もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

クリスマスのまえのよる」 みんなの声

クリスマスのまえのよる 作:クレメント・C・ムーア
絵:ロジャー・デュボアザン
訳:こみや ゆう
出版社:主婦の友社
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年11月
ISBN:9784072801000
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,620
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • サンタのイメージ

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    子供たちが寝静まった後、偶然にもパパが見てしまったサンタさん。
    そのサンタさんといったら、昔ながらのサンタクロースのイメージにピッタリ!!
    サンタさんがどんな風にやってきて、どんな風にプレゼントを置いていくのか、その様子がよく描かれています。
    サンタさんの人柄も感じることもできます^^
    本当イメージ通りのサンタさんで、子供に戻ったように目が輝いてしまいました☆
    やっぱりサンタさんって素敵!!
    お気に入りのクリスマス絵本になりました!

    掲載日:2011/12/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • 素敵です

    ムーアの本はいろいろあるのですが、それぞれに違うのがおもしろいところです。この絵は縦長で一番好きな本だとおもいます。サンタさんって最初からいたわけではなくて小人のような妖精のような神様のような、そんな存在です。クリスマス前に絶対読みたい本ですね・

    掲載日:2015/12/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • クリスマスの基本&入門

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子20歳

    出版されたばっかりなんですね?

    でも、作品はかなりかなり昔のものですよね

    昨年、ターシャ・チューダーの
    「クリスマスのまえのばん」の古い方を
    初めて読んで感激しました
    昔からの「詩」に
    ターシャの絵がとても素敵で
    今の版は全部カラーなのですが
    この古いものは
    白黒とカラーのページが交互で
    それがまたなんとも味わいがあって
    素敵だったのです

    その他にもたくさんこの詩を使って
    絵の担当者が違う絵本が多いかと思われます

    トナカイの8頭だてとか
    サンタさんの感じとか
    この絵本は、基本のきのような絵本です
    入門編にいいのではないでしょうか

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 読み比べてみたい

    『クリスマスのまえのばん』という題名でターシャ、デンデロワ、ツヴェルガーなどが絵本を出しています。

    クレメント・クラーク・ムーアの詩に絵をつけたものなのですが、それだけ絵本作家たちが自分なりの世界を描きたくなるような有名な詩でもあるということですよね。

    今年はぜいたくにもデンデロワとツヴェルガーの絵本とこの絵本を同時に借りることができたので比べてみることができました。

    この絵本ではセント・ニコラウスではなくサンタクロース。

    縦書きなのは煙突で降りるというその煙突を意識した作りなんでしょう。

    デュポアザンらしい色の使い方、朱色が目を引きます。

    どの絵本がいいか?というのは最終的には好みの問題かもしれませんが、デュポアザン好きなのでこの絵本もいいなあって思いました。

    願わくばすべて揃えて読み比べてみたいです。

    掲載日:2011/12/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 手がのびる

    クレメント・ムーアの有名な絵本ですが、絵を描く人によって全然ちがうので、読み比べるのも楽しいところです。
    まず、この絵本は、この細長い形に、つい、手がのびてしまいます。
    プレゼントをいれるくつしたと解説にありましたが、サンタさんがはいってくるえんとつのようにも思いました。その形もおもしろくて、読んでいて、なんだか、わくわくしてきます。
    あたたかみを感じる、ロジャー・デュボアザンの絵がとってもいいなあと思いました。

    掲載日:2016/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 特徴的なカタチです!

    クレメントクラークムーアの詩のクリスマス絵本を娘に買ってあげたく,親の私が読みました。
    こちらの絵本,まず縦長のサイズが特徴的です。
    ちょうどプレゼントを入れる靴下に入るというコンセプトでしょうか(笑)。
    イラストも,共通の色彩をそれぞれのページに使ってありクリスマス感がありました。
    クレメントクラークムーアの絵本,たくさん出ているので読み比べてみると面白いですね!

    掲載日:2015/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスが待ち遠しくなる

    暖炉に靴下を並べてさげるとかサンタクロースが煙突から入ってくるとか定番のクリスマスのストーリーで安心して読めました。
    クリスマスの絵本は数あれど、これは、サイズに特徴があり、靴下にぴったりとおさまる縦長で、プレゼントにおすすめです。
    寒い静かな夜にしっぽりと読みたいです。
    クリスマスが今から待ち遠しくなるような素敵な絵本です。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスプレゼントにしたい

    クレメント・ムーアのクリスマスの詩は、いろいろな作家さんが絵本にしていますが、大好きなデュボアザンの描いた絵本ということで、とても楽しみでした。
    絵本自体が靴下に入れられるように縦長サイズになっているというのも、本当に素敵です。クリスマスプレゼントとして、誰かに贈りたいなと思いました。
    表紙を開くと、もう見返しからもううっとりしてしまいました。デュボアザンらしい美しい色使いのオーナメントたち。クリスマス気分が一気に盛り上がります。
    一緒に読んだ子供たちも、この絵本に登場するサンタさんが大好きになったようです。細い煙突を窮屈そうに通るサンタさん、とってもかわいいです。

    掲載日:2013/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 煙突ストーリー

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子16歳

    有名なクレメント・ムーアの詩に、独特の色彩で有名なデュボアザンが絵を添えています。
    インパクトがあるのは、絵本の形。
    縦長になっているのは、サンタクロースが煙突から出入りするシーンを
    重視したからでしょうか。
    見事な演出となっています。
    サンタクロースの造形は、お茶目、でしょうか。
    デュボアザンらしいサンタクロース像です。
    鮮やかな色彩なので、読み聞かせにもいいですね。

    掲載日:2013/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 待望のデュボアザン!

    ムーアの詩による「クリスマスのまえのよる」は、
    たくさんの種類の絵本が出版されていますが、
    そのなかでも、これはおススメです。

    愛らしい生き物を主人公にたくさんの絵本を描いた
    デュボアザンの「クリスマスのまえのよる」は、
    サンタクロースもとびきり愛嬌たっぷり!

    こみやゆうさんの訳も滑らかで、
    子どもに読んであげるのにぴったり。
    読む、というより、“語れる”絵本になっていると
    思います。

    掲載日:2012/12/19

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット