたいことも大きく表現されていてわかりやすいのも魅力の

    一つです。

    掲載日:2009/11/06

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット