大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

おおきなかぶ」 みんなの声

おおきなかぶ 作:トルストイ
絵:ニーアム・シャーキー
訳:中井 貴惠
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1999年
ISBN:9784893091819
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,476
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ニーアム・シャーキー風

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子9歳、女の子4歳

    1999年に英国の新人絵本作家に贈られるマザーグース賞を受賞したアイルランドの作家です。
    しかも、この邦訳が中井貴惠で(訳したからこうなったのか)、今までにない「おおきなかぶ」で、面白かったです。
    原作とちょっと違うのは、おじいさんおばあさんが連れてくるのが、孫娘や飼い犬、飼い猫などではなくて、自分達のかっている家畜(牛やブタ)たちなのです。
    しかも、牛が1匹とか、ブタが2匹とか、出てくる動物のかぶが、1匹づつ増えてくるところも、「この作者、できる」って、感じでした。
    最後の最後に手伝うのはなぜか、やっぱりねずみで、彼は1匹なのです。(ここのところを作者に聞いてみたいなぁ)

    かぶが抜けた時の擬音も、実に個性的で面白かったですね。
    『ばひょ〜んんん!』ですって。
    イラストもかわいくって、楽しいです。
    ぜひ、この一風変わった「おおきなかぶ」御覧ください。

    掲載日:2004/07/11

    参考になりました
    感謝
    2
  • 私には受け入れがたかったです

    「おおきなかぶ」を読み比べてみるということで読んでみました。

    福音館書店の内田さんのものが私の中では定番になっているのですが、読んでみて出てくる登場人物も違うし、絵の感じも違うので、昔話を元に作り直したのかと思ったほどでした。

    内田さんのものもトルストイの昔話を元にしているようですし、この作品も元の話はトルストイとあるので、同じ話を元にしながらこんなに作品が違ってしまうんですね。

    牛が出てくる時点で抜けてしまいそうな気もするんですけどね。力がありそうですから。「ばひょ〜んんん!」というのが私には受け入れがたかったです。絵もポップで今時な感じがしました。

    福音館書店の「おおきなかぶ」が一番好きなので、至るところ私には受け入れがたかったです。

    裏表紙を見て納得できました。「斬新なイラストレーションと中井貴恵の楽しい訳でまったく新しく生まれかわりました」とありました。だから定番のものとは全く別物と見てもよさそうですね。

    掲載日:2010/03/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • みんなで協力して

    このお話は、おじいさんとおばあさんが植えて育てた大きなカブをみんなで一生懸命抜くお話でした。たくさんの動物たちが協力しても抜けなかったのに、最後に小さなネズミが一匹加わったところで無事に抜くことができていました。うちの子はネズミは意外に力があるんだと、意外性に驚いていました。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数遊びも

    「おおきなかぶ」のお話は、佐藤忠良さんがイラストを描き、内田莉莎子さんが翻訳をしたバージョンが有名で、我が家の子供達も小さい頃からそちらの絵本を読んで親しんできました。
    同じお話も違う絵、違う訳で読むと、味わいも変わって楽しいですが、こちらは斬新な絵がよかったです。
    また、登場する動物たちが1匹ずつ増えていく数遊びの要素もあるのもワクワクします。今、何匹?なんてクイズにしながら読み進めるのも楽しいかもしれません。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 先日 おおきなかぶの大型絵本を3歳児の子供たちに読みました
    「うんとこしょ どっこいしょ」子供たちは一緒にかけ声して応援してくれました

    同じ トルストイのロシア民話(こんなお話にもなるのですね)

    ニーアム・シャーキーの絵が楽しく 登場する家畜たちが うし・ブタ2匹・3びきの クロネコ・・・・・と算数で足し算しながら おおきなかぶをぬくのです。
    最後に登場したのははらぺこネズミ そこでやっと抜けるのですが
    「ばひょ〜んんん!」
    こんなおもしろい言葉が印象的でした(翻訳は女優の中井貴恵さん)
    こんな風になるんだ
    みんなのちからで、おおきなかぶがぬけるというのは同じですが
    お話もおもしろく 算数の足し算しながら楽しめると思いました

    絵が見事です(1999年にマザーグース賞を受賞しているのですね)

    読み聞かせには少し長いかな〜 繰り返しのおもしろさはあります
     
    素話なら 言葉のおもしろさを楽しめそうです

    興味のある方は是非読んでみてください

    掲載日:2011/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 中井貴恵

    ロシア民話名作「おおきなかぶ」は、いつも読んでいるのとは違い、絵がニーアム・シャーキーで翻訳が女優の中井貴恵さんだった読んでみたくなって選びました。「それっ うんとこしょ! あ どっこいしょ!」の繰り返しが面白かったです!呼んでくるメンバーもいつもと違い新鮮な感じを受けました。かぶがぬけるときが、「ばひょ〜んんん!」には、びっくりでした。なんだか、「ばひょ〜んんん!」が気にいってしまった私でした。孫には、少し長い文なので、もう少し後になってから読んであげようと思っています。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み比べもいいな

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    教科書にのっていた「おおきなかぶ」とは、雰囲気のまったくちがった絵本。かぶがオレンジ色をしているところからちがうなあ。たしか、読んだことあるほうは、白だったような気がします。
    おじいさん、おばあさん、でてくる家畜たちが、ほんわか優しい気持ちになれるかわいさです。かぶをひっぱってるたいへんさよりも、みんなで引き抜こうとする楽しさのほうがいっぱい伝わってくるところがいいですね。
    つれてくる家畜たちの数がどんどん増えていくのを数えるのも楽しいし、最後の小さなねずみが登場して、そのおかげでかぶが引き抜かれるというところもおもしろい!みんなで大笑いをしたり、かぶのシチューを食べたりと、幸せたっぷりな結末に、こちらまでハッピーになれました。
    また、以前に読んだ「おおきなかぶ」と読み比べをすると、それぞれのよさがわかっていいかもしれないなあと思いました。

    掲載日:2011/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • うーん…

    福音館書店の「おおきなかぶ」が好きな娘。
    図書館の予約サイトで取り寄せをしたのですが、間違ってこちらを予約してしまいました。

    私が先に読んでみたのですが、原作は同じトルストイなのに、出てくる動物が違うんですね。「うし」が出てきたのにはびっくりしました。

    もう少し大きなお子さんなら、楽しめるお話かもしれませんが、まだ3歳の娘には早そうなので読み聞かせはしませんでした。
    多分、「おじいさんはおばあさんを呼んで来るよね〜ワクワク!」「次はネコさん!私、知ってるよ〜ドキドキ!!」といった感じで絵本を楽しんでいる娘を混乱させそうな気がしました。

    私も福音館書店のベーシックな「おおきなかぶ」の方が好みです。

    掲載日:2010/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい!

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    福音館の「おおきなかぶ」は言わずと知れた名作ですが、こちらの一風変わった「おおきなかぶ」も楽しいですよ〜。
    まず絵がおしゃれで楽しい。
    そして出てくる動物たちがバラエティーに飛んでいる。6羽の黄色いカナリア、5羽の白いガチョウ、4羽のまだら模様のメンドリ、3匹のクロネコといった具合。
    さらに抜いたかぶをどうしたか、までちゃんとフォローされているんです。
    みんなで力いっぱい引っ張るときの掛け声は、「それっ うんとこしょ! あ どっこいしょ!」で、短い合いの手が入るだけで俄然のりのりになってしまいます。
    ちょっと繰り返しが長いですが、楽しいですのでぜひ読んでみてください。

    掲載日:2010/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 牛が手伝うの?

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    何度も何度も今までに、幼稚園や小学校でお読み継がれてきた「おおきなかぶ」もこんなバージョンがあるんですね
    中井貴恵さんの訳というのも興味がありますが、イラストもメルヘンチックで味があります
    一番最初に家畜を含めた家族構成を紹介しているので、応援体制も予測がついて楽しかったかも
    最後の勝利の一因がおなかをすかせたネズミで、おいしいカブのシチューにありつけて子供たちもほっとしたようです

    掲載日:2009/03/06

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット