なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

偕成社文庫 人魚がくれたさくら貝」 みんなの声

偕成社文庫 人魚がくれたさくら貝 作・絵:長崎 源之助
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1985年11月
ISBN:9784035501008
評価スコア 4
評価ランキング 23,113
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 夏のまぶしさを感じました

    長崎さんのヒューマニズムドラマ。
    自分としては納得、とてもよい話なのですが少し古さがあるのかもしれません。
    父親を事故で無くした母子家庭のサチコが、夏休みを利用して一人で九州にある母親の実家を訪れます。
    そこで知り合ったのは、母親を病気で失った父子家庭のテツジ。
    母親が死んだあと父親は酒浸り、ギャンブル三昧で、テツジはどもりがあるので「どもテツ」と馬鹿にされています。
    しかし、この家庭環境はあくまでバックヤードにおいて、内容は前向きなサチコ、テツジの生き方の物語です。
    このまぶしさは、かつての青春ドラマの雰囲気なので少し古いのかもしれません。
    ちなみにタイトルになっている人魚にまちがわれた女性は子どもを交通事故で亡くした母親。
    健気に生きるサチコ、テツジに素晴らしさを感じました。

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いちにちじごく』作者インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット