十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

あいつもともだち」 みんなの声

あいつもともだち 作:内田 麟太郎
絵:降矢 なな
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2004年10月
ISBN:9784032321500
評価スコア 4.83
評価ランキング 136
みんなの声 総数 81
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

81件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 「やあ、ともだち」の一言で・・・

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子11歳

    ひとこと言いそびれてしまったがために、
    ずっと気になってしかたがないこと、
    言えばよかったのにと後悔することってありますよね。

    キツネもヘビに「君も元気でね。」とお別れの挨拶をしたかったのに、
    出来なかったことに対して、ずっと気になっていました。
    それも、冬の間中。
    だから、キツネがオオカミに、行きたいところがあるというと、
    すぐに一緒にともだちの家に行けたことが、
    どれほど嬉しかったでしょう。
    でも、冬眠しているともだちの所に行くなんてね〜
    普通なら、ちょっと考えられない。
    でも、キツネとオオカミは違う。
    本当に、ともだちが好きなんだな〜と思いました。

    それにしても、オオカミとキツネは、本当に仲がいいですね〜
    「待てと言ったら、待ちやがれー」
    「待てぬと言ったら、待てぬぞよー」
    ふたりの会話が可笑しくて、何度ふきだしそうになったことか。

    春になって、オオカミとキツネは友だちのところへ。
    もちろん、ヘビのところにも。
    ちょっと引っ込み思案なヘビでも、
    「やあ、ともだち」と言われて、嬉しくないはずがないじゃないですか。
    私も、思わず涙ぐんで喜びました。
    「やあ、ともだち」・・・いい響きです。
    私も、どちらかといえば、自分から話しかけるのは苦手です。
    でも、相手から話しかてくれると、やっぱり嬉しい。
    言うほうは、きっと勇気がいるのでしょうけど。

    ふたりの優しさに、思わずしっぽで挨拶。
    素敵だな〜こんな挨拶の仕方があったなんて。

    「ともだちや」シリーズの絵本は、どれをとっても、
    読めば読むほど、どんどん好きになっていきます。

    内田麟太郎さんの文章(特にこのシリーズ)は、
    心の描写が多いので、自分も同じ気持ちになって、
    お話の中に入り込みやすいし、雪の降るときの描写も好きです。
    それから、オオカミとキツネが歌う歌。
    読み聞かせの時は、いつも悩まされますが、
    でたらめ歌でいいんですよね?

    降矢ななさんの絵は、どのページをとっても、
    額に入れて飾って置きたいほど、すてきな絵です。
    文章と合っているからでしょうね。
    特にヘビが登場する絵は、どれもいいな〜
    準主役ということもあるのでしょうけど、
    ラストシーンのヘビは、生き生きとしてます。
    よっぽど嬉しかったのでしょうね。

    オオカミとキツネがいる限り、ますますともだちの輪は、
    広がっていきそうです。

    P.S オオカミさんは、絵がへただったんですね〜
      あれは、ちょっとひどすぎます!
      あ!それとも、天才だったりして!!!(?)

    掲載日:2012/06/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 勇気を出して友達に!

    • だかりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子6歳、女の子4歳

    このシリーズは息子も娘も、そして母の私もお気に入り。

    このお話ではへびが登場します。
    へびさん。。。キツネは気になりながらも冬眠するほかの友達と同じようにあいさつをすることができませんでした。へびのほうも、うらやましい気持ちがありながらもちょっとひねくれて気にしないようにします。でも、春になって目を覚ましたら誰もいない。。。そんな不安がいっぱい。そんな気持ち、すっごく分かります。
    多分、私自身はへびタイプ。自分からなかなか声をかけられない、でも心のどこかで気にしている。

    それに比べ、子どもは誰とでも仲良くなれるほうかなと思います。
    キツネのようにいろんな友達と仲良くしてほしい、自分から声をかけられるようなやさしい子になってほしいと願います。

    仲良くなったらきっと素敵な友達になれるはず!

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • ヘビ、良かったね

    きつねにとって、ちょっと苦手なヘビに、冬眠のあいさつをしてあげなかったことが、キツネのこころに影を落としています。
    きつねは、冬眠中のヘビを訪問して、眠っているヘビを撫でてあげました。
    オオカミもここで、キツネの気持ちをちゃんとわかってくれています。
    二人は、冬眠から覚めたクマやヤマネにあいさつを。
    そしてヘビにはしっぽで友情を示します。歌も作ってありました。
    二人で冬の間に相談したのでしょうね。
    ヘビのうれしい気持ちがジーンと伝わってきます。

    掲載日:2016/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだちっていいね。

    最近になって
    絵本ナビから いろんなジャンルの絵本を知るようになり、
    いろいろ楽しんでいるところです。

    絵本と言えば
    くまさんや うさぎさんの方が可愛らしいので
    そういうものが大好きでした。

    きつねと おおかみというのは
    悪者のようなイメージ?
    というのは私の偏見ですね。

    この きつねとおおかみがともだちの
    シリーズは その仲間たちも
    人柄(とは言わないかもしれませんが)が、
    伝わってきて、
    大人の私が読んでいても
    人間関係、ひとづきあいの
    あるあるネタのように感じられます。

    まだ読み始めたところですが
    このシリーズは
    ストーリーがとてもおもしろそうなので、
    全部 読んでみたいと思っています。



    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだちだよ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    冬眠するヘビに声をかけられなかったことを悔やむきつね。
    あの時ああすればよかったと後になって悔やむことは私もあります。
    きつねとおおかみとの関係がいいですね。なかよしです。
    ともだちに声をかけに行くのってかけられたほうもかけるほうも双方嬉しいのではないでしょうか。
    タイトル通り「あいつもともだち」…その通りだと思います。
    ヘビもきつねもみんなよかったね。ともだちっていいですね。

    掲載日:2015/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 声をかけようかどうしようか迷って声をかけれなかったキツネさんのようなこと、大人になった私にもあるのであるある、と思いました。
    子供にも絶対あることだと思うので、読み聞かせるにはちょうどいいと思いました。
    子供はあまり深くは考えていないようで、オオカミさんが年賀状に手形をペタペタしてるのが面白くて大笑いしてましたが・・・。

    掲載日:2013/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • キツネの素直な気持ちがいい

    5歳の息子に読んでやりました。オオカミくんが友達なのに、へびくんも気になるキツネくん。気になってしょうがないのに、友達になろう!という一言がでずに、冬眠を迎えてしまいます。一冬いろいろと考えた挙句に・・・。キツネくんの心の動きを丁寧に描いていていい絵本だと思いました。決して無理な展開をさせることなく、じっくりと向かい合って見守って、結果を出していきます。そこには勇気も必要だし、自分の気持ちに素直に行動することも必要。勢いに任せていないのが、このストーリーの不思議なところだと思いました。息子はにゅーっとへびくんが起きたときに登場するキツネくんの顔に反応し、毎朝このスタイルで起こすことになりました。息子もキツネくんの気持ちに寄り添うことができたみたいで、ほんわかしましたね。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歩み寄る勇気

    • ピクルスさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、男の子0歳

    このシリーズ、大好きです。
    今まではおおかみさんが主役の話しか読んでいませんでしたが、
    今回はきつねさんが主役。

    にゅるにゅる長いへびさんがなんとなく苦手な、きつねさん。
    でも、冬ごもりの前「また春に!」の声をかけられなかったことが
    心にひっかかり、どうしても気になって…

    冬ごもりが終わって、春が来てから
    勇気を出して会いに行きます。
    冬中ずっと思っていた分の、
    「まってたよ!」「あえてうれしい!」気持ちを伝えるきつねさん。
    へびさんは、どんなにうれしかったでしょう。

    わたしたちの周りにも、きっといる
    へびさんみたいな人。
    どうしたら、みんなの輪に入れるのかわからない、
    さびしいけど、傷つくのが怖くて輪に近づけない・・・

    そんなへびさんを見て見ぬふりせず、
    さりげなく声をかけられるような人に私もなりたい。

    そして、まだ小さいけれど、この先小学校や中学校に
    行く我が子にも、そんな優しさ、強さをもってほしいな・・・。

    まだ娘には読んでいないけれど、
    ぜひ一緒に読みたいと思う一冊に出会いました。

    そして、今、学校などで
    へびさんの存在を気にしつつも遠巻きに見ることしかできない、
    そんな子どもたちがいるとしたら
    ぜひ ぜひ 読んでほしいと思います。

    掲載日:2012/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだちの輪

    このともだちシリーズを読んでると、つい自分は
    登場人物のどのタイプかな〜なんて当てはめてしまいます。
    でもどれも当てはまるかな?

    時に寂しがり屋だったり、意地っ張りだったり、
    マイペースだったり・・・。

    でもこのヘビさんの気持ちが一番よくわかる!!!

    だれかに声をかけてもらいたくって、自分からは
    なかなか勇気が出せなくて、でも声をかけてもらえない
    理由を必死に探してる。

    一方のキツネくんの気持ちもわかる!!
    そうそう、第一印象でなんとなーく近寄りがたい
    人っているよね・・・。友達になりたいけれど
    どうやって声をかけていいかわからない・・・。

    雪解けとともにお互い一歩踏み出したら、あら不思議♪
    いつのまにやらおともだち。


    ヘビさん次の冬眠からはきっと暖かい夢がみられるね。

    掲載日:2012/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • キツネとオオカミが、ふゆごもりをするクマやヤマネと
    しばしお別れのあいさつ。
    でもキツネはヘビだけには何となく声がかけられなくて…

    このシリーズは友達とのやりとりの中で
    経験したのことのあるなんだかくすぐったいような、
    歯がゆいようなそんな気持ちが描かれていて、
    毎回「あ〜あるある!」と思わずうなずいてしまいます。

    嫌いではないのだけれど、何となく苦手な印象があったり、
    それがお互い分かるだけにその一歩が踏み出せない…
    こんな時、どちらかが動かなければ、お互いの距離は縮まりません。
    しかし、一歩を踏み出したのはキツネ。
    目の前にいない、相手の事を想ってみるということ。
    雪解けの季節へと向かって、キツネの気持ちがじんわりと
    ほぐれていく展開に、心が暖かくなりました。
    握手の仕方もとても素敵!

    オオカミも出番は少ないけれど、キツネとヘビが仲良くなれるよう
    橋渡しするために、春の訪れのあいさつに握手したり
    「ともだち」という言葉を入れてくれていたのですね。
    いろんな人の優しさで友達の輪が広がっていくこと。
    とてもほっこりした気持ちになれる本です。

    掲載日:2012/06/29

    参考になりました
    感謝
    0

81件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / おおきなおおきなおいも / じゃあじゃあびりびり / ありがとうともだち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(81人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット