うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

わたしとあそんで」 みんなの声

わたしとあそんで 文・絵:マリー・ホール・エッツ
訳:与田 凖一
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1968年08月
ISBN:9784834001532
評価スコア 4.61
評価ランキング 2,977
みんなの声 総数 121
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

121件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 優しい気持ちにさせてくれる絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    マリー・ホール・エッツは、1895年アメリカ ウィスコンシン州生まれ。
    1984年没。
    1944年の作品で日本では1963年に訳された「もりのなか」で、つとに知られています。

    「もりのなか」は、モノクロームの世界でしたが、他の作品も一色を基調としたものが多く、今回の作品は、クリーム色が基調となっています。
    物語は、主人公の女の子が、原っぱに遊びに行くシーンから始まります。
    ばったがいたので遊ぼうと思ったのに、逃げてしまいます。
    次は、かえる、やはり逃げてしまいます。
    そんなやり取りの繰り返しが続きます。
    女の子は、仕方ないので池の辺の岩に腰掛けてじっとしていると、さっき逃げていった動物達が寄って来るのです。
    その時、女の子は、目で動物達を追い駆けます。
    決して動かず、目だけを動かしているのでなかなか気付かないかも知れませんが、その微妙な動きが秀逸。
    最後に、動物達と女の子が一緒の空間にいるのを見ると、何とも言えない穏やかな気持ちになることでしょう。

    追いかけると逃げるけれど、じっとしてると寄って来るという野生動物達の習性は、まさに真実。
    マリー・ホール・エッツの幼少期に動物達と親しんだ実体験が、この作品の原点なので、なおさら真実味を帯びて語りかけていきます。
    優しい絵に加え、後ろから覗いている太陽も良い味を醸し出していて、安心して読み聞かせできる古典的作品としてオススメします。

    掲載日:2011/08/01

    参考になりました
    感謝
    4
  • お日さまに見守られて、

    読んでいて、とても温かな気持ちになれる一冊です。
    女の子のひっそりとした息遣いまでもが、伝わってくるよう。

    私には、女の子をずっと見守っている、お日さまの姿が印象的でした。
    いつも穏やかな顔で見つめるその姿には、揺ぎ無いママの愛のようなものを感じさせられもします。
    この絵本中、女の子のママは一度も登場してきませんが、
    女の子の結った髪、結んだリボン、お手製のようにも思われる被り着。
    これらには、この子のママの存在を感じずにはいられません。
    (そんなママの愛に支えられてこそ、この子は「あそびましょ」と、好奇心旺盛に、自由に、のびのびとしていられるのではないかしら)と、そう考え楽しんでいます。
    同時に、見守るお日さまは、まるで、そんな女の子のママの投影であるような気もして。
    そんな風に考えるようになってから、私にはこの本が、たくさんの愛が詰まった一冊でもあるように感じられました。

    最後の、まるで溢れ出したような女の子の声や笑みには、
    思わず目の奥をアツくさせられるようなものを感じます。
    こちらまで幸せな、喜びいっぱいな気持ちになりました。

    掲載日:2012/01/12

    参考になりました
    感謝
    2
  • 女の子の目の動きだけで、理解できる絵

     クリーム色をベースにして、色がついているのは、主人公の女の子と太陽と出てくる生き物たちだけ。
     けれど、大きな動きから小さな動きまで良く伝わってくる絵です。
     朝日が昇って、真上に来るまでの時間、女の子が近くの森の入り口(でしょうか?)に遊びにやって来て…。

     この年頃のこどもたちは毎日が新しい発見の連続で、ワクワク感いっぱいに過ごしている時期でしょうね。
     おそらくこの子も朝食をとっている時間も惜しげに、外にかけだしてきたように見えます。
     
     出会った生き物たちみんなに逃げられた後、石に腰掛けみずすましを見ているシーンの女の子の表情が特に可愛らしいです。
     そして、次ページからの女の子の目の動きだけで、ストーリーの展開が理解できる絵に感動です。
     また、文が、女の子の語り口調で、この子の気持ちをストレートに文字にしているところが、こどもたちにも共感を呼ぶのではないでしょうか。
     「小鹿は、初めてなのに怖がらなかったね〜。」と息子。
     小鹿には、女の子がただいっしょに遊びたいだけって、わかっていたんでしょうね。

    掲載日:2009/10/08

    参考になりました
    感謝
    2
  • こころがふんわかします!

    この本は,長女と次女のあいだで、もう何度よんだか分かりません。エッツさんの絵もさるところながら、すこしづつ女の子が動物たちとの心の距離を縮めていくところなど、本当に心が温かくなります。そして、ついに。この少女が動物たちとスキンシップまで持つようになるラストシーンでは。子供たちは,笑顔いっぱい、動物が愛情表現にぺろぺろとなめてくる様子をまねてとても楽しいそうです。ぜひお進めいたします。

    掲載日:2011/09/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • みんな寄ってきてくれたよ

    この絵本の絵は、あまり派手ではなく、落ち着いた色合いで描かれています。色々な動物が順番に出てきて、主人公の女の子が「遊びましょ」というのですが、どんどん逃げられてしまいます。
    でも静かに座っていると、次々とさっき逃げられた動物たちが戻ってきて…最後にはみんな戻ってきて、寂しそうだった女の子の表情が笑顔になります。
    この絵本は私が小さい時にも読んでもらった絵本で、とても懐かしかったです。

    掲載日:2010/05/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 読み聞かせにぴったり、絵本の世界と一体に。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    日曜学校の読み聞かせで娘に読んでいただいた一冊です。

    ちょうど5歳の娘くらいの女の子が主人公。
    池のはたに腰掛けて、いろんな動物とお友達になってあそぼうとするも
    うまくいきません。

    カエルさんに、カメさんに、リスさん、ウサギさんもみーんな逃げてしまい、
    悲しい女の子。

    でも一人で悲しく座っていると、
    逃げて行ったお友達がどんどん集合します。

    女の子が怖かったんだね!
    静かになったから、みんな近づいてきたんだね!
    動物さんが逃げていかないように、そーっとね!
    と、あたかも絵本の女の子と動物たちが側にいるかのように、
    小さい声でコソコソとお話をしながら、息をひそめながら
    みんなと一緒に読めた一冊、とっても楽しかったです!

    中には大きい声を出す男の子がいて、
    「そんなに大きい声出したらまたみんな逃げちゃうよ!」と注意(笑)。

    読み手のこちらも、思わず息をつめて見守ってしまうような、
    聴衆も絵本と一体になれる、そんな素敵な絵本です!

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもも安心して絵本の中に入って行けそう

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    よくおすすめされていますが、
    中の絵があまり好みではなかったので、躊躇していましたが、
    今回読んでみて、もっと早く読んでおけばよかったと思いました。

    驚くような展開はないけれど、
    静かに優しく進むストーリで、
    子どもも安心して絵本の中に入って行けそうです。

    ぐいぐいいってしまうよりも、
    静かに待つってことも時には大切なんですよね。

    これって、子育てにも言えるのかも。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • やわらかい色の絵に、おだやかな物語。そして、ラストは女の子の言葉に、読んでるこちらも幸せな気分になります。
    小さな子どもから読める言葉でかたられる物語は、自然と、野生動物たちとのかかわりかたにも目がむくのでは。
    今の季節にぴったりの絵本だと思います。

    掲載日:2016/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんな本なのかなと思い読みました。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    小さい子供って、道端で昼寝している猫や、散歩している犬を見ると尻尾を引っ張ってしまったりしますよね。そういった行動で動物に嫌われてしまう。そういった余計な行動を取らない方が遊んで貰えるよ、という事を教えてくれる本でした。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然との戯れ方

    エッツのもりのなかが好きな息子に。
    ちょうど毎日虫とりをしているせいか
    入りこんでいました。
    虫、カメ、りす、とり、、、
    つかまえようとしたり自分から行こうとすると
    みんな逃げていってしまうのだけど
    なんにもしなかったらよってくる
    押してもだめなら引いてみなの理論
    優しい白とベージュベースのイラストに
    動物と女の子にだけほのかに色がついていて
    モノトーンだった「もりのなか」とはまた違った
    エッツの魅力が溢れていました。
    子供にとっては、すごく凝視したくなる絵のようで
    今回もじーっと食い入るように眺めていました。
    エッツの作品は深い題材をものすごく
    分かりやすく表現してくれていて、
    大人が見ていてもいろいろな事に思いを馳せる事が
    出来て好きです。

    掲載日:2015/07/25

    参考になりました
    感謝
    0

121件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット