十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ジェインのもうふ」 みんなの声

ジェインのもうふ 作:アーサー・ミラー
絵:アル・パーカー
訳:厨川 圭子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1971年03月
ISBN:9784034042304
評価スコア 4.79
評価ランキング 380
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 瞬く間の日々

     娘は、ちょうど1年生。ジェインが「もーも」(毛布)を卒業したのと同じ歳です。
     1冊の本として、誕生から就学までの年月を追ってみると、本当にその間にはたくさんのことがあり、子どもは大きく大きく成長したんだなぁ、ということが実感として伝わってきます。
     瞬く間の日々・・・赤ちゃんのころのジェインを見ながら、娘もこんなに小さかったのかなあ、と不思議な気持ちさえしてきます。

     我が家にも、娘が生まれたときから、今日までずっと大事にいているピンクの掛け布団があります。長さ1メートルほどの小さな布団ですが、新生児のころには、娘の体の丸みでふくらんでいる部分はほんのわずかで、とてつもなく大きな布団をかぶせてあるように見えたことを今もはっきり覚えています。
     それが今では足を丸めても包みきれないくらい! でも、ソファの上でひざ掛けにしたり、ぬいぐるみに掛けてあげたりしています。

     この本を読んで、真っ先に「Jのおふとんも、いつかはぼろぼろになる?」と問いかけた娘の目から見る見るうちに涙が溢れ出し、「大きくなりたくない・・・」と、声を上げて泣きじゃくりました。
     多感な成長期の真っ只中にいる娘・・・長く伸びた脚をくるんと曲げて、久々に横抱きにしてあげました。
     
     大きくなるって、うれしくもあり、さみしくもあり・・・なんですね。そんな繊細な感情を大切に描き上げているこの作品がとても好きです。

    掲載日:2010/11/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 共感するところだらけ

    小1の息子は読んだだけ。別に普通。という感想でした。彼には幼い頃から大切にしていたものがないからかな。
    私は、物心つく前から大切にしていたぬいぐるみがあって、小学生になる頃にはボロボロの薄汚れたくまちゃんでした。もとは水色だったけど薄水色に茶が混ざったような色合いになっていました。その、大好きだったくまちゃんを思い出しました。
    だから、ジェインの気持ちは凄くわかるし、物自体がなくなっても覚えていればいつでも側にいるという言葉も素敵でした。久しく忘れていたくまちゃんと再会させてくれたこの本に感謝です。

    掲載日:2016/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなもうふ

    ジェインという女の子には、赤ちゃんのころから大好きなピンクでふんわりしているあったかい毛布があります。
    いつでもどこでも一緒の毛布。
    ミルクを飲むときもお昼ねをするときも遊ぶときもいつも一緒です。
    どんどん大きくなってくるジェインとともに、毛布もどんどんボロボロになっていきます。
    それでも「あたしのもーもがほしいのよー」と。
    どんどんちぎれてしまって、ちっぽけな毛布になりました。

    うちの娘もいつも昼寝で使っていた毛布があります。
    遊ぶときにもお人形にかけてあげたり、アンパンマンのマントにしたり。
    子供の時には毛布が落ち着くのでしょうか。
    いつの間にか使わなくなってしまった毛布。
    少しさびしい気もしますが、成長を感じます。

    とても暖かい絵本だな、と思いました。

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分で納得して

     うちの子も、ジェインほどではないのですが、短い間お気に入りのバスタオルがあったなと、ほほえましくなりました。
     ていねいに描かれた絵から、ジェインの気持ちがつたわってきます。ピンクの毛布は、どんなにボロボロになっても、大切な宝物なんですね。

     大好きな毛布を、自分で納得しててばなしたジェイン。よかったなと、ほっとしました。
     子どもの成長がよくわかる絵本、じっくり読みたいと思いました。

    掲載日:2014/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心の中に

    幼年童話に最適な文章とテーマだとおもいました。わかりやすいので読みやすいです。大切にしている毛布がピンク色なので読んでいてもどこにあるのか分かります。絵もとっても動きがあって素敵ですね。大好きなものは何歳になってもお気に入り、すこしづつ気持ちの整理がついてすこしづつ大人になっていくんだなと思いました。自分で自分の心を整理して決断するって簡単なようで難しい!一歩すすんだ子どもの成長を感じる本です。

    掲載日:2014/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 毛布を卒業する時

    赤ん坊のころにいつも一緒だった毛布は、ジェインには何よりも大切な心の宝物。
    なんだかよくわかります。
    自分が大きくなっても、ピンクの毛布がもたらす安心感はいつでも自分の支えだったのですね。
    自分が成長しただけ、毛布は小さくなり、傷んで、ぼろきれのようになります。
    毛布が鳥のために役立つことを理解して、毛布から卒業することにしたジェイン。
    いつの間にか忘れてしまったぬいぐるみたちと違って、毛布はジェインを立派に育ててくれました。

    掲載日:2013/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • さびしいけど、うれしい

    ジェインは自分が赤ちゃんのときから使用していた「ピンクのもうふ」だ代のお気に入り
    成長してもうふがぼろぼろになっても手放すことができません
    こんな思い、大人は忘れてしまったかもしれませんが、幼い頃経験した人はたくさんいるのではないでしょうか・・・
    お気に入りのタオルとか、今だに幼稚園に持ってくる子どももいます
    このお話は時間をジェインの成長に合わせてゆっくりゆっくり進んでいきます
    そこが少しずつ赤ちゃんから幼児へ、幼児から小学生へと自分を見つめる時間と重なります
    お気に入りのもうふが、すべてことりの「巣」になったときに「ちょっぴりさびしいけど・・・・・・うれしい」という表現がしっくり来ました
    小学校低学年からお勧めです

    掲載日:2012/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 共感

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    我が子も、この本の主人公のように赤ちゃんの頃使っていたタオルケットを肌身離さず持っていた時期がありました。新しい物よりも赤ちゃんの頃からの使い古した物の方が安心感があるにおいや肌触りがして好きだったので、とても共感してしまいました。主人公が成長していく様に感動しました。うちの子もすっかりあの頃のタオルケットとさよならしたけれど、とても懐かしく思います。

    掲載日:2012/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外な展開。

    昨日の夜、3人の子供たちに読み聞かせをしました。
    少し長めだったので、2日か3日に分けて読んであげようと思っていましたが、昨日一日で読んじゃいました^^
    我が家の3人はジェインの毛布のような存在のものはありませんでした。そういうものがある子、またはその親御さんが読むと
    もっともっと楽しめる本だろうなと思います。
    でもうちの末っ子はこれくらい絵が少ないとすぐに寝ちゃうんですが、
    昨日は最後まで聞いていてくれました。
    それがわたしはすごくうれしく思いました。
    小学生低学年なら自分で十分読めると思いますが、
    わたしは読み聞かせをお勧めします。

    掲載日:2011/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心の成長

    • クマトラさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子1歳

    子供の頃、なぜか手放せない物ってありました。
    ジェインのピンクのもーもの大切さ、分かる気がします。
    もーもを鳥の為に手放す決心に、ジェインの成長が見られます。
    ジェインの自然な振る舞いに、新たに慈しむ対象を見出した
    強さを感じました。

    掲載日:2010/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット