大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ひとりだけのコンサート」 みんなの声

ひとりだけのコンサート 作・絵:ペーター・ヘルトリング
訳:上田 真而子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1991年11月
ISBN:9784037264208
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
「ひとりだけのコンサート」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 家族の旅立ち

    ヘルトリングの小説は、家族を様々な角度から家族を描いて、それぞれに感動溢れる内容になっていると思います。
    この作品は、主人公のフレンツェ新しい家に引っ越すときにロバを飼いたいとねだった父親が、実は立ち上げた会社の吸収合併のあおりで解雇されていたというところから、一気に深みのあるドラマになっていきます。
    家を出てしまった父親は、一緒に会社を立ち上げた仲間のうち、会社に残ったものからは避けられる存在になり、ごく普通の家庭が崩壊状態になります。
    帰ってきてほしいと願うフレンツェは、父親と社会の中で数多く職を失った人々のためにと地下街でひとりバイオリンコンサートを開きます。
    集まる人々、中止させる警官、そして居合わせた新聞記者によって新聞記事になってしまいます。
    マスコミの怖さも感じるところですが、報道によって振り回される家族に予想外の亀裂が入ります。

    この小説はハッピーエンドではありません。
    父親は一番苦しい時に支えとなった、幼なじみの女性と一緒になる決意をします。
    母親は娘のフレンツェと新しい住まいに旅立つことにします。
    物語中フレンツェが助けを求めた父親方の祖父の行動も見過ごせません。

    それぞれに、父親の解雇と新しい女性の登場、それまでの家族の活断層を直視し、関わり家族の旅立ちという一つの帰結を受け入れたのです。

    巻末にヘルトリングの他の小説も絡めて、ヘリングの家族観をふまえての感想が述べられています。
    ヘリングの小説は読み始めると虜になってしまう、要因がそこに記されていると思います。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット