ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

コロちゃんのかいすいよく」 みんなの声

コロちゃんのかいすいよく 作・絵:エリック・ヒル
訳:まつかわ まゆみ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1986年
ISBN:9784566002128
評価スコア 4.43
評価ランキング 7,918
みんなの声 総数 45
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

45件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • パパとママと一緒に海へ

    ころちゃんのシリーズは、持ちやすくて、
    仕掛けをひらける楽しみもあって、集めていました。
    この絵本は海水浴の絵本、
    ころちゃんは浜辺のお店で物色中。
    パパが甘いので、おもちゃを、いっぱい買ってもらいました。
    お砂あそびや、ボートあそび。
    楽しい夏のいちにちです。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい海水浴☆

    パパとママとコロちゃんとで海水浴に行きます。意外な仕掛けもあったりで、子供が大好きな楽しい絵本です。
    コロちゃんが買ってほしいという帽子をあっさり買ってあげてしまうパパへ、甘やかしすぎよ!というママ。このやり取り、我が家でも同じで、どこでもそうなんだなーと微笑ましく思いました。
    夏にぴったりの楽しい仕掛け絵本です!

    掲載日:2015/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろやっちゃった!

    きょうは、コロちゃん、パパとママと一緒に海水浴です。
    いろいろなにもつをもって、おでかけ。さっそく、何か買ってほしいコロちゃんです。海の上でも、色々失敗したり、ちょっと迷惑をかけたり、そして、新しい出会いもありました。
    お話を聞きながら、めくって、なーるほど。
    親子で、思う存分、楽しんでほしいと思います。

    掲載日:2015/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 4歳の娘は、コロちゃんシリーズの中で『コロちゃんのかいすいよく』を
    特に気に入っていて「これも、これも、これも、これも全部好き!!」と
    言っています☆

    海をみながら砂のお城を作ったり、
    砂でパパを隠しちゃったり、
    ボートにのって釣りをしたり。

    どれも子どもが興味を持ちそうなことばかりですよね♪

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    実はこの作品は洋書でも読んだことがありますが、
    日本語版の訳のほうが、お父さんの優しが伝わってきますね。

    わずかな文字数にもかかわらず、伝えたいことがしっかり
    詰まっていて、実に上手に訳されていると思います!

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 元気いっぱい!

    今日はお父さんとお母さんと3人で海水浴へ出掛けます。
    水平帽をほしがるコロちゃんに、すぐに買ってあげる甘いお父さん。
    お母さんがたしなめます。でも顔は優しいいつものお母さん。
    海に着くとはしゃいで動き回り、ちょっとした失敗をやらかしたりと、小さな子どもらしさがいっぱいの元気なコロちゃん。
    ボール遊びや砂遊びなど、楽しそうに遊んでいる様子が微笑ましいのですが、海なのに魚が出てこないのがとても残念。
    あと、最後のシーンで、遊び足りないコロちゃんが、お母さんの呼び掛けに対して「やだぁ!」で終わってしまうところも、声に出して読むべきか迷っていまします。子どもは共感できるんでしょうけどね〜

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海に落ちても大丈夫

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子3歳

    3歳の次男が全ページ試し読みですっかり気に入ったので図書館で借りてきてしかけを楽しみました。

    たくさんあるシリーズのなかでも息子が特に気に入っている巻がこれです。海水浴に行ったら、パパが、売店でコロちゃんがねだったもの以外にもたくさんのおもちゃを買ってくれるところからテンションがあがるようです。ママの言う通り、「パパ、コロちゃんをあまやかしすぎ」ですね。

    あとは、コロちゃんが海に落ちるものの、パパが買ってくれた浮き輪のおかげで溺れないところが楽しいようです。小さな子にもわかりやすくて、しかけも単純で遊びやすいです。

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海って色んな遊びで楽しめるね♪

    表紙を見てまず笑ってしまいました
    私も昔コロちゃんとおんなじような浮き輪にのって海で浮かんでたな〜〜
    そして、今回はコロちゃんてばいたずらっこ満開〜〜☆
    海水浴って、泳いで、お砂で遊んで、ボールであそんで
    いっぱい楽しめるね!!
    パパもママも家族のかけがえのない時間を過ごせて幸せが伝わってきます♪
    娘は海にはまだはいったことないですが、海が近いので遊びによく行きます!
    波や、砂の感覚が楽しくっていつも海辺に行くと
    ざくざく、きゅっきゅと足を砂の上につっこんでは喜んでいます☆
    はやくコロちゃんみたいに楽しめるといいね☆

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • しかけ絵本♪

    コロちゃんのしかけ絵本シリーズです。
    今回はコロちゃん、パパとママと三人で海へお出かけです。今回のコロちゃんはおねだりしたり、やんちゃしたりと、実に子どもらしいとゆうか、わが子を見ているようでした(笑)
    毎ページにあるしかけをめくるのが楽しく、これからの季節にぴったりの1冊です。

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家と一緒

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    おとうさんとおかあさんと海に行きます。
    さっそく売店にコロちゃんが寄って何かを買いたそうです。
    そんなコロちゃんファミリーのやりとりがまるで我が家と一緒で
    おもしろかったです。お父さんがついつい甘いのも一緒です。
    そして海でもいろんなところがペロリってめくれます。
    同じ形でなく三角や四角といろんな箇所がめくれるのが
    本当に魅力的です。
    たのしい仕掛け絵本です

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものうみ

    コロちゃん家族が海水浴へいくおはなしです。
    現実では梅雨ですが、この絵本を読むと、気分はすっかり夏。
    元気にあそぶ、コロちゃんのすがたをとおして、「そう、海って楽しいよね」と、海に行った時をおもいだします。
    それも、大人になってからの海でなく、子どものころに行ったうみを。
    シンプルな構図で、場面場面を、わかりやすく、はっきり描いているのが、集中して見る子どもの目線にちかいのでしょうか。
    小さな子どもに海をつたえるのに、ぴったりの絵本だと思います。

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    0

45件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(45人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット