だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ぼくは」 みんなの声

ぼくは 作:藤野 可織
絵:高畠 純
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2013年08月22日
ISBN:9784577041598
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,696
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • みんな僕の仲間

    このお話は、主人公の少年が食べたり飲んだりしたものが少年の体のいt部となってずっと一緒にいられるっていう事を描いたお話でした。うちの子はこのお話を聞いて、「僕も今日パン食べたけど、お腹の中で生きてるの?」ってちょっとびっくりしたように聞いていました。それがかわいかったです!

    掲載日:2013/09/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 息子が藤野さん作ということで
    借りてきて
    「どう?」とのこと

    谷川俊太郎さんの
    「たべる」だっけかな・・・
    なんか、みんなの命をいただいているーみたいな
    感じかな・・・

    と初め思いましたが

    小さい子向けに
    簡易にしているだけではない気がしてきて
    再度、読み直し

    高畠さんの絵なので
    深刻にならないし
    私は、ねこちゃんの表情がかわいくって(笑
    おかあさんは、ごめんなさい は言うけど
    「ぼく」には、説明しないのかな?
    ということに気になっちゃうけど

    食べ物だけでなく
    「本」という形がなくなっても
    自分に残るという感覚
    これは、今までなかったかも

    「ぼく」が主人公でない
    という手法がおもしろいです

    年中さん位でも
    気付く子は気付きそうな「自分」という存在

    小学生に読み聞かせて
    反応をみたい気もします

    本を閉じると
    鳥を見つめている姿・・・
    これの意図していることは?
    う〜ん・・・わからない・・・

    掲載日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくは何でできている?

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    コップの牛乳を僕が飲めば,牛乳はなくなったように見えるけど,そうじゃなくて僕の体の中にいて,僕の体を作ってくれる.
    本だって読んだら僕の頭の中に入って僕の心を作ってくれる.
    言葉だって,言ってしまえばすぐに消えちゃうけど,うれしかった言葉,ショックだった言葉とか頭にしっかり残っていますよね.こういう言葉もその人自身を作っていく一つのものなんだろうなと思います.
    私達の体や心はそうやっていろんなものからできているんだな〜ということを改めて考えさせられました.
    そう思うといいものを選びたいし,私達の体や心として頑張ってくれるものなのだから無駄にしちゃいけない,大切にしなきゃいけないですね.誰かに何かを与えるときもそういうことを常に考えなきゃいけないなと思います.
    いろいろと考えさせられる絵本でした.今度こどもと読みたいです.

    掲載日:2016/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵柄は楽しいけど言ってることは難しい。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    哲学的な絵本でした。

    作品の序盤の方で、
    いくつかの食べ物が「ぼく」のお腹の中へ入っていくとき、
     きみは ぼくが すき。
     ぼくは きみが すき。……
     あっ のまないで(たべないで) ぼくがいなくなっちゃう!

    というやりとりが描かれているので、感の強いお子さんに読む時はちょっと気をつけた方がいいかも…と、思いました。

    高畠線の絵がサラリとしていて見ているだけで面白いので、一見4,5歳くらいから小学校の低学年向けくらいの作品にも見えますが、
    やはり哲学をテーマにしているので、低学年のお子さんより高学年や中学生・高校生向きではないかな?と、感じました。

    掲載日:2014/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少し理屈っぽ過ぎるかも

    自分の口に入る牛乳やパンやリンゴに自我があったら、買ってもらった本に自我があったら、発想は凄いけれど、ぼくはきみというまとめに窮屈さを感じました。
    絵は楽しいのですが、内容は子どもには哲学的過ぎるように思いました。

    掲載日:2013/11/10

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 1
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット