なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ひなそらとうやさん 30代・ママ

子どもが大好きな世界
なぞなぞも、オオカミも、子どもが大好き…

じっちょりんのあるくみち」 みんなの声

じっちょりんのあるくみち 作:かとう あじゅ
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年05月
ISBN:9784894237285
評価スコア 4.83
評価ランキング 129
みんなの声 総数 58
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

58件見つかりました

  • すばらしすぎる

    • 巨峰さん
    • 40代
    • その他の方
    • 愛媛県

    月刊誌として配本された時から注目していました。
    単行本化に際し、あの片山健さんが帯にコメントを寄せたことも納得の一冊です。

    これほどに感性溢れる絵本を、しばらく見ていなかった気がします。
    段差解消スロープの裏でじっちょりんが種を蒔くシーンは、思わず
    ため息が出るほど素晴らしい(という言葉でも表せない)。
    人間にとってはわずかな距離でも、じっちょりんにとっては大冒険、そんな
    彼らの旅路を、最後の俯瞰図で辿りなおす愛おしさ。

    この絵本と出会って以来、道端の「ど根性雑草」を見るたびに、じっちょりんが
    種を蒔いたのかな?と空想せずにはいられません。
    注目新人のデビュー作です。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • じっちょりんの目線で

     「じっちょりん」や「わっはっはようちえん」など、楽しいネーミングですね。じっちょりん、て何だろう、と子どもと話しました。

     うちの近所も、ほとんど舗装されているので、草花をみつけることはできないと思っていました。でも、じっちょりんの目線で見たら、こんなにいろんな種類の草花があるんですね。
     舗装された町は、きれいで安全だけど、、、。小さな草花がのびのびと咲いている町もいいなと思いました。

     色鉛筆のタッチがやさしくて、お話にぴったりでした。
     続編を期待します。

    掲載日:2011/05/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • たくましい&素敵なじっちょりん♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    「じっちょりん」???

    「全ページ試し読み」で楽しみました!!
    これは実物も是非見てみたい
    デビュー作とのこと
    とても思い入れいっぱいに、丁寧に作られているように
    感じます

    名もない野の花は
    子どもにとっては身近です
    お花屋さんで売ってない
    いっぱい摘んで遊んでも平気

    保育園の子は結構名前を知っていました
    代々散歩で先輩に教えられますから

    そんな自分の体験と
    この絵本とで、更に楽しめそうです

    小人や妖精とも違うけど
    じっちょりんの目の高さで遊べますよね
    どんぐりの殻斗(かくと・どんぐりの帽子です)の利用
    生活感のあるゴミ?やら
    人間が入れない、隅々にまで・・・
    光の当たる所・・・とか
    ファミリーキャンプしてるみたい

    現実世界では、草取りに苦労しているおばさんですが
    実はじっちょりんが植えてくれてるのかな・・・と
    思うことにして(^^ゞ
    読後、とってもやさしい気持ちになりました♪

    掲載日:2011/05/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • お散歩が楽しくなる本!

    • ゆーたくさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子2歳

    ピンクの可愛い帯と、それにあった「片山健」の推薦コメント(?)に「おおおっ?! なんだこの本は」と思って早速手に取り、あっという間にじっちょりんの世界に引き込まれました。
    名もないと勝手に思っていた草花にも、ちゃーんと立派な名前があること、「かたばみ」もいろんな種類があることなどを改めて知りました。
    物語絵本なのでしょうが、小さい子どもへの科学絵本への一歩というような感じもある絵本です。
    いつも物語絵本ばかりを読んでいましたが、この本への子どもの食いつきをみて、「ああ、こういう堅苦しくない科学絵本っぽいものも、この子は好きなんだなぁ」と、新しい発見もありました。
    子どもとのお散歩の時の目線がこの絵本のお蔭で、ぐっと下に下がって、今までと全く違う楽しい新しい時間を過ごせるようになりました。
    絵も、とっても丁寧に描き込まれた優しいタッチで、子どもも私も大好きです。
    とってもいい絵本に出会えました。

    掲載日:2011/05/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 楽しさ満載

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    じっちょりんとは虫のような数ミリの生物で
    家族単位で移動しながら暮らしています。
    目的は種をまくこと。
    コンクリートのわずかな隙間から
    しぶとく目を出している雑草は
    実はじっちょりんが植えた植物だったのですね。

    よく目にするのに名前は知らない雑草(ではなくて植物)の
    名前も沢山登場します。勉強になります。

    なんといってもじっちょりんが小さいことが魅力です。
    じっちょりんを追いかける目線で描かれていて
    道路の段差スロープの下に降り注ぐ数本の光線には感動しました。

    最後のページの地図はじっちょりんの道のりを示していて
    娘達は「そうそう、ここ通ったねー」と
    食い入るように見てお話の復習をしていました。
    もうひとつのお楽しみは各ページにハートマークがあるんです。
    それはとても小さいハートです。
    1回目はお話を読み、二回目はハート探しと決めて
    読むことにしています。裏表紙にまでありました。
    細かいところまで楽しめる素晴らしい絵本でした。
    私が選ぶ「今年のおすすめ絵本!」にノミネートされました。

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 身近なお花がいっぱい

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    名前を知らないけれど、家の前にはえている花やマンホールから出ている植物がたくさんでてきます。
    知りたかったけど知らないまま過ごしていた花の名前が紹介されていて嬉しいし、なにより本当に家の前かと思うくらい日常の風景がでてくるのが嬉しい。
    架空の昆虫じっちょりんが植えているという設定も好きでした。

    掲載日:2017/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい!

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    じっちょりん?聞いたことのない言葉だなぁと惹かれて読んでみました。おもしろい!
    借りぐらしのアリエッティを思い出しました。小さい小さい家族のほのぼの物語です。家族がある任務を遂行するところです。道の隙間などに花が咲いているのは、彼らのしわざだったのか!とうれしい発見でした。花がいっぱい出てくるので、春にぴったりです。もっと早くこの本の存在を知りたかった!おすすめです。

    掲載日:2017/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議ないきものじっちょりん

    じっちょりんって何??聞いたこともない名前だけど、なんだか知らないのって私だけ?かとうあじゅさんのインタビューも読んでいたら、本当にじっちょりんと呼ばれている妖精でもいるのかと錯覚してしまって思わず「じっちょりん」って調べてしまった私です。
    でもそれくらい、なんだかリアルで不思議な気分に包まれてこの不思議な妖精のような小さな生き物の大きな魅力に吸い込まれていきました。

    私の記憶の中でも幼なごころに、なんで植えたはずのないところに、種が飛んでお花が咲いたのだろうと思うことが良くありました。
    小さな頃は、本当に花の妖精が運んでくれていたのだと思っていた時期さえありました。
    なので、このじっちょりんって、なんだかどこかで実在しているかのような気持ちです。

    色鉛筆で書かれたような優しいイラストが、またいい味を出しています。
    シリーズであるのですね。
    他も読んでみたくなりました。

    掲載日:2016/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちいさな草花が好きです

    じっちょりんの家族のおはなし、楽しいです。
    少しづつ歩いて、種を埋めて、また種を集めて、旅をしてゆく家族。
    じっちょりんの行く先々の小さな草花と名前を見ると、
    どこかで見かけたものばかり。
    このかわいらしいのは、こんな名前だったのか、、、としばし立ち止って
    ページを繰ります。
    このやさしい家族のおはなしが好きです。

    掲載日:2016/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこかで見たことのある雑草が色々出てきます。「この花、見たことある!」「これ、じっちょりんにでてきたね」など、子どもの記憶にもよく残ったようでした。じっちょりん目線で草花の世界を楽しめ、大人にも勉強になりました。

    掲載日:2016/07/26

    参考になりました
    感謝
    0

58件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



主役は、はたらく車。たのしい刺激がつまったしかけ絵本

みんなの声(58人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット