ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

いまいましい石」 みんなの声

いまいましい石 作・絵:クリス・ヴァン・オールズバーグ
訳:村上 春樹
出版社:河出書房新社
本体価格:\1,650+税
発行日:2003年11月
ISBN:9784309267005
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,185
みんなの声 総数 16
「いまいましい石」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  •  オールズバーグさんの色彩豊かなパステル画です。
     彼の用いる色は、現実の世界のものとは異なる妖気を帯びた不可思議なものが多いと思います。
     ストーリーが現実から逸脱した世界へと誘われるものなので、思わずその色彩の異様さをこちらが受け入れてしまいます。

     この作品も、特殊な体験をしたリタ・アン号の船長ランドール・イーサンの航海日誌からの抜粋というスタイルでお話が進み、しっかりのめり込み読みました。

     航海の途中、海図上には認められない島に船員と共に上陸し、不可思議な石を船へ持ち帰った。
     ここまで、登場人物たちの正面からのアップの描写は一つもなく、奇行が目立ち始めた船員すら表紙絵で観るとおり、背後からの描写です。

     そして、前部ハッチの中の船員たちの並んだページで、始めて灯かりが差され、表情の読み取れる描写になっています。
     このときの不気味さといったら、表現しようがありません。

     静かで淡々とした日誌の文章が、一層このお話のミステリアスさを増幅させてくれます。

     ラストの一文に、ニヤリとできるのはやはり高学年でしょうか。
     
     大人もどっぷりと、この異様な世界に浸かってみるのも絵本を楽しむ醍醐味かもしれません。

    掲載日:2010/11/02

    参考になりました
    感謝
    2
  • 映画のような物語

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    同じ作者では映画にもなった「急行北極号」で光の幻想に感動した記憶があります
    こちらの作品は航海日誌を読んで回想しながらお話が進んでいくものですが、絵本と言うよりも、1本の映画でも見ているような深さを感じます
    かなり想像力もいるのでは・・・?
    そうすると幼児には難しいですね…小学校低学年でやっとかな・・・
    少し怖さが残る形で終わるので、後を引く感じです
    絵が上手くて、一つ一つに動きがあり、見いてしまいました

    掲載日:2010/10/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 底知れぬ恐怖が感じられる作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    クリス・ヴァン・オールズバーグは、1981年の「ジュマンジ」、1985年の「急行 北極号」、2002年の「ザ・スーラ」と3度のコールデコット賞の受賞という金字塔を打ち立てています。
    しかも、その3作とも映画化されているというオマケつき。
    今回の作品は、1991年の初版で邦訳は2003年。

    物語は、航海日誌からの抜粋という形で進んでいきます。
    この手法は、難破した宇宙船の航海日誌だけが残されていて、それを再現するという類の映画で良く目にしたもの。
    絵の中に船長の航海日誌の文章だけがあって、最初から何とも言えない雰囲気を醸し出しています。
    海図に無い島に上陸して、持ち帰ったのが不思議な石。
    その石の絵はないものの、表面から光を発しているとの記述があって、ここから物語は大きく展開します。
    船での出来事は、航海日誌から窺い知ることが出来、最後はハッピーエンドとなるのですが、底知れぬ恐怖が感じられる絵本です。

    久しぶりに読んだオールズバーグの作品でしたが、絵の上手さ以上に、文章の構成の凄みを感じずにはいられませんでした。
    読み聞かせではなく、自分で読むことのできる小学生以上が対象となりますが、怖がりにはオススメ出来ないかも知れません。

    掲載日:2010/10/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • オールズバーグならではの作品です

    航海日記に描かれた不気味な出来事。
    淡々とした文章とさりげない絵で通していることが、かえって話の不気味さを強調しているように感じました。
    Wretchedをいまいましいと訳したこともなにかあるかもしれません。

    航海していて、立ち寄った地図にない島。
    土産代りに船に持ち込んだのが「不幸を呼ぶ石」。
    放射能のような石の発するエネルギーで猿になってしまった船員たち。
    14枚の光景の中に、とんでもない物語を凝縮してしまったのは見事だと思いました。
    余韻を残したハッピーエンドですが、怖いまま終わっていたらちょっと子どもには薦められないかも。

    掲載日:2010/08/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 不気味

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    航海日誌のスタイルで綴られた絵本です。
    光を放つ石を手に入れたことをきっかけに、船員たちに変化が起こります。

    淡々と綴られる日誌が、かえって不気味さを増幅しているような気がします。
    みんなが元に戻っても、何だかスッキリしない後味の悪さがあるのは、結局その石が何だったのか分からないからでしょうか。

    人間の姿を変えてしまういまいましい石ですが、石からしてみれば自分の居場所から勝手に連れ出されて、いまいましい人間だと思ったかもしれませんね。

    掲載日:2009/04/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 高学年の男の子にどうぞ

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    学校での読み聞かせで、高学年の男の子に喜んでもらえる絵本を選ぶのが大変ですが、
    オールズバーグ作品は、どれもよさそうです。

    この絵本は、本当に怖い!
    SFの小説のようです。村上さんの訳も素晴らしい。
    「アンネの日記」と同じように、船長の日誌が綴られていて、感情があまり書かれていないので、
    その恐怖がより伝わってきます。
     
    石が描かれていないところも、本当に不気味で恐ろしさが増します。
    それを見つめる船員たちの表情といい、後に長く伸びた影といいぞっとします。

    でも、最後の日誌の最後の文章で、ちょっと救われます。
    怖いだけではないところがいいです。

    掲載日:2008/02/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • どんな石だったのだろう

    • たれ耳ウサギさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子17歳、女の子14歳、女の子12歳

    リタ・アン号の船長の航海日誌に綴られた世にも奇妙な物語。
    地図にのっていない小さな島で拾った石には、不思議な力が備わっていて、船員たちに奇妙な変化が表れる。

    航海日誌は、順風と晴れ上がった空…からはじまるのですが、船長の冷静な語り口がじわじわと迫り来る不気味さを引き立てます。
    そしてオールスバーグの独特の、一件落着に見えて実は背中が薄ら寒くなる終わり方で今回も物語は幕をとじます。

    挿絵の印象が「西風号の遭難」と重なります。
    楽しそうにしている場面でも、何か重い空気があり、日の光の中の絵ですら、暗い影を感じます。

    それにしても題名にもなっている「石」。描かれていませんから…

    どこをとってもまさにオールスバーグの作品。

    掲載日:2007/12/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 不思議な石

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子11歳

    船長の航海日誌スタイルのお話。
    順調な航海中立ち寄った無人島から持ち帰った不思議な石。
    そのために乗組員が・・・。
    最後まで絵では描かれない不思議な石が、不気味な存在感です。
    ラストはお得意のオチも。
    題名を読んだ時、コナン・ドイルの『黒い石の秘密』
    (マリーセレスト号が無人で発見された事件を推理創作)
    を思い出してしまったのですが、
    それにも似たスリル感を味わいました。
    あの出来事は一体・・・と後を引く読後感でした。

    掲載日:2007/10/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 想像するたびに・・・

    読み進めながら想像するたびに、ドキッ!と言うのか
    ここに潜む得体の知れないなにかに取り憑かれていくような気がしてきて
    怖くなってきます。
    タイトルにある「いまいましい石」の正体も何なのか?
    それが挿絵として登場してこない分、さらに恐怖心をかき立てます。

    また、船長が書かれた日記がその雰囲気を一気に盛り上げていて
    船員達の姿が変わってしまったところも、言いしれぬ不安感を感じます。
    オールズバーグの作品にはいつも何か底知れぬ何かを感じますが、
    こちらの作品も読後にそれを感じながらも、
    なぜか再度読んでしまう雰囲気も不思議なところですね。

    掲載日:2007/05/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 元に戻れてホッとしました。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    全編フルカラーで、明るく、はっきりとした絵本でした。
    文章はだれかの航海日誌風になっていて、大人が書いているので、漢字が多く(ルビはふってあります)、言葉もやや難しめになっているので、以外と読み聞かせに使ったり、大人が読んであげて、子どもたちには絵に集中してもらった方が、楽しめるかもしれません。

    重大な危機というのが、こんな事態だとは!全くオールズバーグの発想の奇想天外さには毎回驚かされます。
    最後は(まだ完全とは言えないまでも)“彼ら”が元に戻れてホッとしました。
    小学校高学年くらいから中・高生にお薦めします。

    掲載日:2011/12/01

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット