ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

くるくるくるよおすしがくるよ」 みんなの声

くるくるくるよおすしがくるよ 作:川北 亮司
絵:山村 浩二
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年03月25日
ISBN:9784893095169
評価スコア 3.92
評価ランキング 28,600
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 家族で回転寿司

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    家族で回転寿司へ。
    くるくるいろいろきて楽しいですね。
    頼むものによって、いろいろアクションがあって愉快です。
    頼んだ人も関係しているのかな?子供の注文は塾通いだとか母親の注文は十歳若くなるんだもんとか(笑)。

    掲載日:2016/10/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • くるくるくるよ♪おもしろお寿司!

    テンポよく「くるくるくるよ」と楽しく読み聞かせできました。

    とにかく普通のお寿司じゃない!楽しいお寿司が歌遊びで登場します。

    お父さんが注文した◆かっぱまき◆息子が一番気に入っています。

    カッパ巻き=カッパ

    歯が強調されているカッパの登場とそのカッパの歯が入れ歯だったのがすごく面白いみたいで…何度も見返しています。

    ゴリラまで登場しますよ!え〜ゴリラもお寿司なん??って息子は本当にゴリラも食べれるんだと勘違いしちゃってるみたいでした。

    家族で回転寿司に行ったら必ずこの作品を思い出してしまうくらい楽しい内容でした。

    掲載日:2012/12/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 何気なく読んだのに・・

    図書館でたまたま発見しました。

    お寿司は最近好きだし、ちょっと読んでみるか・・・と

    そのくらいの気持ちで読んでみました。

    最初にネタがズラーっとならんで名前が載っています。

    まだまだ知ってるネタは少ないですが、この機会に

    ちょっといろいろ教えてみました。

    家族がそれぞれ好きなものを注文しますが、

    その注文したあとに、なぜがお寿司の世界に行ってしまいます。

    文章もことばあそびみたいになっていました。

    なので絵を見ながら、ちょっとリズムをつけて読んでみたりして

    かなり盛り上がる絵本でした。

    もちろん、この家族たちもその世界に入り込むので

    いろんな格好に早変わり!

    寿司屋にはみるからに頑固な顔した大将と、若めのおにいさん。

    なぜか最後にトーストを二人でかじっています。

    あれ?寿司屋なのに?最後までじっくり楽しめます。

    掲載日:2012/12/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 思わずノッて注文よ

    言葉のリズムがとってもよくて。
    読んでいるうちに影響を受けてしまいそうです。
    どうしよう?今度回転寿しに行った時に、ノッて
    注文してしまったら。

    ・・でも流れてくるお寿司には、静かに黙っていて
    ほしいなと思います(笑)。おいしそうにみえない
    から(笑)。もちろんゴリラは論外!

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • テンポがいい!

    5歳次女に読みました。タイトルからテンポがいいのですが、中を読むともっとテンポが良くて、噛まないように読むのが大変でした(笑)回転寿司のお寿司にスポットを当てるなんてなかなか新鮮でした。お寿司たちもちゃんと生きていていろんなことをしていて(笑)サーモンママが出てくるページには、「お風呂上りのママだね」なんて言われてしまいました…・とっても楽しい絵本です。

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 擬人化されたおすしの言葉あそび絵本

    図書館から借りてきて、4歳の娘と読みました。

    注文したお寿司がリズミカルな文章とともにやってくるお話です。
    「お話」というよりは「言葉あそび」の本です。
    擬人化されたお寿司が、さまざまな顔を見せてくれて楽しめました。

    4歳の娘はゴリラの登場に
    「えぇっ?!(^o^)♪」と喜んでいましたが、
    全体的にちょっとわかりにくいというか、
    どちらかといえば大人向けのような気がしました。

    どこかで見たことのある絵だな〜と思っていたのですが、
    『くだものだもの』『おやおや、おやさい』の絵の方だったんですね。

    読んだ後に、「今度おすし食べにいこうね」と娘が言っていました。

    掲載日:2013/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • お寿司ダジャレ

    このお話はお寿司を注文すると、そのお寿司が変わった感じで登場して来て、しかも駄洒落的なストーリーだったので、子供は終始大笑いで見ていました!!読んでいる方も思わず笑ってしまう、そんな感じの絵本だったと思います。

    掲載日:2013/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • この『ネタ』は・・・

    美味しそうなお寿司の数々・・・。
    くるくるくるくる・・・リズムもいいです♪
    それぞれのネタに合ったことば遊び。
    なるほど、ネタのイメージをうまく表現してます。
    しかし、娘には、少しわかりにくかったようです。
    大人ウケする『ネタ』かもしれないですね。

    掲載日:2013/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少し大人向けかな

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子15歳

    回転寿司という題材、言葉遊びのリズミカルな展開、と
    子どもが喜びそうなのですが、どちらかというと、大人の方よりに
    仕上がっているかな、という印象でした。
    デフォルメも確かに面白いのですが、
    小さいお子さんには少し難しいレベルのような気がします。
    特売のシーンとか、気持ちはわかりますが・・・。
    でも、回転寿司のワクワク感は十分伝わってきました。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • くるよくるよ♪

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子3歳

    回転寿司大好きな息子たちと楽しく読みました。
    これは楽しい!リズミカルば文章が、頭から離れません。親子で笑いながら読みました。親子で読みながらみんな笑顔になれる絵本ってやっぱりいいですよね!

    川北さんのナンセンスなストーリーはこびと、山村さんの描く、味のあるお寿司たち、どれをとっても最高です。絶妙ですね。

    普段あまり絵本を読まない人には、ちょっと理解できないタイプかもしれませんが(笑)絵本が好きな人にはウケると思います!

    掲載日:2011/08/02

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(11人)

絵本の評価(3.92)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット