だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

かきたいな かきたいな」 みんなの声

かきたいな かきたいな 作:井上 コトリ
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2014年03月27日
ISBN:9784752006664
評価スコア 4
評価ランキング 18,246
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • かわいい

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    文房具たちが
    はたらきます。
    あかえんぴつは書きたいといい
    定規は測りたいといいます。
    そんな働き者の文房具たちがのびやかに
    お仕事をするストーリーです。
    我が家では少しご無沙汰だった
    コンパスや分度器までもが登場して子供たちは
    見たいこともない道具に興味津々でした。

    そしてバックのカラフルなデザインも大好きですし、
    文房具たちの下半身がどれもかわいく描かれていて
    細かいところまでつい見入ってしまいます。
    個人的にはやっぱりはさみが好きです。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 深い絵本…

    文房具の国を走る“ふでいれ”から、ニョキっと出てきたのは、
    子どもたちが大好きな“赤色鉛筆”の“あかいろちゃん”!
    子どもの頃はお絵描きの時に赤色鉛筆、たくさん使い、他の色鉛筆よりもピョコンと短くなりました。
    小学生の必需品でもありますよね、赤色鉛筆。

    “ぶんぼうぐのくに”は、みんなのしたい事とできる事が完全に一致した、奇跡みたいな国。
    小さなモノたちがそれぞれに いきいきとしていて、
    それぞれのしたい事とできる事が完全に一致した世界だなんて…なんて素敵な世界!

    そんな素敵な世界をいきいき・のびのびと生きるあかいろちゃんや、文房具たちは
    みんなとっても幸せそうに描かれています。
    あかいろちゃんの旅のストーリーには直接関わってこないけれど、
    絵本のページの随所にあらわれる文房具たちは、とっても可愛いです。
    私は、ひょこひょこ歩き回っているクリップたちや、
    道にペタペタと可愛い絵柄を貼りまくっているシールがお気に入りです。
    隅々まで絵を眺めて楽しめます。

    ネタバレになってしまうので詳しくは書けませんが
    ラストはキュンっと切ない。だけど、それでも幸せな気持ちがほわ〜んと、心にひろがります。

    掲載日:2014/04/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大人も楽しめる絵本

    1歳2カ月、最近赤鉛筆がお気に入りなので、こちらの本を見つけて読み聞かせました。

    まず驚いたのは、文字が読みにくい!!
    ってこと。
    これはかなり残念です。さすがに1歳児向けではないというのはわかるのですが、パパも「文字が読めない。」
    と途中で読むのをやめてしまいました。
    絵が細かい分、文字は白地にでも乗せてはっきりさせてほうが絵も見やすくなると思うんですけどね。
    文字をのせる位置も目の動線に対して読みにくいように思いました。
    あ、そっちの説明ね、みたいなのが多い‥。

    と、印象はあまり良くないのですが内容はとてもおもしろかったです。
    それぞれの文房具にかわいい効果音がついていて1歳児もちゃんとお座りして見ていてくれました。
    細かい絵も見たくなる要素なんじゃないかと思います。

    最後はじーんとしてしまいますね。
    意味がわかる大人だからじーんとしてしまうのかな?
    息子がじーんとしてくれるのはいつなんだろう。

    1歳には少し難しい本ですが、文房具に親しみを持ってくれるという点を期待して、これからも読み続けていきたいです。

    掲載日:2014/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い!

    6歳4歳の娘たちに借りました。この絵本にはいろんな種類の文房具たちが出てきます。赤鉛筆のあかいろちゃんを初め、いろんなノートや消しゴム、コンパスも登場。コンパスの円とあかいろちゃんとのコラボもあり、とても楽しんでいました。可愛い絵本です。

    掲載日:2014/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文房具で楽しく遊べそう!

    3歳2か月の息子に図書館で借りました。
    赤い色鉛筆のあかいろちゃんが、いろいろな文房具に出会いながら、
    描いていくというストーリー。

    画風はまったく違いますが、ちょっとピタゴラスイッチを思い起こさせるのか、
    ペンケースが電車のようなのか、
    息子がとても気に入っていました。
    最近、幼稚園に入ったので、このような文具を使う機会が少し増えたからかな。
    コンパスはわからなかったようですが。
    これからも、もっと文房具を使って楽しく遊べそうですね。

    最後の見返し部分をみて、「あかいろちゃんは、お花になったのかな?」と
    息子が言っていました。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文房具の国

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    『ちいさなぬま』で独特の作風が気になり、こちらも読んでみました。
    天真爛漫な絵から、不思議な物音。
    一気に文房具の世界が広がります。
    筆入れから登場したのが、主人公の、赤色鉛筆のあかいろちゃん。
    この造形がなんともいえません。
    そこへ物差しがやってきて、あかいろちゃんを測って、「15センチ!」と言って
    去っていくのです。
    この展開、気に入ってしまいました。
    その他にも、いろいろな文房具たちと出会い、あかいろちゃんの書きたいな願望をかなえさせてくれます。
    なるほど、なかなかのコラボです。
    そしてついに、願いがかなったのでしょうか、画用紙の丘が目の前に。
    もちろん、あかいろちゃんのしたことは、夢中になって描くこと。
    ところが、また物差しがやってきて、衝撃の事実が明らかになります。
    そう、鉛筆とはそういう運命なのですが…。
    独特の余韻が残ります。
    でもね、よおく見たら…。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • イラスト本みたい

    イラストで描いたものを本にしたようで、書き込みすぎな気がします。書きたいなと言う気持ちでわくわくする感じは伝わってくるのですが、目がバチバチする感じでした。文字と絵が重なっていて読みづらく、色も多いので雑誌にのっているイラスト画のようなかんじですね。個人的にはもっと余白を多くとってゆったりと読むといいかなと思いました。書きたいなと言う気持ちがある赤鉛筆、というテーマは面白かったです。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好きなことを貫く

    大好きなことを、こんなに思いっきりやれたら
    とてもワクワクするだろうなあと思いました。

    みんながそれぞれに、好きなことを貫いているところが良いですね。
    画面もカラフルで、楽しい気持ちが伝わってきます。

    良い意味で、計算されている絵本だと感じます。
    想像力が豊かになりそうだと思いました。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文房具

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    文房具たちが活躍するお話です。
    これら文房具を使うようになるのは何歳くらいだったかなーと思いました。
    コンパス、三角定規は大人になった今は使っていないです。
    「かきたいな、かきたいな」のセリフを言いながら活躍をするあかえんぴつちゃんがかわいかったです。

    掲載日:2014/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • あかえんぴつの「はなまる」

     授業中、たいくつになると文房具で遊んだことを思い出しました。げんきいっぱいの文房具たちが、ほほえましいなと思いました。
     コンパスで描いた丸に、いろいろな顔がおもしろいです。
     
     「はなまる」は、やっぱりあかえんぴつがぴったりですね。
     画用紙いっぱいに描かれたお花も、楽しかったです。

     絵本をみて、小さな子が文房具に興味をもってくれるといいなと思いました。

    掲載日:2014/04/13

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット