雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

まぼろしの薬売り」 みんなの声

まぼろしの薬売り 作:楠 章子
絵:トミイマサコ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年06月26日
ISBN:9784251073037
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 仙人から教えられた妙薬

    時は明治。時雨(しぐれ)と言う薬売りと小雨(こさめ)という元気な小僧が、旅をしながら不思議な病と懸命に向き合う様子が4編で構成されています
    時雨の作る薬は師匠の雷雨(らいう)という仙人から教えられた妙薬でほかの誰にもまねが出来ない
    しかし皆が助かるためにと決して秘密にすることなく、広く広めていくすばらしい人間である
    物語の中で小雨との出会いや、自身の生い立ちが明かされていくが、二人とも「命」にかかわる体験をしています
    そして時雨にはもうひとつ秘密にしていることが・・・・
    それぞれの話に出てくる「病」は聞いたことがないようなものばかり
    村人たちの心温まる対応も印象に残ります
    物語には続きがありそうな気がします
    小学校中学年くらいから読めると思います

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット